エリートの象徴!弁護士のステータスは合コンで有利?

弁護士という職業は一般的にはエリートの象徴

弁護士という職業の人間は、通常自分の周りにはほとんどいないと思います。

それだけ限られた人材という言い方ができると思いますが、弁護士という職業の人が合コンに来た場合にはどういった状況になるのでしょうか?
やはり有利になるのか?ということについては気になると思います。

弁護士という職業に関して、一般的に言えば非常に優れているイメージを持っている人も多く、エリートの象徴という感じもしますが、合コンにおいてはそういったイメージ通りの状況になるのか?というと、必ずしもそうとは言えない可能性もあるので、そこは知っておきましょう。

弁護士というのは遠い世界の存在に感じる場合もある

弁護士という職業に関しては、基本的に見の周りにいない人たちです。

したがって、弁護士という職業はもちろん知ってはいるが、身近な存在という認識ではなく、イマイチピンとこないということも言えます。

イメージだけで言えばエリートなのだが、実際自分の身の回りや目の前に弁護士の人がいたことがほぼないために、どういう感覚になるか?ということに関しては、一般的な職業とは違うということになります。

そのため、自分たちの世界とは違う感覚の人たちであり、弁護士という職業の男性に対する女性陣の反応が鈍いみたいな可能性も考えられるのです。

エリートではあるがお金を持っているとは限らないイメージも

弁護士という職業はエリートのイメージもありますし、お金を持っている、お金を稼げる職業というイメージの人もいますが、現実は必ずしもそうではありません。

弁護士の数が相当増えてきたため、稼げない弁護士も増えてきており、バイトを掛け持ちしながら弁護士をやっている人というのもいるのです。

したがって、そういった弁護士も世の中に増えてきており、弁護士という職業はお金を持っているとは限らない時代になってきたと言えます。

そして、そういった事情を知っている女性からすれば、弁護士という職業というだけで即座に反応するとは言い難いのです。

だから、必ずしも弁護士が女性にモテるとは言えない部分もあります。

お金を稼いでいる弁護士という限定ならばモテると言える?

弁護士というのはお金をたくさん稼いでいるエリートというイメージは確かにありますが、そのイメージ通りじゃない弁護士も多くいるので、弁護士というだけでモテるか?というと、厳しい場合もあります。

したがって、お金を持っていることが証明できるような状況であれば、その弁護士は弁護士というだけでモテる可能性を大いに持っています。

ただ、合コンの場で自慢をするみたいなことは憚られるので、なかなか自分の収入の話とかはしづらいため、お金を持っている弁護士がお金を持っているアピールをするのはなかなか難しいかもしれないです。

弁護士という職業は高学歴であるという点でモテる?

弁護士という職業に関しては必ずしもお金持ちであるとは限らない時代になっているのですが、それでも高学歴という点はだいたい共通しています。

したがって、弁護士であれば有名大学卒であるという可能性が高く、そういった部分では女性にモテる要素を備えていることになります。

全員が有名大学を卒業しているとは言えないですが、かなりの確率で有名大学卒という学歴であると思われます。

男性の学歴を気にする女性は多いと思いますし、そういった意味では高学歴率が高い弁護士という職業は合コンでは有利になる面もあるということになるのです。

弁護士という職業だけでモテるとは思わない方が良い?

職業が女性に与えるイメージは強く、それによって印象が変わるということは言えます。

弁護士という職業はそういった意味では、女性に与える影響は強い場合もありますが、弁護士という職業が多くの人にとって身近ではないこともあり、必ずしも良い反応をされるとは限りません。

また、弁護士だからといってお金を稼げるとは言えない時代なので、その点も影響すると言えるでしょう。

学歴の面においてモテる要素を持っているとは言えますが、それだけで彼女ができるとまでは言えないでしょうし、弁護士という職業が有利になる面はあるものの、結局は他に魅力的な面を見せていかないといけないのです。