合コンでロングスカートを履いている女子に掛けたい言葉4つ

合コンでロングスカートをはく女性にかける言葉

合コンファッションは自由ですが、ロングスカートをコーディネートする女性の場合、体のラインが見えたくないという理由があります。

貞操を守る意識が強いのですが、合コンは異性との出会いの場なのである意味では、ロングスカートの方がいやらしいと言えます。

よほど自分が女であることを自覚して、守っているんだなというようにです。

一方では、ミニスカートをコーディネートする女性の方がまだ下心というものを感じにくいものです。

合コンでロングスカートをコーディネートしてきたら経産婦さん?既婚者?と疑ってしまいます。

声に出してもいいかもしれません。

合コンでロングスカートをはく女性にかけたい一言

ロングスカートの中でもマキシムスカートなどありますが、どれもこれもカジュアルな印象を与えます。

いわゆる、部屋着とかプライベート感が強いのです。

なぜかといえば、ロングスカートは身動きが取りにくいし、プライベート上では女を出すアイテムだからです。

キャミソールなどと同じ感じです。

そこでロングスカートをコーディネートしていたら、彼氏いるの?あるいは家族いるの?やる気あるの?という思いが出てくるでしょう。

直接口にしなくてもいいけど、湾曲的に聞いてみてもいいかも。

同性からみても合コンにロングスカートをはいてくると、女性をあえて意識させているようにみえて仕方がないでしょう。

たとえ裾が短くてもひらひらしているスカートを履いてくるのですから。

合コンでロングスカートを履いている女性にかけたい一言

つまりは、合コンでやる気あるの?ということでしょう。

中には妊婦さんなの?と疑われてしまいます。

ロングスカートの用途、イメージは先ほどお話しましたが、プライベート感が強いということと、女性を意識しすぎたコーディネートであることで男性からすれば誘いにくいですよね。

まだミニスカートをコーディネートした方が、合コンらしいからです。

もしかして家庭があるの?と思いたくなるようなロングスカートは受けがよろしくありません。

合コンに来るならそれなりの活動的でカジュアルなコーディネートできてほしいですよね。

そういう意味で、家庭があるの?と言いたくなるのです。

流行のロングスカートはありかなしか

同性から見ても、あからさまに長く裾のひらひらした長いロングスカートは浮いてしまうということです。

それは女性性を強調しているので、何もかも知り尽くした女性にうつるからですよね。

そして、女性の乙女さとか、処女性まで感じてしまいます。

しかし、流行のキャミワンピなどの場合はまだ流行だから取り入れているということが理解できます。

長いスカートが好きでも周囲との調和を考えるようにしましょう。

ジャンルが違いすぎたり、1人経験者的な服装の人がいたら、合コン相手としては嬉しくないものですからね。

流行のロングスカートはありでも、個人的趣味のものは認められにくいということです。

合コンでロングスカートをはく女性に言いたいこと

長いスカートが好きなことは理解できても、コーディネートが浮いていてはダメです。

体のラインが見えない洋服を好むといっても、度がすぎたロングスカートはお嬢様気取りのように見えてしまいます。

要するに他の参加者との洋服のバランスです。

1人、ふわふわしてメルヘンなロングスカートをきていたりしたら、周囲がドン引きしますよね。

デニムスカートでも同じです。

まだデニムパンツをコーディネートするほうが自然体で万人受けがあるコーディネートになります。

合コンにて、いつもその格好なのか?とか、重くない?動きにくくない??と質問して見てもいいでしょう。

合コンでロングスカートはやる気なしの合図

基本的にロングスカートをコーディネートする女性は経産婦であるとか、所女性が高い女性ですが、合コンにコーディネートしてくるなんて意識が低いですよね。

まだ、ミニスカートで出会いを求める女性の方が素直で可愛らしい。

例えば、ロングスカートで女性性を守りながら、合コンで出会いを求めている、意識と行動に一貫性がないというか、堂々としていないという印象を受けてしまいます。

こうした女性には、やる気あるの?という意味でいつもその格好?重くないの?という湾曲的な表現で質問してみれば、天然かどうかわかりますよね。

本当は経験が豊富で何もかも性的なことを知るゆえのあざとい女性もしれません。