合コンで連絡先交換なし=脈なし?いいえ、違います!

合コンの連絡先交換は脈がないのか?

合コンでの連絡先を交換する場合ですが、社交性があればスムーズに行きますよね。

ただし、社交性に欠けている人は難儀です。

ただし、連絡先の交換ができないから脈がないのか?といえばそうではないのです。

連絡先の交換をするのかしないのかは社交性にかけられています。

脈があるかないかとまた別問題で、連絡先を交換しようという意思があって初めて相手の反応がわかるものです。

社交辞令でその気がなくても、交換してくれる人もいるし100パーセントは判断できません。

つまり、最初は脈がなくても、行動に移せばチャンスはあるし、ノーの反応もわかるということです。

連絡先を交換した後のアクションが大切

合コン受けが悪くていかにも相手が嫌な態度をしている。

という場合を除いて、連絡を取り合ったあとのスタンスが問題になってきます。

メルアドや電話番号を交換したのはいいけれども、いざ連絡を取り合う時には躊躇してしまうなどで足踏みをしていることもあるでしょう。

そんなことをしていると、チャンスを逃してしまいます。

そのスタンスに呆れて、相手をしない女性は多いので注意したいところです。

つまりまとめると、あわよくばとか、勇気がでないとか言っている人が彼女を作る権利はないということです。

これは若いうちはわかりにくいことですが、就職と同じように考えるとわかります。

やる気のない人を採用する会社はないでしょう?恋愛も同じように熱意が相手の心を動かすのです。

異性の誘い方でないわ。。と思われないために

異性を誘う時メールを送るとき、女性側にこれはないわ。

と思われないためには伝え方が大切です。

例えば、伝え方において、誰もが来週の土曜日に一緒に出かけない?と誘います。

そして女性側がこの日は難しいのよ。

と答えたとしたら、そう。

じゃいいよと対応する男性と、残念だね、僕は会いたいんだけど次の予定は?と返す人、あなたならどちらの男性に望みがあると思いますか?もちろん後者の男性がチャンスを掴むはずです。

女性の好きな相手が前者であったとしても、この対話で後者の言葉を伝えた男性に心が移るのです。

成功のコツは素直さ、誠実さ、熱意です。

合コン最中に連絡先を交換できなかったら?

基本的に合コンが終わってから、異性の連絡先を聞くというのはルール違反です。

会話を楽しんでいたら当然の流れで連絡先を交換するでしょうし、できないのであれば、どちらかが興味がないのです。

笑ってごまかされることもあるかもしませんが、空気を読まないと、女性に嫌われてしまうだけなのです。

合コン先で交換できないのに後からはしない方が懸命です。

もしも、また会いたい相手がいたら合コンで合うようにしましょう。

その時に頑張ってみればいいのです。

脈があるかないかではなく、単にルール違反は不可解な印象を与えますよということです。

もしも後から後から、あの時気になってでも、、という異性を受け止めてくれる人がいたらそれは、自己肯定感が低い女性でしょう。

合コン相手と長く付き合うためのコツ

連絡先の交換を重おもしく考えるのは女性だけで十分です。

男性の場合、連絡先をばらまくくらいの軽さでいいのです。

そして相手方にももしもよければ、ここに君のアドレスを書いて!といえばいいのです。

ただそれだけなのに、なぜかかたぐるしく考えてしまう人が多すぎるのです。

合コン相手と長くお付き合いするためには、まずはフレンドリーな関係になること、知名度を高めること、仲間内に認知されやすくすること、明るい男になること、こうしたことから始めましょう。

脈があるなし、と白黒で考えがちなのは若い証拠、関係を進めるにはまだ何も相手のことを知らないうちから決めることはできません。

受け身の合コンでは、連絡先交換も難しい

連絡先交換を行いたいのは自分自身ですよね。

なのに受け身で誰か聞いてくれないかな?とかあの子に渡したいなもじもじ、、。

としていれば一向に進むはずがありませんよね。

逆にいえば、連絡先を交換してオープンハートにしないから、盛り上がらないしモテないんです。

もしも、こういう困ったことがあれば、ここに連絡してね。

というくらいに明るくオープンでなければなりません。

心根がくらい男には誰も近寄りたくないものです。

後から後から。

という男によってくる女性も、優柔不断なタイプや行動が遅くて思い悩むようなタイプの女性が多いです。