合コンのあとに女の子に連絡!送るべきはこんな内容です

合コン後に女子に送るメール内容、女性目線で送ろう

合コンで連絡先を聞いた異性にメールを送るとき、早速のメール内容に個人的な内容を書くと気持ち悪い。

と思われる可能性が高いです。

そこで、合コンあとのメールにはどのような内容を送れば好感度が高まるのでしょう。

どうでもいい相手に送る内容ではないのなら、異性からの株をあげる工夫が要ります。

まずは個性を出さないこと、個人的な欲望は抑えることがポイント。

ただしこれは一般的な出会いの場合であって、決して出会い系やエッチ目的の出会いではない時の対応です。

まずは、無難な言葉をやりとりするようにしましょう。

急に甘えたりしないことです。

女性目線の内容、お誘いは時間をかけてから

女性目線の内容とは、性的な内容を含まない、女性を軽視しない、相手のことを尊重させる、関係性を迫らない、早まらない、モラリストであること。

こういうようなケースであるといいわけです。

そこには、挨拶、気持ち、次の希望が書かれるようにしましょう。

例えば、こんばんわ、昨日は楽しかったですね。

また会いましょう。

だけでも問題ありません。

これは社交辞令なので、気持ちがあれば今度〇〇に一緒に出かて見る?と加えてもいいでしょう。

ただし、次のお誘いは女性からすると、かなり急展開です。

女性が婚活をしているなら別ですが、合コン相手では早急になってしまうので調節しましょう。

地味な相談の継続が信頼関係をうむと心得よう

卑猥な内容や下心を伝える内容が送られてこない。

これで女性は信用を寄せるようにもなります。

相手の人格がどんな人か想像できるようになるのです。

こうなれば、あらゆる内容を相談したりするメール友達になることも可能です。

つまり、信頼関係をきずくにも時間がかかるということになります。

女性目線で入れると、男性側にはかなり遅い展開となるはずですが、もしも下心があり異性と肉体関係を持ちたいならば別の出会いを期待するべきです。

健全な出会いを求めたいなら、お付き合いするまで時間がかかるということを覚えておきましょう。

カップルでもないのに。。というメールは失敗メール

カップルではないのに。

という内容のメールを送る男性、女性はドン引きしてしまいます。

具体的に一例をしめすと、年上女性に対してすぐに甘えた内容を送る場合です。

甘えているというのは、甘えた態度をとることではなくて甘えてくるのです。

寂しいよー。

などというパターンです。

こうした突然のメール内容は、関係を育んでもいない異性から送られると、自己愛の塊の男性なんだなということがわかります。

自己愛、自分だけのニーズで相手方に甘えたメールを送りつけているのです。

これで、そうなんだ。

可愛い。

と思う女性はいませんので、すぐに相手にされないでしょう。

性格が出るメール、辞書のような内容は無視される

教科書や辞書の一コマのような内容を送る人、まるでロボットのような書き方で送る人も即時消去されます。

頭のいい人に多い特徴があり、感情論よりも理性が働くようなタイプです。

こうした内容のメールが届いた女性は、真面目なひとだという印象は待ちません。

堅物で話し言葉が通用しない人、日本語が通用しない、日本人という印象を持つのです。

無理して付き合ってくれる可能性もありますが、やっぱりうまくいかないことが多いです。

職業柄、公務員、法律に関わる仕事をしたりする人はそれなりに同じ環境の異性を選ぶようにしましょう。

それなら辞書のような内容でもつうじますよ。

常識的な内容でいい、その常識とは?

女の子に送るメール、常識的なメール内容でいいのですが、常識が男女でずれている場合があります。

特に、男性の場合では下心が伴うの無意識に欲求をぶつけたり、言葉の隅々に下心を連想させるような言葉が混ざることも多いです。

常識的な内容でいいのですが、その常識は異性にも通用するような社会性があるものである必要があるということです。

常識的な内容に書くために他人にチェックして推敲してみるとう方法もあります。

異性として意識しすぎた内容もやはり、男女の気持ちの差を意識させるので、相手方には重く受け取らる可能性があります。