絶対押さえたいポイント!合コンにおける第一印象の重要性!!

合コンは第一印象が全て、話題性のある自己紹介をしよう

合コン、それは初対面の異性が突然出会うというシチュエーションです。

相手に自分をアピールする自己紹介では個性を出さないといけません。

しかもその個性は周囲に受けたり重宝されるものでないといけません。

ここで、自己紹介で滑る人や惨敗で終わる人は合コンがなんたるかを知らなすぎることが問題です。

そもそも、コンパや合コンにきて周囲に語るテーマがないとか、会話がないという時点で、何しにきたの?と突っ込まれることになります。

おとなしい、上品な異性なら学歴、属性、活動内容に何か特徴があるはずです。

それを周囲のアピールすれば、話が盛り上がります。

そもそも、合コンの意味を理解していな人

コンパや合コンは人との出会い目的ですが、それだけではなくて活動や属性をその場で知ることができる、伝えることができるという広報活動のような目的を果たします。

例えば、今日の合コンは〇〇企業、看護婦さん、客室乗務員さんなどというように合コン相手の属性に魅力を感じて相手方の異性は参加しているのです。

すなわち話題はというと、異業種の内容であるとか、プライベートに関心があります。

例え個人として自信がなくても属性という肩書きが勇気を後押ししてくれるのです。

肩書きが最初のハードルであれば、所属している地点ですでにゲットしていることになります。

キャラクターよりも好印象を狙おう

第一印象は大切だということは知られており、見るからに暗い人、子供っぽい人、内気そうな人、無礼なタイプ。

というようにいろいろな印象を与えますが、普通の印象を与えられるように準備しておきましょう。

お見合いや友人関係での自己紹介で行うくらいに普通の態度で挑めば、スタンダードな人だという印象を与えることになります。

ここで、自分は自信がないからと思いきった態度にでて変人を演じたりすると、なるべく避けようと思われてしまいます。

まずは間口は広くとっておくこと、無くて七癖という個性は見せないようにしておこう。

という作戦が功をそうするのです。

第一印象を覆す難しさを知ろう

例えば、チャラい印象を与えた場合、後から真面目なんだという印象を与えることは難しいことです。

時々合コンで面白い印象を与えてその後興味を抱いた異性とお付き合い、結婚するというシチュエーションをたどるカップルも存在しています。

ですが、数年後やはり離婚したりしていることがあります。

面白い人は友人付き合いではちょうどいいですが、結構相手には間に合わないということもあるということです。

もしも、真面目な男女交際の相手と出会いたいと思うのであれば、第一印象で硬派でクールな印象を与えておいた方が得策というものです。

その場の空気を読んだ自己紹介をしよう

オタク系、真面目、エリート、など男性のジャンルは多いけど、その場の空気というものがありますよね。

自己紹介では、その場の空気をよく読んで合わせるという特技も必要です。

いろいろな合コンに参加するとわかるようになりますが、相手の答えやすいように話を聞いてあげるとか、相手に興味を持つということです。

相手に興味を持つと、自然に話題が出てきたり、質問したくなりませんか?男性の場合受身が多いのは草食系でやる気がない男性の場合だけ、やる気がある男性は他人にも関心を抱いているものです。

自分、自分という関心から他人へ関心を向けるということ、そして話を引き出してあげるといいですよ。

自己紹介も場数次第で上達する

合コンに限らず、結婚式、親睦会、同窓会、挨拶をする場面はいくらでもありますが、合コンにおいての自己紹介も離れが必要です。

目の前に出会う相手は確かに初対面の相手、今まで出会ってきた人とは違う気持ちや人格を持ち、評価をする人です。

ですが、個人的に考えてしまうと緊張してしまうので、おおよそ世代感で考えていくといいでしょう。

何もかぼちゃやジャガイモと思えとは言わずとも、どう思われるかよりも、どうしたいのか?が重要です。

合コンの自己紹介では場数を踏むようにしましょう。

そのうち慣れていきます。

お笑いや芸能人の自己紹介を真似てもいいですよね。