合コンで誰かいい人いたと聞かれた際の答え方

合コンで意中の相手を悟られないようにするための方法

合コンに参加するとき、同性メンバーが数人集います。

だいたい4人から多くて8人程度までありますが、同性メンバー間の意思疎通は結構大切なことになります。

合コン仲間として慣れているもの同士であれば、アイコンタクト一つで同性にサインを送る女性もいますよね。

隣に異性がいたとして、わたしは彼に決めたというサインを送るのです。

もしも、化粧室などにおいて同性から誰がいい?とストレートに言葉で聞かれた時には素直に答える人もいれば、周囲の顔色を伺う人もいます。

もしも後者の立場なら、逆に質問を質問で切り返す方法もあります。

誰かいい人いた?の本音を摘んで切り替えそう

同性メンバーに聞かれたくない場合、メンバーから誰かいい人いた?と探りを入れられたときのとっさの切り返し方です。

質問に質問で答えるという行為はよくありませんが、やむ終えないのでここでは、〇〇さんは?と切り返しておきましょう。

これは無言で、人に尋ねる前に自分の気持ちも白状したらいいのに。

という意味合いが含まれています。

その他のボギャブラリーとしては、えー。

まだわからないとじらす方法もあります。

聞かれた質問に答えたくない場合は、質問返しをすればいいのです。

逆に、先手を打ちたい時に聞いてくることもあるので、この方法は便利です。

合コンで誰かいい人いた?と異性に聞かれた時のかわし方

合コンの世話役、幹事さんでもないのに誰かいい人いた?と声をかけてくる異性がいれば、それは探りを入れているのかもしれません。

同性の探りはライバル視ですが、異性の探りは気になる子のリサーチに入ります。

本音の所は、誰かいい人いた?わたしはどう?結構気に入ったんだけどなあ。

もしよければ。

です。

このようなシチュエーションになった時には、目の前に異性の名前を言ってもいいけど言わない方が得策ですよね。

もしもここにいない異性の名を口にしてしまい、目の前の人の気分を害する可能性もありますし、会話の相手とうまくいく可能性を閉ざすリスクもあるのです。

本心を口にする場合しない場合

総数の合コンでは、気にいった異性を同性に教えるという行為はよほど信頼関係の強い同性間でしか無理なようです。

友人関係が長いとか、今回の合コンはこの子のために開いたようなものでわたしは付き添い的な会の場合です。

同性のメンバーで年齢や立場に序列があるような仲間の場合、自分の思うようにはいかないことも多いということを心得ておくべきです。

立場上弱ければ、好きな相手を他の人に譲るということもあります。

あえてこうした序列のある低い立場の合コンには期待しないことが大切です。

もしも異性から声をかけられても、声をかけられた当人には罪はなくても八つ当たりにあう可能性もありますよね。

合コンのメンバーの牽制心を避ける方法

合コンに参加して同性間で牽制があるなら面倒な三角関係にまきこまれてしまう可能性があります。

そこで、誰が誰のことを本命として気に入っているのか?ということを瞬時に見抜く鑑識眼があればなお合コン向きです。

合コン参加者の異性からすると迷惑なことですが、同性メンバーにも関係性や事情があるということを読んでおくべきです。

そうなると合コンはメンバーが少数の方が出会える人数は低いですが、合コン自体は気軽に行えるということになります。

異性にもこうした権威争いの言うなことが起きるのでよく観察しておくと、異性の社会性もわかりやすいですよ。

男性にあることは女性にもあると思うべし

合コンで異性の奪い合いは縦社会の男性にも多いことですが、女性の間でもゆるく、何気なくメンバー間で起こります。

あからさまに、横取りするなという喧嘩はありませんが、わたしは〇〇君がいいので手を出さないでね。

くらいの釘は刺していることはあるものです。

そこで、もしも意中の女性がそういう難しい環境に置かれている場合、なのに男女ともお気に入りなのに近ずけない。

ということになれば合コン以外の場所で会えばいいのです。

合コンという小さなしがらみのせいで、ビビビときた出会いを無駄にする必要はなく、もったいないことです。