合コン後の告白のタイミング、何回目のデートが理想?

合コン後にデートまで行ったらあとは告白をするのみ

合コン後に気になる女性に連絡をして、デートの約束をとりつけたとします。

デートを重ねるごとにお互いを理解して、最終的には告白をしてカップルになろうとしますが、問題は何回目のデートで告白をするか?ということです。

合コン後の初回のデートで告白をするのはどうなんだろう?と思う男性もいると思いますけど、何回目のデートで告白をするのが理想なのか?というのは悩むはずです。

女性側の心理も考慮しないといけませんし、男性としては何回目のデートで告白すべきか?という正解のようなものをあらかじめ知っておかないといけないと言えると思います。

告白するタイミングは基本的には遅すぎてはいけない

合コンの後にデートにこぎつけて、そこから告白をしようと考えている男性にとって告白をするタイミングというのは非常に重要です。

ここで気を付けないといけないのは、告白をするタイミングというのは初回のデートから時間が経ちすぎてはいけないということです。

全然告白をしてくれないと女性が思ったとしたら、その時点で相手の男性に対する熱が冷めていく可能性があります。

ある程度期待をしている状態なのに、全く告白をしてくれる気配がないと思ってしまったら、不信感のようなものが生まれるのです。

この人は私のことを大して好きじゃないのかな?と感じてくるようになります。

デートの回数が浅い段階で告白して良い

合コン後のデートの段階で告白をするような場合には、デートの回数が浅い状態で告白をしても良いと思います。

逆に回数を重ねたのになかなか告白しないような男性は女性から不信感を持たれる可能性があるので、そう思われる前に告白しておいた方が良いです。

だから、初デートからそこまで時間が経っていないような時点でも告白をして良いと思います。

ただ、初回のデートはちょっと避けた方が良いかもしれないのです。

初回のデートでやっぱりこの女性が好きだと思ったとしても、向こうが自分に対する理解をそこまで深めていない可能性があるからです。

理解をしていないってことはそれだけ不安がまだあるということなので、初回はやめておいた方が良いでしょう。

2回目、3回目が結局は理想的

合コン後にデートをして告白をするというケースでは、何回目に告白をするのが良いのか?という点で悩む人がいると思いますが、理想的とされているのは2回目、または3回目でしょう。

初回はお互いがお互いを理解するために時間を使うことになり、告白はまだしないでおいた方が無難ということが言えます。

しかし、初回のデートから時間が空きすぎると、女性の不信感を生む可能性があるので、ある程度早い方が良いのですが、告白をするタイミングとしては2回目か3回目がちょうどいいと言えるのです。

お互いを理解したうえで、遅すぎないタイミングというと、このあたりになります。

焦らしテクニックを使うという手もあるが

デートを重ねているのに、なかなか告白しないという手をあえて使おうとする男性もいますし、そういう人は焦らしのつもりでそういうことをしているのかもしれませんが、それは逆効果になる可能性もあります。

焦らしが上手くいくケースもあるのですが、女性によっては上手くいかないことがあるのです。

焦らしによって、告白の効果を高められる場合もあれば、焦らしたからこそ男性への熱が冷めてしまい、好意を抱いていたのに、その気持ちが薄らいでいってしまったという可能性もあるので、こういうテクニックは自信がある人以外は使わない方が良いと思います。

合コン後のデートでの告白は序盤で済ましておこう

合コンを終えた後にデートまで行けたとしたら、そこから今度は告白を成功させないといけませんが、そのときには告白をするタイミングが重要になります。

告白をするタイミングを間違えると、彼女にできるチャンスだったのに、それをみすみす逃すことになりかねません。

したがって、告白をするタイミングというのは慎重に考えた方が良いのですが、おすすめとなるのはデートを始めてしたときからそこまで時間が経たない段階で告白をするということです。

告白をするタイミングについてはそういった状況で行うと良いのですが、具体的に言えば2回目か3回目になるので、そこは覚えておきましょう。