合コンと街コンの共通点と違い、徹底解説☆

合コンと街コンの共通点と違いを見極めて相応しい方を選ぼう

彼女や彼氏を作るための手段は多様化していますが、実際に直接会ってそのきっかけを作る方法には合コンと街コンがあります。

この2つは似ているのですが、全く同じではないということで、その違いを知っておいてほしいですが、共通点もあるのでそこも知っておきましょう。

合コンと街コンはどちらかに絞らないといけないというわけではなく、両方参加しても良いのですが、より向いている方に絞って参加した方が有効ということも言えると思います。

したがって、合コンと街コンの共通点もそうですけど、特に違いについて理解をして、自分に向いている方を判断していきましょう。

合コンと街コンの共通点はお店で男女が食事と会話をすること

合コンと街コンの共通点と言えば、お店に入ってそこで食事などをしながら、会話をするというスタイルの点です。

ここは合コンも街コンも共通しており、出会いのきっかけの部分としては大差はないと言えるでしょう。

だから、そもそも男女で集まって会話をして盛り上がって、そこから恋愛のきっかけを作るということができないといけないということになります。

そういった状況で恋愛のきっかけを作るということに長けている人は合コンと街コンはどちらも向いている可能性がありますが、そうじゃない人は厳しいと言える可能性があるので知っておいてほしいと思います。

合コンと街コンでは参加することの難易度が違う

合コンと街コンの違いについて紹介していきますが、まず大きいのは参加することに関する難易度になります。

合コンと街コンでは、通常街コンの方が簡単に参加しやすい、誰でも参加しやすいということが言えます。

しかし、合コンは主催した人と自分が知り合いであるという状況がないと、なかなか参加するのは難しいです。

通常の場合、合コンは主催する人間が他のメンバーを集めるときに、その主催する人間の知り合いなどで用意することになりますから、自分の知り合いに合コンを主催するような人がいないといけないのです。

自分が主催する側に回るというのもできなくはないですが、幹事はやりたくないって人が多いと思うので、合コンは参加したいと望んでも難しい言える場合も考えられます。

合コンと街コンでは相手が固定か?入れ替わるか?の違いがある

合コンと街コンの違いの1つには話し相手が固定か?入れ替わるか?という部分があります。

これはどういうことか?というと、合コンの場合には参加者がいて、その人たちとずっと話すことになります。

仮にお店を変えたりしても、話す相手というのは最初と同じ人たちということになります。

ただ、街コンの場合には、お店を何軒も変えることが当たり前で、その度に自分たちと席を同じにする人たちが変わるはずです。

つまり、合コンは特定の人たちと長く話せるが、街コンは多くの人たちと話せる代わりに、1人当たりの会話時間は長くないということが言えるのです。

合コンと街コンでは年齢層に違いが出る

合コンと街コンの違いの1つには年齢層の問題があります。

合コンはある程度年齢層は近い人たち同士が集まると思います。

男女で異なるということはありますけど、男性同士、女性同士で年齢がバラバラというのはあまりないです。

それは知り合い同士で集まっているケースが多いからということになります。

しかし、街コンは不特定多数の人たちが集まるので、年齢制限のようなものがあるとしても、その中でいろいろな人たちが来るので、同性同士であっても年齢はバラバラということがあると言えます。

だから、街コンでは同性同士で会話をしづらい場合も考えられるのです。

合コンと街コンについては共通点よりも違いの方が多い?

合コンと街コンの共通点はあることはありますが、それはスタイルそのものの大枠の部分であって、その中の細かい部分を見ていくと、結構違いがあります。

したがって、合コンと街コンというのは全く違うとは言えないかもしれませんが、恋人を見つけるための手段としては別個のものと思っておいた方が良いのです。

そのうえで自分はどっちに向いているのか?というのを、違いの部分から考えていかないといけないと思います。

合コンと街コンはどちらも魅力的な部分があるので、何を優先するか?それぞれの違いから自分が恋人を作りやすい、そのきっかけにしやすいのはどちらかを判断していきましょう。