合コンで「無職」とはいえない…。4つのごまかし方

合コンで無職と言えば相手にされる可能性は限りなく低い

無職の人が合コンに参加した場合、無職であることを正直に告げるとほぼ確実に参加者の印象は悪くなります。

無職がいけないというよりは、無職に対するイメージがよくないということが原因と言えて、そういうイメージのよくない人は恋愛対象にはならないということなのでしょう。

これは男女でも違うかもしれませんが、特に男性の場合には女性と比べても働いていて当たり前というイメージがあるため、より無職に対するイメージが悪くなりがちなのです。

だから、合コンに無職の男性が参加するのであれば、それを誤魔化す方法を身に付けておく必要があるのです。

無職の人は独立準備中と話そう

無職の人は合コンでどういった誤魔化し方をすべきか?ということになりますが、無職の人は合コンで職業を紹介するときには独立準備中というのは1つおすすめです。

これは嘘にはならない気がしますし、無職と独立準備中では印象が全然違います。

独立準備中というのは、会社とかで働いていたけど、辞めて独立するための準備をしているという風に捉えられると思うので、仕事を本格的にしていないのは一緒だが、印象は全く違うということになります。

無職の人は合コンでどのように職業を話すべきか?と言えば、独立準備中というのはおすすめな答え方になります。

会社を失業してしまったと言う

会社に勤めていたが、失業してしまったという言い方もあります。

これも無職であることには変わりありませんが、無職であるということを言っただけと比べたら大分印象が違います。

無職であるしか言わないと、そもそも働く気がないという感じに捉えられてしまう可能性がありますが、失業したと言えば働く気はあるけど、不運にも仕事ができていない状況なので、印象ががらりと変わるのです。

だから、無職であることには変わりがないものの、無職の人が合コンで自分の職業を紹介するときには、ストレートに無職とは言わないで、失業したという言い方も考えておくと良いでしょう。

フリーターであると言う

ある程度の年齢になると、フリーターというのは印象があまりよくないです。

ただ、無職と比べたら全然違うので、フリーターということにしておくのはおすすめでもあります。

フリーターというのも印象がよくないのですが、今は非正規の人が若い人にも多くいるので、必ずしもフリーターが珍しい存在ではないのです。

そういった部分も含めて、フリーターならば恋愛対象にしてくれる女性は多くいると思います。

だから、無職よりは圧倒的にマシと考える女性が多いという意味では、フリーターにということにしておいて、すぐにバイトなどを始めるつもりでいると良いと思います。

自営業やフリーランスと答える

会社に属さないで働く人が多くなってきましたが、そういった人たちの存在は不安定と思う人もいますが、格好いいと思ってくれる人もいます。

自営業やフリーランスという職業のイメージは人によって異なるものの、無職よりはイメージは良いはずです。

自営業やフリーランスという世界はそこまで詳しい人が少ないと思いますから、突っ込んだ質問とかはないと思うのです。

だから、無職であることを誤魔化しやすいということは言えると思いますし、無職の人が合コンで自らの職業をなんとか誤魔化したいときにはおすすめの回答の1つになると思うのです。

無職の人は合コンで誤魔化すことはできるのか?

無職の人は合コンでどういう反応をされるか?と言えば、なんとなく想像はできるでしょう。

できるからこそ、なんとかして誤魔化さないといけないという考えになるのです。

実際、無職の人が誤魔化す方法はありますし、それは合コンの間は誤魔化すことは可能だと思います。

でも、合コン後に女性とデートまでいけたりしたときにはバレる可能性がないとは言えないと思うので、誤魔化すことにもリスクがあるということは覚えておかないといけません。

無職の人はできればフリーターか、自営業やフリーランスを目指すと良いのではないか?と思います。