男っていつ結婚するのがベスト?結婚の時期とそのメリット・デメリット

結婚する年齢によってメリット・デメリットが発生する

結婚したい時期というのは人それぞれ異なります。また付き合っている人がいる、結婚をしたいと思うタイミングなどもあるので、自分が結婚したいと思う時期に結婚できるわけではありません。

結婚というのは人生の中での大きな出来事。そのためよく考えてしなくてはいけません。結婚する時期、年齢によって、経済面、仕事面、精神面などのメリット・デメリットが発生します。それを年齢別に今回はご紹介していきます。

20代前半で結婚した場合のメリット・デメリット

学生時代に付き合っている人がいた場合、卒業と同時に遠距離になってしまうことも少なくありません。そのため、卒業して就職のタイミングで結婚する人もいるのです。
20代前半というのは、まだまだ社会経験が少ないので、その時期に結婚するのは、一人の男として社会で働いていくことと結婚生活を同時に進行していかなくてはいけない難しさがあります。また経済的にまだまだ給料が安く結婚生活を維持するのが難しいというデメリットもあります。

反対に女性経験が少ないので、結婚した相手を一生懸命に愛する、守ってくれるというメリットもあります。

20代後半で結婚した場合のメリット・デメリット

20代後半になると仕事にも少しずつ慣れて余裕が出来てくるころ。一方で少し重要な仕事を任されることもあり、家庭ばかりを振り返ることが出来ないこともあります。
それを考えると20代後半で結婚するメリットは、仕事にも慣れてストレスが少なくなり、家庭を振り返る余裕があるので、家事協力がしっかり出来るという点にあるでしょう。

反対にデメリットとしては、仕事が忙しく夜の付き合いが増えたりして時にそれが原因で奥さんと喧嘩になることがあるということがあげられます。
うまく仕事と家庭の両立することが大切な時期です。

30代で結婚した場合のメリット・デメリット

30代になると社会的な経験も十分、また女性経験も十分な時期になっているので、のりに乗っている時期。3
0代で結婚を決める人が多いですが、その理由は、仕事も忙しくそれをサポートしてくれる人が欲しい、また仕事以外にも私生活も充実させたいという人が多いからではないでしょうか。

30代で結婚するメリットは、ある程度仕事も順調なので、それをサポートしてくれる配偶者が出来れば、それを糧に更に頑張ることが出来るということ。また経済的にも安定しているので、穏やかな結婚生活を送ることが出来ることがメリットです。

反対に、デメリットはまだまだ仕事も遊びも足りないなと思った場合、ほかに気がうつることもあるということです。

40代で結婚した場合のメリット・デメリット

40代という年齢は、中年に差し掛かる年齢。ここで年貢の納め時かとやっと結婚を決める人もいます。

40代で結婚するメリットは、これまでの自分の生活を築き上げているので、経済的にも精神的にも安定しているので、結婚生活も安定するということがあげられます。

反対に、40年も自分流の生活をしているので、人と合わせる生活が出来ない、臨機応変さに欠けるので、結婚生活が窮屈になることがデメリットです。