彼女が欲しい独身男性がやりがちな間違い行動

だからどうしたの?SNSで暇していることをアピール

彼女がほしいと思っている男性が時にやってしまう行動に、SNSで今時分が暇していることをアピールしてしまう方がいます。
これを見て、誰か時間の空いている女性が声をかけてくれることを期待しているのでしょうか。
しかしこれは全くの逆効果であり、これに乗ってくる女性はいません。
この記事を見て「これから会いましょう」と言う流れにはならないのです。
それどころか、だからどうしたの?と愛想をつかせてしまいます。
逆に変な人と思われてしまうかもしれません。
SNSに暇なことをアピールするくらいなら、自分から誰かに声をかける方がよっぽど効率的です。

自分に彼女がいないことをモテ過ぎて選べないと言ってしまう

彼女を欲しがっている男性は、今の自分に彼女がいないことを素直に認めない時があります。
そのために苦し紛れな話をしてしまうのです。
そのなかでも失敗例は、自分はモテるんだけど、候補がいっぱいいて選べないというニュアンスを伝えてしまうことです。
彼女を作りたいと思う気持ちがいきすぎてしまい自爆してしまうパターンです。
自分はモテると伝えてしまえば周りの女性はただ引いてしまって終わります。
その要素がないから今彼女がいないんだろうと突っ込まれてしまうでしょう。
素直に彼女を作りたいと言う方がまだ印象は良いものです。

そんなに仲良くないのにボディタッチ

彼女がほしいと思っている男性は、出会いがあればとにかく気をひこうと考えます。
そして合コンや友達の紹介などで出会った女性に、ついボディタッチをしてしまう方もいるでしょう。
しかしこの行動も場合によってはNG行動になってしまいます。
よく女性は頭ぽんぽんに弱いと言われますが、それはあくまで信頼している人からです。
その気もない人にやられてもトキメくどころか、なんで触るの?と嫌な気持ちにさせてしまうだけです。
なかには触られること事態に拒否反応を示す方もいます。
ボディタッチをしたい気持ちもわかりますが、それは仲良くなって信頼関係を結んでからにしましょう。

信憑性がない過剰な誉め言葉

男性からすると女性は誉められるとうれしいと思っています。
もちろんそれは男女とも同じですが、だからと言って気に入った女性に対してとにかく誉めまくる方がいます。
なんに関しても誉め言葉ばかり並べて、女性が自虐的になっても「そんなことない」の一点張り。
そこまで誉められ過ぎると逆に信憑性がないと感じられてしまいます。
何か下心があるのかと思われたり、誰にでも言っているのだろうと考えさせてしまいます。
女性に誉め言葉を送ることはもちろん良いことですが、やりすぎはよくありません。
だからと言ってあら探しをしなくても良いですが、ほどよい誉め言葉で済ませておきましょう。

逆にもう行きづらい!常に奢ること

彼女かほしくて頑張った末に出会いがあり、今度デートすることになったとき、気を付けなければいけないことがあります。
男性としては自分の気持ちを伝えたいと、デート代を全部奢るということをしてしまう方もいるでしょう。
確かに奢ることは悪くはないし、女性も気分がよいでしょう。
しかし実際に常にいつでもどこでも奢ってしまうと、逆にだんだん女性も誘いに乗りづらくなります。
いつも奢ってもらってばかりでは悪いという気持ちが出てしまうのです。
最初のデートやたまに奢るくらいならまだ良いのですが、奢りすぎは逆に信頼関係を結べない結果となってしまうでしょう。

焦らずにほどよい関係を

彼女がほしいと思っていると、つい焦りが出てしまいそのときその場にはそぐわない行動をしてしまうものです。
ですのでまずは冷静になって、女性とほどよい関係を結べるように考えていきましょう。
誉めすぎや奢りすぎなど、過剰なサービス精神は禁物です。
彼女にしたいのであれば最後には対等な関係が求められます。
ですのでやりすぎにならないように、多少はギブアンドテイクを意識しましょう。
そして自分自身にも意識過剰にならずに、女性の気持ちをしっかり考えていくことが大事です。
自分はこうしたいということでなく、どうしたら女性が喜ぶのかを考えましょう。