“フランクモテ”したければムロツヨシを目指せ~ムロツヨシに学ぶ女子と親密になる3つの道のり~

ウケる女子にはウケる<ムロツヨシ系男子>

どうも、迂回優椎です。
全開の星野源さんに続き、男性芸能人からモテを学ぶこのシリーズ。
(私が勝手にシリーズって言っているだけです、TIAJUさんごめんなさい。)
今回は、人気俳優・ムロツヨシさんからモテる術を学んでいきましょう。

ムロツヨシさんといえば日テレ系ドラマ『ハロー張りネズミ』やテレビ東京系ドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』といったものから、映画『斎木楠雄のΨ難』や舞台『muro式』などなど、役者として幅広い分野で活躍されています。
多くの男性がテレビや映画、ステージの上から見てムロツヨシさんに抱く印象は“明るい”、“フランク”といったものではないでしょうか。
明るい男子のことが嫌いな女子なんて、そうそういません。
私みたいによっぽど拗らせた根暗人間じゃない限り、女子は明るい男子が好きなんです。
ムロツヨシさんはまさに“現代の明るさの象徴”。

この記事を読んでいるそこのTIAJU男子、ムロツヨシさんみたいな明るさが欲しいか?
明るくなって東京で“フランクモテ”、したくないか?
それなら“フランクモテ”を掴むために、ムロツヨシさんから学ぶ女子と親密になるコツを一緒に研究していきましょう。

ムロツヨシに学ぶ“フランクモテ”への道その1:お互いの距離を感じさせない全開さを出せ

ムロツヨシさんと言えば、何と言ってもあの“距離感”を感じさせない、いつでも全開なキャラクター。
ムロツヨシ系男子は合コンや飲み会に1人でもいるだけでその場が盛り上がるので、かなり重宝されます。
そのため、自然と女性との出会いを作ることができますし幅広い交友関係が広がっていくわけです。
この段階をクリアできれば、モテへのスタート地点に立てていると言っても過言ではありません。
ここまでくれば何も怖いものはありません。
ただし、1つだけ注意をしておきたいことが…。
それは、この全開キャラが“好かれる”か“嫌われる”かの2パターンに分かれるということ。
あなたが気になっている女の子や好きな女の子がムロツヨシ系男子を好いてくれる場合はすぐに距離が縮まりますが、苦手だという場合はかなり厄介な状況を自ら招くことになるので、ムロツヨシ系男子になる前に女の子のことをよーく観察するようにしましょう。

ムロツヨシに学ぶ“フランクモテ”への道その2:どんなに暗いことがあってもそれを公に話さない

ムロツヨシさんは日テレ系列のバラエティー番組『今夜くらべてみました』にゲストで出演した際、自分の両親が離婚して親戚の家に預けられたという複雑な家庭環境で育ったエピソードを話しています。
このような過去を微塵も感じさせないムロツヨシさんのキャラクター、この記事を読んでいるTIAJU男子は今日から見習ってみても良いでしょう。
もちろん、自分が抱えている全ての暗いことを女の子の前で隠せと言っている訳ではありません。
仕事の愚痴をこぼしたって構いませんし、何か過去に嫌なことがあったことで今の自分の生活にどんな影響を及ぼしているのかを伝えたって何の問題もありません。

しかし、そこまでの深い話ができる関係にたどり着くまでには、ある程度の“関係の段階”を踏んでいかなければ、女の子はどんどん引いてしまうだけ。
愚痴を言い合える関係から深い話が出来る関係へ、そして恋バナを経てお互いが気になりだして、交際へ…。
何だか少々ドラクエ感が出てしまいましたが、最初から暗い話をする男なんてモテの“モ”の字にすら入れていません。
かつて私が出会い系サイトを通して出会った男の中には初めて会って30分後に母親がうつ病を患っているという謎の暗い話をした人もいましたが、もちろん彼とはそれっきり会っていません。
出会って間もない、まだ仲良くなれていない男性からこのような暗い話を聞かされたところで、女性は戸惑ってしまうだけ。
その女性が私みたいなめちゃくちゃ性格の悪い人だったら、速攻女子会のネタにして「えぇ、そういうの超気まずい…付き合いたくないわぁ…」と小1時間くらいディスられること間違いなしです。
男性に限らず、人間生きていれば誰もが暗い一面を持っているものです。
好きな女の子と仲良くなるまで、その部分は上手に隠すようにすると良いでしょう。

ムロツヨシに学ぶ“フランクモテ”への道その3:シュールなSNSを更新して現実とのギャップを出せ

ムロツヨシさんから学ぶフランクモテの要素はもう一つあります。
それは「シュールなSNSを更新して現実とのギャップを出す」というもの。
モテに欠かせない“ギャップ”…。
TIAJU男子たちの中には、女子からモテたい一心でギャップの演出方法を研究している人もいるでしょう。
よく挙げられる<普段は少しクールだけど2人きりになると優しくなる>なんてギャップはもはやベタ。
ベタベタ過ぎて女子の間では「いや~確かにキュンとはなるけど、何か“これやっておけば良いでしょ?感が強くてちょっとね~…」といった会話が広げられることもしばしばあります。
そう、<現実の世界のみでのギャップ演出>はもう飽和状態。
これでモテを狙ったところで、現代を生きる女子たちのハートを掴むのはちょっと難しいのです。

ここで使いたいのが“SNS”。
男同士でワイワイ騒いでいる写真をTwitterやInstagramに挙げているTIAJU男子、今すぐそれを止めなさい。
君が春のお花見でお酒を飲みながらワイワイ騒いでいる姿や、夏の海水浴やバーベキューで楽しく遊んでいる姿、秋の学園祭でリーダーになって頑張ったことをクラスやゼミの仲間たちとの集合写真と共にポエマーチックにツイートしたり、冬のゲレンデでかっこよくスノボーを滑ったり…。
そんな投稿に興味のある女子、実は少しずつ減ってきているんです。
何故かって?それは今、恋愛そのものに興味のある人たちが減っている“恋愛氷河期”に突入をしているから。
恋愛に対してポジティブな女子は、好きな男子がこんな投稿をしていたら胸キュンしちゃうものですが、残念なことに“恋愛氷河期”の今、SNSのこんな投稿に食いつく女子はそんなにいません。
“恋愛氷河期”と呼ばれる時代の中でどうしてもモテを目指したいというならば、そんなSNSの更新は今すぐ止めて、ムロツヨシさんみたいな<シュールを極めたSNS>を更新しましょう。

だって考えてみて下さい。
普段、明るい人が明るい内容のSNSを更新したところで「あぁ、でしょうね」感しか生まれないものです。
そんな人が「こんばんわ、」の一言のみしか更新しなかったり「おはようございま、」という中途半端なところで終わっているツイートをしたりしていれば、誰でもちょっとはクスッとくるもの。
(実際にムロツヨシさん本人がツイートをしていたものから抜粋しました。参考:http://twitter.com/murotsuyoshi)
シュールな一面をSNSで見せて「あれ?現実とちょっと違うな?何だ何だ?」と女子の興味を惹くことができれば、あなたの優勝。
このシュールなギャップが、よりあなたと気になる女子の距離を縮める効果を発揮します。
ギャップ自体に興味のない女子は殆どいません。
意外な一面を見れば誰でも「おっ!?」となるものです。
SNSと現実のギャップを作って、気になるあの子のことをギャップで「おっ!?」と思わせちゃいましょう。
そのためにはまず、気になる子とSNSで繋がるようにしなければなりませんが、1と2を実践していればいとも簡単にこの壁は乗り越えられるはずです。

TIAJU男子たちもムロツヨシ系男子になれる要素を持っている!今すぐそれを見つけてフランクモテしよう!

さて、ここまでムロツヨシさんから学ぶ“フランクモテ”について研究してきました。
以前、星野源さんから学ぶモテ4ヶ条をご紹介しましたが、最後に「星野源系男子になるのは難しい」とお話しました。
しかし今回のムロツヨシさんから学ぶ“フランクモテ”、星野源系男子になるよりかはいくらかハードルが低いはず。
というのも、ムロツヨシさんみたいな男性は女子視点で見ると星野源さん以上に“親しみやすさ”を感じる傾向があります。
強い個性があるけど、その個性は誰にでもウケるもの。
TIAJU男子よ、フランクモテする個性が自分の中にないか今すぐチェックをしよう。
それを見出すことができれば、ムロツヨシ系男子に近づくスタートラインに立てるようになりますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

迂回優椎

<笑い8割ハウツー2割の記事を発信すること>をモットーとする、恋愛と性を中心に執筆活動をしている少々辛辣なライター・エディター。都内の大学で臨床心理学を専攻しながら複数のwebメディアでコラム・PR記事・連載体験談などの執筆業を行い、卒業後これらの仕事を本格的に開始。好きな男性のタイプは、人として大事なものが欠落していない人。ライター名の読み方は“うかい ゆーしー”。