浮気されても好きだから許す?

浮気をされても許す人について検討

付き合っている相手に浮気をされてしまったら、それを機に別れたとしてもまったく不思議ではありませんよね。浮気とは一種の裏切り行為に他ならないのですから、浮気をされた側は厳しい態度を取ったとしても何ら責められるいわれはありません。しかし、人の気持ちは複雑で、たとえ浮気をされたとしても許すことがあります。その理由はシンプルで、相手のことが「好き」だからです。たとえ浮気をされたとしても好きだから別れられない、別れようと切り出すことすらできない、そんな複雑でつらい立場に立たされてしまうことがあります。では、どんな人がそうなりやすいのかを中心に、浮気されても好きだから許す人についていろいろな角度から検討していきましょう。

好きな気持ちが大き過ぎるから許せる

付き合っている相手の一挙手一投足をただひたすらボーっと見入ってしまうことができるぐらい好きなら、たとえ浮気をされたとしても気持ちをすぐに切り替えられません。浮気をするなんて酷いという気持ちはもちろんあるのですが、その気持ちよりも反省している相手の態度や言葉を信じる気持ちのほうが強かったりします。これはとてもシンプルですが、好きな気持ちがとても大きいことの表れです。もしも反省しているようなら1回は我慢してあげようという気持ちになりますし、そうしなければ悪いような気持ちにさえなりますよね。惚れた者の弱みといわれてしまえばそれまでですが、好きな気持ちが大き過ぎれば、たとえ浮気をされても許してしまうことがあるでしょう。

相手の存在に依存しているから許す

浮気を理由に相手と別れてしまったら、間違いなく一人になってしまいますよね。他の誰かから言い寄られているならまだしも、そうでなければ一人になります。男女問いませんが、一人になると耐えられない人は意外とたくさんいます。つまり、相手が浮気をしていたとしても、好きでとりあえず別れたくはないから許します。許せば、また恋人同士として関係をとりあえず続けられますよね。そうしていたほうが友人に対して見栄を張れますし、何より自分がまだ相手から必要とされていることを感じられます。別れなければアイデンティティを保てるので、相手の存在を否定できないのです。浮気を許すことによって付き合っている状態を何としてでもキープしたい、そんな好きな気持ちと依存心があると浮気を許しやすいです。

性格が優柔不断で相手と別れる決断ができない

付き合っていた状態をさっぱり解消して別れるという決断は、二人の関係性を揺るがすものです。それを切り出せば、今までとは違った生活になることでしょう。ただ、その大きさを考えてしまったとき、性格が優柔不断だと別れる決断がなかなかできませんよね。そして、浮気を許せないとハッキリいえないので、結果的に許すことになります。これはかなりグダグダな状態ですが、しかたない面もあります。好きな相手と別れるには決断力を要しますがそれはかなり思い切った決断ですし、決断することの責任もありますよね。それを考えたら相手を好きなこともあり何となく関係をズルズルと引き延ばし、浮気はなかったことになってしまいます。つまり、浮気を許さないと声高に相手に伝えなければ、それは許したのと同じ意味になるといえるでしょう。

浮気相手に恋人を絶対取られたくない

浮気相手に絶対取られたくない、そんなふうに独占欲が強ければ意地になって浮気を許すことでしょう。もしも浮気相手が知っている人で前々から快く思っていなかったら、その感情は特に強くなるものですよね。好きな恋人への愛情はそれなりに薄れてきていたとしても、そのまま取られてしまうのは癪に障るというときに浮気を許すことがあります。そこまでの修羅場になってしまったら、関係が元通りに回復するのはほぼ不可能なのかもしれません。ただ、だからといって浮気相手にまだ好きな恋人を渡してしまうのは抵抗がありますよね。それならひとまず浮気を許し、浮気相手に奪われてしまうことを防ごうとするのも感情的にはあることです。そんな独占欲から浮気を許すことも、時にはあるでしょう。

浮気をされても許すケースはある

浮気をされたとしても、それですぐ付き合っている状態が解消されるわけではありません。さまざまな理由により、浮気を許すことがあります。好きだから浮気を許すというのが大前提で、それに付随する形でいろいろな細かい理由が挙げられます。好きになってしまったら、そう簡単には嫌いになれません。好きになった気持ちは、たとえ浮気をされたとしてもすぐには弱まらないのです。もしも浮気を許せなかったことが後々悪い影響として自分に跳ね返ってくるとしても、簡単には許すことができないでしょう。それが男女間のゴタゴタが長引いてしまう理由ですね。浮気されても好きだから許すというのは矛盾していますが、現実的にはよくあることです。