浮気を続けるのはこんなにお金がかかる

計画的でお金を気にしないなら浮気は成功の始まり。

私が既婚で女性が独身の場合です。
普通でも男性が女性におごるのは当たり前ですが、浮気や不倫というと全額払うのは当たり前です。
ラブホテルに週1回通うだけで40.000円。その時の飲食代で20.000円。交通費やプレゼントなどで20.000円と想像してください。
一か月80.000円以上は出ていきます。むしろ喜んで出すべきだと思います。
自分の欲望を満たしてくれるのですから。
時には旅行にも行きます。往復と買い物・食事で100.000円は最低で必要になります。
年間では1.000.000円は予算として必要だと思います。

そこにはリスクを払う計画性があることで安いものだともうことができます。
私の場合、最終的には当時の現妻と別れて浮気相手と再婚する予定で始まりました。
突発的な浮気、例えば飲み会でかわいいと見えてしまってうっかりホテルに行ったという短絡的な行動ではなく、
計画して限定した人と接近するのです。
離婚し、結婚まで至れば投資した金額を大きく上回る幸せが待っています。

あとは、必要な時までバレないように努力するのです。

愛と浮気はお金で買える。リスクヘッジをお金で買う。

身体だけではなく、本当にお互いに愛し合っているならば迷惑はかけないべきです。
一番の迷惑はバレて相手にリスクを負わせてしまうことです。

ホテルも安いところより、安全なホテルを選びます。道路から車の車種が見えるようならやめた方がイイでしょう。
しっかり、車をしまえるホテルはそれなりに高いものです。私の場合は、日中滞在だったので高級なところでも1日10.000円ほどです。
高いと思われるかもしれませんが、これは投資です。
また、飲食類が足りなくなると問題があるので、余るくらい飲み物やお菓子は買っていきます。
だいたい5.000円分ほどです。
長い時間を個室で共にするので行為が楽しめるように、下着や洋服も買っていきます。買うのはネットです。受取は宅配所止めにして自分で取りに行きます。
つまり、1日で20.000円は最低必要だと思った方がよいと思います。
それもこれも、お金を出しただけリスクヘッジができるからです。

バレずに、浮気相手と連絡を取る。バレずに合う。

連絡は携帯電話のメールを使うと思いますが、それは一般的な失敗例です。
消しても復元できる可能性がありますし、一定期間は携帯電話会社でバックアップを取っています。
一定期間を過ぎると消えていくので時間をかければいいですが、そんなリスクはとりたくありません。

バレないで連絡を交換するにはGメールなどのアカウントを共有することです。
そして、下書きの欄に記入します。その記入を相手方がログインして閲覧後削除するのです。
送信をしなければ、普通にバックスペースで消したように何も記録に残りません。

そして、合流するのはホテルの駐車場がイイでしょう。
サングラスやマスクをして運転するのです。
常にだれかに見られていることを意識して、信号の黄色で渡るなどつけられても巻くよう努力しましょう。
ホテルの周りは細道で裏通りの場合が多くあります。
一度ホテルを通り過ぎ、待機してだれも周りにいないかどうか確認します。
そしてホテルの駐車場に入れば、そこは安全地帯なので待ち合わせるのです。

女性に対してもバレることでリスクを負わせることになるので、そこはエチケットとして安全を確認することを進めます。
携帯電話のGPSを切ることもお忘れなく。

ホテルでの過ごし方は自分を律して。

浮気相手と今後良い関係を続けたいというのならば、ホテルから出ないことが前提となります。
私の場合は、会社を有給休暇した日の出社時間に待ち合わせし、夕方まで出てきません。
外と完全に隔離するのです。
どんな誘惑が外にあってもそれは重要です。
私はその8時間ほどは持ち込んだ食糧とルームサービスで飲食を賄います。
セックスを繰り返すこと3回~5回。途中で昼寝をすることで時間を使います。
もちろん自分が好みの美しい女性と密室で何度も行為を行えるのですから幸せな時間です。
必ず外との情報を遮断してください。
バレるのと疑われるのは近くて全く違います。
バレるのは完全アウトですが、疑われているうちはしていないと言うだけでそれ以上の詮索はできなくなります。
足を残さないよう自分を律してホテル内で楽しむことも浮気の大切さです。

年に数回は旅行に行くでしょう。

私の場合は、会社の出張の時に合わせて有給休暇をとり、現地集合として旅行をしていました。
例えば有楽町にある〇〇ホテルのロビーに何時に待ち合わせという感じです。
ホテル代や交通費は全て払います。これは行くところにより予算は変わりますが、100.000円あれば大丈夫でしょう。
夜は予約した個室のお店に入りおいしい食事を食べます。
タクシーも利用して移動します。
できるだけ、外界から遮断します。
自宅から500キロメートル離れたところでの旅行ならバレる確率は天文学的に低いので気にすることは無いでしょう。
海外に行った時にはとても爽快な屋外を楽しめました。
その時は300.000万円ほど出しました。しかし、この上ない解放感が二人を満たしてくれます。

相手のために、自分のために、二人の幸せのために。

浮気をするときは本気でしましょう。
遊びではありません。人生設計の一つです。
最終的には妻に迎え入れることが前提で行うので、お金の投資は最終的には二人の生涯のお金となります。
時期が経つごとに女性も結婚の意思が固まってくるとお金を必要とはしません。
安全にその時を迎えるために協力してくれます。
そのためには、女性を絶対にリスクにさらさない。他人からの噂にあったり、経済的に苦しい思いをさせてはいけないのです。
それは裏を返すと自分の為にも重要なリスクヘッジです。
全額自分が出している分、自分に決定権があります。
外に出ない、個室のお店を選ぶ、待ち合わせ場所を選ぶなど主導権を握れることでリスクをコントロールできます。
そこが最大の投資と思うべきです。
そして、最終的には結ばれれば妻とは最大の秘密を共有するパートナーとなれる事でしょう。
浮気が悪いとは言われますが、誰でも成人君主ではありません。間違った相手と結婚することもあるでしょう。
既婚者を愛することもあるでしょう。
やり直しはしっかり計画的に行えば素晴らしい人生を自分で設計できるのです。
色々なことをマネジメントするために、お金をしっかり使うことが重要となるのです。