デート代はどれぐらい奢るべき?20代女性が教えるベストな会計とは?

デート代についての考え方


彼氏とデートをするのはとても楽しいこと。今日はどこにいこうかな?今日は何をたべようかな?と思いを巡らせながらデートに行くことってありますよね。
もちろん彼に全部デート代を奢って欲しいとは思っていないけれど、、、
やっぱり「今日は奢るよ」と自然に支払いをしてくれると、それだけで彼氏の株がアップしますよねそんなデート代はどのくらい出すべきなのでしょうか。デートの内容、シチュエーションによっても異なりますが、そのベストな会計を考えてみたいと思います。

お昼のデートは..?


昼間の場合は、比較的ランチタイムを狙うと、お得でリーズナブルな価格で食事をすることができます。また普段いけないような所でも、昼間だと格安で食べることが出来る場合も。また人気店に昼間から並んでデートを楽しむのもいいですよね。そんなお昼間デートも場合の予算は一人が1500円~2500円程度。その予算で一食に5000円程度支払いが出ると考えておくといいのではないでしょうか。

カフェデートはお気軽


カフェデートの場合はもっと安くデートすることが出来る昼間の食事を外して、カフェでデートと言う場合もあるでしょう。その場合は、もっと奢る費用を安く済ませることも出来ますよ。例えばコーヒーとデザートのセットでも一人1000円位の予算で考えていればOKです。カフェなら、少し長居をしても大丈夫ですし、オープンカフェであれば、気持ちの良い天気の中で彼氏とおしゃべりを楽しむということが出来るので、お金がない時のデートにはカフェデートがおすすめです。

夜のデートは少し高くなる?


夜のデートというと、居酒屋に行く、レストランに行くということが多いです。そうなると、昼間のデートよりも少し1人当たりの単価が高くなり、二人で10000円近く支払うこともあります。お金がない時に、今日はお金がないからファミレスで…と自分でレストランをコントロールしてなるべく彼氏が奢ってくれようとする人ならいいのですが、無理してレストランに行って支払いを続けようとする彼氏は、いつか支払いが負担になることも。女性も毎回男性に奢ってもらうのは悪いと思っていることもあります。また大好きな彼氏のために自分も支払いをしようと思っています。その場合は、20代女性でも負担にならないような金額を請求してくれるといいのですね。例えばデートで彼氏が出すのは5000円まで、それ以外は彼女が出すとか。やっぱりデートを維持するには、デート代は5000円ぐらい奢るので十分です。

記念日はやっぱり


記念日のデート代は全額彼氏のおごりいつもは彼氏がすこし奢ってくれて、予算を出た分は自分が出していた場合でも、記念日になると全額彼氏が奢ってくれた方が嬉しいです。記念日のデートというと誕生日や季節のイベントという時になるでしょう。レストランも特別メニューを選んだり、少しいつもより予算が高くなります。それでも記念日は彼氏に全額奢って欲しいと思うもの。そのために日ごろのデート代の出費は押さえてでも記念日に備えたいと思うほどなのです。