営業で働く社会人の出会いとは?

多忙な営業マン、女性と出会う場所は?

営業で働く社会人は多忙なものです。

新規開拓だと電話攻勢、飛び込み営業をやらされ、車、電車で重いサンプルやパンフレットを持たされます。

お客さんが仕事をしている5時までは外回りをして、帰社してからは仕事の手配で残業をします。

お客さんから、なるべく早くと急がされ見積書を送信すると、他社にもう決まったから要らない言われることも珍しくありません。

営業は全て数字で成績を管理されています。

どんなに努力をしても売上げに結果が出ていないと評価されません。

肉体的にも精神的にもストレスが高く、多忙な営業の仕事をしていて果たして出会いはあるのでしょうか。

営業助手の女性社員はあなたをよく見ている

営業マンの仕事ぶりを一番近くで見ているのは、営業助手の女性社員です。

あなたがせっかく頑張った努力が報われない時があるのも見ています。

また、別の営業マンが偶然大きな契約を取って大手柄を収めた自慢そうな顔をしているのも見ています。

あなたが夏の日にもかかわらずスーツで汗だくになって帰ってきたその姿も見ています。

あなたのしている仕事の苦労を一番理解してくれているのは彼女かもしれません。

あなたへの好意がある彼女は、あなたが愚痴をこぼしたとしても、特別な笑顔でにっこりと笑って励ましてくれます。

また仕事柄、いろいろと知っている取引先の裏情報も教えてくれます。

そんな彼女ならお礼に夕ご飯でもと誘うと、きっとついてきてくれるでしょう。

取引先の受付、総務の女子社員との出会い

それから、営業マンは取引先に打合せや売り込みのためによく出かけます。

今日の商談はうまくいくだろうかと緊張した表情で待っているあなたに笑顔で微笑んでくれるのは受付や総務の女性社員です。

暑い日は冷たいお茶、寒い日は熱いお茶で接待してくれます。

お客さんが出てくるのを待っている間、今日は暑いですね、冷えますねと世間話をしてくれます。

こちらからも積極的に声をかけてみましょう。

女性社員は同じ会社の男性だと、いろいろなしがらみがあって親しくなれないことも多いのです。

その点、外部から来たあなたの方が彼女の気持ちに寄り添えるかもしれません。

だんだんと仲良くなっていけばデートに誘える日もそう遠くではありません。

同僚の営業担当女性社員との交際チャンス

最近はお客さん受けがいいという理由から、女性の営業担当者も多くなりました。

彼女は営業前日に客先で使うプレゼン資料の準備をあなたと夜遅くまでしています。

取引先では一生懸命プレゼンをこなし、選ばれたら素直に喜んでくれます。

もし今回のプレゼンで失敗したとしても彼女とあなたは次回に生かすために何をしたらいいのだろうかとまた一生懸命考えます。

朝から晩まで仕事は彼女と一緒、喜びも悲しみも彼女と分かち合います。

会社にいてずっと意気投合して仕事をしているので、家族よりも心理的に近い存在です。

一緒に飲みに行くのにもハードルが低く、お互いに仲良くなるのも早いでしょう。

あなたらしくいられる場所で静かに過ごす

朝から晩まで疲れ切って、接待も終わり、営業マンのあなたは得意先で飲めなかったお酒をゆっくりと深夜のバーで楽しみます。

バーテンダーの女性がにっこりと、「お疲れですね」と話しかけてくれます。

男性だけが対象で賑やか、多くのお客さん対象のキャバクラより、女性バーテンダーはお客さん一人一人のその日の様子を見ています。

言葉少なに、その日のお客さんの気分に合わせてシェーカーを振ってくれます。

疲れた営業マンはここでは無理して自分のテンションを上げる必要もありません。

「実はね・・・」と等身大の自分を飾らずに出していける、そんな姿を女性バーテンダーに見せていくのは彼女と仲良くなれるコツかもしれません。

自分を売り込むことに遠慮はしないで

営業マンは取引先では自社製品の優れたところを必死にアピールします。

多少口下手でも頑張って営業している姿は男女双方から好感を持たれます。

営業マンは自然体でいいのです。

いつも自分が頑張って、さまざまな人たち、気難しい取引先と打ち合わせて鍛えてきたコミュニケーションスキルはハイレベルです。

合コンや街コンに行ってもそのまま飾らない自分を見せましょう。

営業マンは自分という最大の商品を売り込むプレゼンテーション能力に長けています。

ですから営業マンは、自分らしくいてもきちんと評価してもらえるということに自信を持ってどこにでも出かけましょう。