出合いは社会人にないものなの?どんな女性と出会いたい?

社会人に出会いがないのは本当か?

いつの時代でも学生の口からは出会いがないという言葉を聞くことがありませんよね。

学生時代に出会いがないなんと口にしたこともない彼、同一人物でも社会人になると出会いがないと口にしだすことがあります。

それは本当なのでしょうか?またどうして、社会人には出会いがないのでしょう?
一般的には、社会人は多忙でいろいろな制約を受けますよね。

例えば、いつもは様々な法律を守りながら生活をしていると言えます。

そして、通勤場所から出入りする場所までマンネリ化されており、職種ごとに限られていることが多いんです。

物理的にしがらみがあると、精神的、脳でも規律を重んじるようになり出会いがあっても理性ばかりが働いて、第六感が鈍ることがあります。

実は社会人には多くの出会いのチャンスがあることに目覚める

社会人は自宅を出てから会社について、また自宅に戻るまでの間、頭の中は仕事のことでいっぱいですよね。

でも実際は1日の生活の中でも数多くの人と接している上に、女性の数も多いです。

なのに男性が仕事脳モードになっている限りは、どこで誰と出会っても出会いがないなあという感想を抱くことになります。

コンビニの店員さんと出会っても、買い物の清算を行う人というように認知しているからです。

これは仕事を行う上では正しい脳の使い方になるのですが、出会いを求めているときは出会い脳はオフに切り替わっている状態なので、誰と出会っても恋愛対象にはならないのです。

同僚を食事に誘って反応を見る

多忙な社会人が仕事脳になっているとき、恋愛相手を求めるならば同じ職場の同僚であるとか、仕事関係を通じて異性と仲良くなる方が近道です。

彼自身がそれを選んでいるとも言えますが、職場の同じチームの女性に目をつけたら、あとは仕事の帰りの夜、食事に誘えば相手がどう思っているのかわかりますよね。

女性の方が仕事関係のお付き合いしか考えられないというスタンスを取ることがあれば、そこで終了ですが、プライベートとして食事に応じてくれたなら、女性の方も嫌いではないというシグナルになります。

食事に応じてくれたなら好意があるとは限らないので気をつけるようにしましょう。

おごってくれるなら食事に付き合うとおう考えの女性も多いものです。

自分のニーズを知り出会いの場を探すこと

社会人は仕事中心に考えているので、目の前の女性を認知できない。

そのためにいつの間にか、出会いがないということをいうハメになるのですが、それは当人の問題でしかないというお話です。

そもそも、彼女が欲しいと願っているのかどうかも疑わしく、彼女とどうしたいのか?性欲を充したいだけなのか、それとも将来結婚相手を探したいのか、男性自身、ニーズを把握するということが大切なのです。

中には、どこかで出会って一目惚れをした後に告白して付き合う、結婚まですすむカップルもいますが、突発的に女性の顔に一目惚れをしてしまい声をかけた結果どうしたいのかわからずに、もっと会いたいといいつずけた結果結婚に至ることも多いようです。

どんな属性の女性と出会いたいのかを決めておくこと

出会いがない上に、一時的な感情に振り回されたくもないのなら出会いたい女性像を明確にしておくといいでしょう。

例えば、コンビニでアルバイトをしている女性は学生もしくは既婚者の主婦である場合が多いですよね。

外見に振り回されないためにもコンビニでの出会いは求めないというように、自分のポリシーに応じて決めておく方法をおすすめします。

このような方法をとるとコンビニであっと思えるような容姿の女性に出会っても、無駄な時間をさいて考えたり迷う必要もありません。

時々、コンビニで出会った女性といい感じになってから、女性が既婚者であることが判明したというパターンもありますから、こうした決心は多忙な男性におすすめです。

結局出会いの数よりもポリシーや信念に問題

理性的にパートナーを得るための方法を考える人は、出会いがないとは言わないものです。

どこにいけばどんな女性がいるのかは頭で考えるだけで概ね予想がつくからです。

先述したように性浴を解消したいときは風俗にいく、堅実な女性と出会いたいときは結婚相談所に登録をして活動を行う、自分の目で確かめた女性がいいなら職場の同僚、野心的に女性の属性を利用したいならば上司は自分よりも上の立場のものに紹介してもらうというようにです。

出会いがないのではなく、出会いがないという言葉はイコール出会いを考えることができない、行動できない、決められない、という意味の言葉に置き換えて解釈することができるのです。

出会いがないなんてもう口にしない方がかっこいいですよね。