社会人の出逢いはバーにある!

出会いが欲しいならバーに行くべき

社会人になってから出会いが少なくて困っていませんか?毎日会社と自宅の往復だけでは出会いは見つかりません。

新しい人と出会いたいなら、新しい環境に身をおくべきです。

そんな出会いに困っている若干の方々におすすめなのが大人の社交場、バーです。

多くの人々が出会いを求めて訪れるバー、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
一人で行くのがハードルが高いのであれば、最初は友人と二人で出掛けるのもいいいのではないでしょうか。

二人であれば、同じように二人連れできている女性グループに声をかけやすくなります。

コミュニケーション能力に不安がある人も人数がいれば盛り上がりやくすなります。

気になる人の近くに座れる、席を選ぶのはあなた

居酒屋と違いバーではほとんどの場合席を自由に選ぶことができます。

居酒屋では一度席に座ってしまうとなかなか他には動けないものです。

最近は目隠しをするところも多いので余計に声がかけにくい状況です。

今まで声をかけたい相手がいたのに、席が遠いから声をかけられない。

わざわざ近くに座り直すのは恥ずかしいと感じたことはありませんか?
バーであれば身軽に席を異動できます。

またカウンターにすわればお互いにより差近距離でいられる利点もありながら、正面から見つめ合うことがないためより気軽に話をすることができるでしょう。

アルコールでコミュニケーション力アップ

お酒を飲む場所であるバーでは皆アルコールでテンションが高めになっています。

一人静かに飲んでいるひとでも、アルコールを接取していることにかわりはないので声をかければ話が弾みやすい事請け合いです。

また自身も開放的な気分になっているため、普段は他人に話しかけられないような人でもアルコールの力を借りて話しかけることができるでしょう。

ただここで気をつけてほしいのが酔っぱらいすぎないということです。

飲む量を適量に抑え、ほろ酔い程度で話しかけないと酔っぱらいが絡んできたと思われてしまいます。

あくまでもアルコールの力は借りるだけで、頼りきりにならないように気をつけて下さい。

行きつけのバーをつくろう

バーに出会いを求めるのであれば、行きつけのバーを作るのが一番です。

最初は色々な場所にでかけバーの雰囲気を探ってみてください。

しかし最終的には1つか2つのバーに絞り常連客になる努力をすることをおすすめします。

常連客になればバーのマスターやボーイと仲良くなり他の女性客の情報が手に入ることもあります。

バーのマスターはお客様の悩みを聞くことも仕事のひとつです。

女性客がお酒を飲みながらこぼした愚痴もしっかりと聞いています。

あらかじめあなたがバーには出会いを求めてきているとマスターやボーイに伝えておけば、常連客のあなたのために彼らが気を効かせて紹介してくれることもあるでしょう。

出会うならこんなバーがおすすめ

立ち飲み形式のスタンディングバーは出会いの場としておすすめです。

そもそも座っていないので身軽なことこの上ないです。

バーで居酒屋のように沢山の料理を頼む人はいないでしょう。

お酒を片手に気になる人の近くへ簡単に行けます。

スタンディングバーは堅苦しくないお店が多いのでフランクに話しかけやすいでしょう。

次におすすめなのが個人経営のバーです。

常連客になるまではちょっと肩身が狭いかもしれませんが、最初はバーのマスターが気にかけて話しかけてくれることが多いのでそんなに緊張することは無いと思います。

マスターも常連客が増えれば嬉しいものです。

バーは気軽な出会いの場

出会いを求めてバーを訪れている人が多いとはいえ、あまりにも積極的すぎる態度は嫌われてしまいます。

あくまで気軽な出会いの場として利用してほしいと思います。

きっかけを作るには積極的すぎず、消極的すぎない態度が肝心です。

もちろんバーのマスターからの情報収集も忘れないようにしてください。

最初に話しかけた女性がつれない態度だからと言ってそのお店全ての女性がそうだとは限りません。

少しずつ経験を積んでどうすれば女性を気を引くことができるのか、より近い関係になれるのかを探っていくのも面白いです。

毎日同じ行動を繰り返していても新しい出会いは生まれません。

是非バーに出かけてみてください。