無職でも出会うことができるのか

無職の出会い方にはどんな出会いが多いか?

リストラ。

急に無職になってしまう可能性は誰にでもあるものです。

昔はサラリーマンから独立して、飲食店を開業するという人が多かった時代、今や独立は当たり前です。

無職の頃を支えてくれた友人を妻にするというパターンも多いです。

無職では異性と出会うことはできないのか?といえばそうではありません。

無職の出会いにはどのような出会いの機会が訪れるのか?まとめてみました。

収入があれば無職でも大丈夫、必要なのは若さと収入です。

収入があれば無職でも出会いは得ることができるという点に着目して恋活を初めて見る勇気が大切です。

婚活パーティ、結婚相談所サービスも利用可能

無職の男性であれども、不労所得があれば婚活は可能になります。

結婚相談所サービスや婚活パーティに参加する費用は不労所得から支払うことが可能だからです。

要するに、お金があればサーヴィスを利用することができるのです。

婚活パーティ、結婚相談所サービスでの職業は、無職というと良い印象は持たないので、できれば不労所得の役職を記入するようにします。

異性から、ご職業は?と訪ねられた時でも無職ですとは言わずにおきます。

将来の展望を語るよりも現時点で実家が商売を営んでいるのであれば、正直に〇〇屋で修行中という言い方をすると好印象ですよ。

無職でもお金がない人はまずは定職についてから

無職の男性でもお金がない人は出会いは求めないようにしましょう。

無職で職安に通いつめているんだという人、バイトでしのいでいるという人もいますよね。

こういう方はまず定職につくことから初めます。

女性と出会いたい、一時的にでも遊びたいというなら夜の世界でお金を支払って遊ぶようにしましょう。

職についている人といない人の差は人生において長期的視点で異性と人生を歩むことができるのかどうか?という点です。

お金を支払うことで一時的な出会いを得るのは無職の方には許されていますが、人生の伴侶を得ることは許されませんよね。

若い頃の無職は将来性に期待できる

20歳まえ学生時代に出会った異性とお付き合い、結婚しているカップルは無職の頃から夫を支えたという女性が結構いるものです。

奥さんが働きもので、奥さんに時々食べさせてもらっていたということもあるのです。

今でいう紐男ですが、若い頃ならば美談として許されていますが、アラサーにもなって女性に食べさせてもらっているようでは、離婚決定です。

ほとんどの男性は若い頃に支えてもらっていても、加齢とともに出世を果たしてゆき、家族を養うまでになっているのです。

無職でも若い頃の苦労は許される、しんどいことは早いうちに経験しようという教訓です。

許される無職は出会いがある無職

大抵無職というと評判がよくありません。

今や女性でも無職の女性は怠け者扱い、あるいは能力がないと見られることも多いのです。

無職になるなら、マンションや土地の地主として不労所得があるとか、収入の確保が必要になります。

収入があれば、高額な結婚相談所サービスへの登録も可能となるからです。

まとめると、無職の男性が出会いを得るチャンスは苦労ができる若い頃であること、不労所得で収入を得ていること、前提です。

最近は独立を志す人も多いので、一時的な無職は問題にはなりませんよね、ただし、何年も無職であることは女性受けは悪いです。

良い出会いは仕事をすることから生まれる

女性は、男性には生涯働いてもらいたいという人が多いものなので無職という位置では、相手にされないでしょう。

実家がお金持ちで不労所得があるので働く必要もないという人もまた、人間的に魅力がないつまらない男だと思われます。

無職は男の致命的損傷、無職の男性が異性との出会いを求めるなんて赤ちゃんがお母さんを求めることと同じです。

無職の出会いはないと思うべきです。

ただし、お金がある人はそれなりに出会いもありますが、良い出会いではない、お互いを成長させるような出会いではない可能背が高いのです。

良い出会いに期待したいなら、仕事で人間を作るプロセスを踏まなければなりません。