薬剤師が出会うために必要なことを元薬剤師が教えます

薬剤師が出会いを求める時の心得

女性比率が高い薬剤師ですが、男性薬剤師さんも地味ながら存在しています。

女性薬剤師ならば女性でもすごいんだな、という印象を与えることもありますが、男性の場合男性社会において医師よりも低く、レントゲン技師的な位置で受け取られることも多いです。

決してモテるとは言えない薬剤師が出会いを求める際、モテるようになるコツは工夫が必要です。

そのままではダメ、よほどお見合いの場で、高収入、条件が低くて女性を選ばないイケメン、どれかの条件に該当するようなタイプであるなら別ですが、ブサメン、普通の男性で性格が真面目すぎ、収入も女性と変わらないような条件なら、学びが必要です。

真面目すぎる印象を払拭しよう

女性が受ける印象を払拭するためには、目の前の相手方が自分のことをどんな風に見ているのか?を分析して悟る必要があります。

薬剤師の男性といえば、自分のことを生真面目と思っているとか、つまらない男と感じているなど、悪い印象も全て含めてリサーチします。

印象は女性次第、真面目すぎる男性のことを理解する女性もいるよという気休めは考えず、8割がたの女性が受ける印象を獲得しておくだけで、策を練ることも可能になるからです。

演じるキャラが決まれば成功率も上がり、モテる可能性も高くなるのです。

出会いを求めるならば、社交的になるということです。

出会いの場に顔を出すこと

医師の合コンに入る可能性は低い薬剤師、薬剤師の合コンは聞いたことがない人も多いです。

他業種の人との交流を求めて多くの機会を利用してみましょう。

友人、知人の合コンがあれば必ず100パーセント顔を出すこと、婚活パーティにも参加するようにすれば出会いの数は多くなります。

合コンで一度に出会えることが可能な異性の数は5人程度まで。

たった5人なのです。

しかしながら、婚活パーティーに参加すると一度の機会に出会える可能性がある異性は30人程度にも増えて行くのです。

地味な職業柄、モテるためにも出会いの場に顔を出すことは必須です。

なるべくバカに努めるようにすること

仕事上では真剣でもいいですが、合コンや婚活パーティの場ではバカになることも必要です。

頭が切れる人や学歴だけを積んできた人にも同じことが言えます。

相手方の女性の前で、周囲の女性の前でバカになる努力をしましょう。

例えば、いつもは、そんなことも知らないの?という口癖があるとしても、合コンや婚活の場ではぐっと堪えます。

当たり障りの良い誰にでも優しく接することができる人柄を演じるようにします。

きつい個性を隠すのは女性を騙すことではなく、合コン以外でも今後の人付き合いで自らを修行させるためにも必ずや必要です。

顔つきが悪ければ改善するべき

お見合い、結婚相談所での出会いならば、多少の個性は目をつぶってもらえることが多いものです。

例えば、職業重視の場合、ビジュアル上は優先順位が低いことも多いです。

でも合コンや紹介を利用する場合、ビジュアル上はかなり問題となります。

とくに造形がいい悪いではなく、目つきが悪い、暗い、細かい、か細い、ひよわそう、神経質そうというマイナスに見える印象をはらっておく必要があります。

同性の友人に見てもらうとか、専門家に見てもらうという方法もあります。

できるだけ、マイナスな個性、職業上の胡散臭さを感じさせない努力が必要です。

モテたいなら世間をよく知るべし

薬剤師さんにかかわらず、一定職についていれば世間のことを知らない人も大勢います。

専門的な知識はあるけど、教養がないとか、低いとか、自分の見解を持たないというような男子です。

世間白砂異性と付き合いたい人はいませんから、運動が苦手で趣味にスポーツを排除しているとか、夏場も長袖をきて屋外にでて日光を避ける、休日は家にこもる、こうしたマイナスの偏った生活習慣や癖も見直しておいたほうがいいです。

これは他業種の人と関わることで改善されることもあります。

目的は趣味、ビジュアル、社会性などバランスが取れている人になることです。