出会ってメールアドレスの交換をするためのコツとは

出会ってから相手とメール交換したい、そのコツは?

合コン、紹介、一目惚れ、などなど出会いの方法はいくつかありますが、いずれも急にいきなりメールアドレス教えてなんて聞きにくいものですよね。

無粋な男は嫌われることは確かですが、ガツガツしている男よりもさらに嫌われる男は、勇気のない男、タイミングを逃す男です。

これはもうどうしようもなく不器用ですが、相手の異性からしてもしも同じように連絡先を交換したいなと願望を抱いていたとしても、鈍感でタイミングの悪い男は見放される可能性が高いです。

せっかく両思いでも、勇気がない、その気がない、さほど熱意もなければ大したことではないのねと思われてしまいます。

打てば響く反応の良さと会話力で異性に希望を持たせる

ここではもしも初対面から両思いの2人であった場合のケースをまとめてみました。

異性が連絡先を知りたい、お願いと遠回しに言ってきたとします。

それは仕事関係の時かもしれません、大義名分を使って資料を返したいから連絡先教えて?と伝えてきているのに無関心を装っている場合、これはもうドン引きされます。

異性は、望みがないんだ脈なしか。

という印象を持ちます。

これまで希望を持っていたとしても諦めてしまう可能性が高いです。

それまでに他の異性と会話が弾めば、もう他の人になびきます。

これはもう当人の鈍感さが原因なので自業自得です。

打てば響く感の良さが要ります。

連絡先がないなら素直に伝えるべし

ラインを使わない、メルアドを持たないということであれば、もうすぐに連絡先を交換することができませんよね。

その時なにも言わなければなにも伝わらないので、異性は自分に興味がないんだなと判断します。

実は、後々メルアドを作成してラインも使えるようにしたとしても、もうすでに手遅れなのです。

このように、ワンテンポ遅れている人はどうするべきか?というとまず、その都度その都度、今はメルアドないから今度渡すねと一言伝えておけばいいだけです。

これができないのか、それともしないのか、説明しないので相手方に失望されてしまうのです。

駆け引きはやめるべし。素直にメルアド教えてと聞く

ややこしい駆け引きはしないようにするべきです。

もしも、相手のことに興味があるなら素直に連絡先を教えて欲しいと言うべきです。

ここで、いろいろな渡し方がありますが、操作にもたつくようであれば、名刺のメルアドを記載しておいて渡せばいいのです。

合コン前やデートの前に名刺を準備しておいて渡すようにしましょう。

この方法が一番スマートで社会人らしいですよ。

女性のメルアドが知りたいとき、名刺に書いて?といえばいいのです。

渡すことができればいいな。

ではなくて、今日は連絡先を必ず交換するという勇気や勢いが必要です。

相手の目の前で送信テストをするべし

昔はよくメルアドを聞いたけど送信できないというミスがありました。

その後に赤外線送受信が開発され、利用されてきました。

もしも、合コンなどで相手のメルアドを手に入れた時は目の前でテストメールを送信してみるようにしましょう。

そうすれば一回目のメールはすでに済んでいることになり、次回から気軽にメールを送信できるようになります。

勇気を持って感度良く、スマートにやり取りしたあとは重たくならないように気をつけます。

好きなら緊張するかもしれませんが、最近ではたかがメルアドの交換であまり重たくならないようにしましょう。

素直に聞けばいいだけ、重たく考えないこと

メルアド教えて?と聞けばいいだけなのに、いちいち重たく考える人がいます。

どうして声をかけてきたの?と。

合コンではないのに連絡先を聞かれる相手も迷惑でしょうか。

これは出会いを求めていない人なら迷惑行為ですが、相手も同じく出会いたいと望んでいる異性なら別です。

これはウエルカムな行為です。

さらに相思相愛の相手なら是非に、こちらも教えてください。

交換しましょうということになりますよね。

ただこれだけの会話ができないのであれば、出会いは諦めた方がいいでしょう。

ネットで顔を合わせずに出会う方法など模索する方をおすすめします。

対人関係では少なくてもコミュニケーション能力がいるものです。

素直に聞けばいいだけです。