社会人が見逃してはいけない出逢いのシチュエーションまとめ

社会人男性のリアルな出会い方と成果

夢物語でもないリアルな社会人男女の出会いのシチュエーションをまとめました。

出会いの可能性があるシチュエーションから、リアルで出会いを果たして成功し、お付き合いから成婚に至ったという流れをまとめています。

出会いなんてどこでもあるでしょう?と言われる理由がこれでわかってもらえることでしょう。

普段から出会いがないと叫んでいる男子諸君は出会いを放棄していることに他ならないのです。

口から出会いがないと履いた途端、自分はモテないし女性と出会う気がないと公言していることと同意語であると思いましょう。

リアルな出会いは多いのです。

公共機関でも出会いを見逃さないこと

日々電車やバスを利用してアクセスしている社会人男性がほとんどですよね。

自営業として自宅で仕事をこなすという人、スポーツ選手など特殊な業界に身を置いている人以外は、他人と顔を合わせる機会が毎日あるはずです。

そして、時にはいつもと違う地下鉄の路線を利用することもあるでしょう。

その時、同じ車両の目の前に魅力的な女性が姿を表したとしたら。

多くの男性が機会を見逃してしまいますよね?そこで、よほどの満員電車でもない限りは声をかけるチャンスがあるはずです。

ここで、声をかけた人は出会いのチャンスを手に入れる可能性があります。

女性の単独行動ではナンパの成功率が高い

見た目年齢、左手の指輪の有無を見極めたらあとは声をかければいいのです。

電車内でのナンパなんて恥ずかしいし、なにもここで出会う必要はないと考えれいるのならば、無視しても問題はないでしょう。

あの時の女性、声をかければよかったな。

とは後悔しない人はそれでもいいはずです。

初対面でのナンパは、好きなアーティストのライヴを訪れたとき、美術館などを訪れた時にも該当します。

こうした女性が単独で行動しているときはナンパのチャンスです。

しかしながら、真剣な相手とみてナンパするためには、男子自身もスーツ姿や正装で挑まないとダメです。

外見、服装が社会人として怪しまれるように、正しく準備できていない状態なら、諦めましょう。

友人の結婚式の披露宴会場

地元で恋活や結婚相手を探したいということであれば、地元の同級生の結婚披露宴や二次会での出会いを設定することができます。

あらかじめ、友人に依頼しておいてもいいですよね。

同性友達の結婚式で彼氏、彼女と出会いを果たしたカップルは大勢います。

中でも20代半ばから後半までの年齢層が多く、数年つきあって結婚というパターンです。

同性の友人に異性を紹介してと依頼したとしても、友人の彼氏よりも高スペック、好条件の異性を紹介されることは少ないので、結婚式に自ら出向いて出会いを求める方が賢いようです。

親友相手なら依頼しておいてもいいし、信用できないなら目的を言わずに虎視眈々と参加すればいいのです。

友人の輪で知り合う方法

よく友人の紹介で知り合いました。

というパターンにもふた通りあります。

まずは、一対一としてお見合い相手のように異性を紹介される仕方です。

これは、結婚相手の紹介のように相手方との相性を見極めるには最高なのですが、カップル不成立となるとトラウマになったり、面倒が多いです。

そこで、リアルで友人の輪で知り合う方法で最もカップル成立、そして成婚率が多い方法は数人のグループ交際で遊ぶメンバーからスタートする方法です。

これも、仕掛け人がこの2人は相性がいいからくっつきそう。

という感じでメンバーを誘うこともありますが、グループ交際の方が気楽にお互いを知ることができるのです。

リアルの出会いはとても地味なものが多い

リアルに出会う男女はとても地味なシチュエーションで出会っているものです。

数人で輪ができたのでみんなで遊んでいるうちに、彼氏とひっついて結婚したというパターンが多いです。

既婚者である経験者に話を聞くと、職場の中でもみんなで輪ができてあーだこーだと遊んでいるうちに、ひっつくそうです。

当時、サングラスをかけた男が嫌いなのにできちゃった結婚したという女性もいましたが、結局はある程度人恋しさを抱いている寂しがりやさんがカップルになりやすいということのようです。

リアルな出会いはごく普通に近くの人と親密になるシチュエーションが多く、ロマンティックなものとは遠いようです。