パートナーを探せ!エリート社会人は生涯のパートナーとどこで出会える?

エリート社会人がパートナーを得ることができる機会

社会人カップルの出会いを統計にしたらほとんどは学生時代に出会っていたり、職場での出会いが多い結果になるようです。

特に、エリートと呼ばれる人たちは学生時代に出会った同級生と結婚していることが多いことが知られています。

エリート学生は男子校を選んでしまうと、大学で知り合うか、職場で知り合うかのいずれかに限られてしまうのです。

運がよければ大学の同級生と結婚できますが、男子率が高い学校を出ていたりまたは個性的すぎて女性を寄せ付けないタイプの男性はいつまでも独り身、独身ん率も高いようです。

こうなるとあとは家族が紹介してくれたお見合いに頼る方法があります。

学校、職場結婚ができる人とできない人の差

運がいいのかモテる努力をしていたのか、エリート男性が学生時代の同級生と付き合って結婚している背景には、エリート男性は学業や仕事に追われるので恋愛、恋活などに長期間時間と金銭、エネルギーを注ぎ込むことができないことが理由の一つです。

学業、仕事にエネルギーが向くので女性関係には関心が薄いということもあります。

いわゆる、人生の目標があるのでなにに時間を費やすのか?ということをわきまえているのでしょう。

一方、エリートくんでも、パートナー探しに大変な苦労をすることがあります。

学校から職場、プライベートまで女性には縁がなくモテない、そして適齢期になりお見合い相手が現れて振られつずけるのです。

こうした差はどこで生まれてくるのか?
といえば性格の差、勉強以外の賢さの差であることが多いです。

ダメエリート君は何十件のお見合いで出会うしかない

モテないエリート君とパートナーがいるエリート君の差は性格、賢さ、素直さだという話です。

モテてもエリート君の学歴や職歴があればいくらでもお見合い相手は現れます。

でも、お見合いしてもお断りされつずける、時々女性の方からお付き合いしてもいいという返事をもらえても断るということをします。

こういう傾向がある男性は、性格がひねくれているとか、到底理解できない考え方をすることが多いです。

大学院まででていて周囲に女性がいないという場合、合コン、婚活パーティ、個人的なお見合いは断りする方が女性自身のためなのです。

こうしたダメエリート君に相性がいいのは海千山千の手強い女性です。

お見合いを繰り返していればそのうち出会うことでしょう。

それしかありません。

友人の紹介で出会った男女の特徴

社会人の成婚率で多い友人の紹介、これは友人の紹介だからという信用が大きいです。

でも時には落とし穴もあります。

友人と言っても責任感のない友人からの紹介は絶対に受けない女性ですから、責任感の強い人に依頼するしかありません。

友人の紹介で出会える男女は周囲との付き合いも良くて、ノリがよくコミュニケーション能力も高い人たちです。

体育会系のサークルを好む活動をタイプが多く、内気なタイプには少ない傾向かもしれません。

紹介で出会った分、オプションもつきものです。

親族の紹介で出会うと親戚の縁がついてくるので、結婚後もお付き合いはあることになります。

こういうしがらみをこのめる人と煩わしいと感じる人の差が大きいです。

職場の同僚が多い職業

私たち同じ職場の同僚同士で結婚しましたという男女が多い職業は公務員であることが多いです。

公務員の中でも教師同士の結婚、地方の行政の同じ課内での恋愛結婚が多いようです。

公務員は学生時代からの友人という関係なら他業種の女性とも付き合える可能性がありますが、社会人として出会うとなれば休日が合わないということからも、ミスマッチです。

さらに公務員はアルバイトや仕事の掛け持ちができないつまり兼業で働くことができない決まりがあるので、収入もごく限られているというデメリットがネックとなり、理解を示してくれる同業者とのカップリングが多いです。

出会いの場よりも重要なこと

結婚を視野に入れたパートナーとの出会いは適齢期になってから見つかるものではないようです。

学生時代から付き合って数年、そろそろ結婚しようかという感じで気心が知れた相手と結婚していくことが多いです。

また社会人男性でも遊びが好きなタイプや色恋を楽しみたいタイプは、損得感情で近ずいてくる女性との電撃結婚が向いています。

愛を育んで結婚ということではなくて、割り切った男女関係がお似合いなのです。

自分はどうな相手とどういう結婚が向いているのか?ということを念頭において婚活、あるいは恋活の行動をするようにしておくと、望んでいる結果が得られやすいでしょう。