社会人が女性との出逢いで気を付けるべきポイントとは

社会人男性が女性と出会う時の注意点

社会人男性たるもの、出会いの印象から声をかける時、女性とお付き合いするとき、一度きりのデートの時にも注意しておきたいことがたくさんあります。

例えば、第一印象をよくするためにもファッションコーディネートがそれなりにリッチでなければなりません。

ハイブランドの洋服を選ぶのではなくて、一点主義でもこだわりが感じられるようなセンスの良さを身につけることです。

シャツにアイロンがかかっていないとかは絶対にダメ、クリーニング点でワイシャツを出していつも襟をただしたシャツをコーディネートするようにしましょう。

あとは汗だくで仕事をしても大丈夫です。

襟をただしたシャツをコーディネートすること

よく、仕事ができる人は足元をみればわかると言われるように美しい靴を履いてい男性はお金持ちだという都市伝説が出回りました。

現代ではほとんどの人が足元のおしゃれにこだわります。

中には企業戦士全体が同じような靴を履いている会社もあります。

オフィス勤務の事務職でも靴にこだわりがあるのです。

これは逆効果で、大したことがない男性なんだという印象を与えてしまいますよ。

念珠を腕にコーディネートしている人と同じで実は見せかけの人物だという疑いをもたらす原因にもなります。

靴はほどほどのものが良く、あからさまに若いのに良い靴を履いていても豚に念珠状態に見えるので注意します。

靴よりもシャツの清潔感の方が重要です。

ハイブランド腕時計、一般人は必要なしの理由

独立してユニークな仕事をしているなら別ですが、日本社会においてサラリーマンがハイブランドの腕時計をしていたりすると、女性は何者なのか?という印象を受けてしまいます。

とくに、大衆の女性と出会う男性ならば、ハイブランドの腕時計は必要がないし、ありえないことを世間を知る女性であれば熟知しています。

また、ハイブランドの指輪、結婚指輪をつけている人も理解されないでしょう。

小売店の販売員に、ハイブランドのゆびわをはめている男性がいましたが、ジュエリーショップでもない限りは、この人どんな仕事をしているんだろう?という印象を与えることになります。

恥ずかしがってはいけない理由

学生が初合コンに参加して恥ずかしそうにしていれば、この子可愛いという印象も持ちますが、30代前後の社会人男性が恥ずかしそうにしていても女性は面倒なだけです。

女性は男性から積極的に声をかけてくれることを望んでおり、レディファーストとして当たり前の行為だからです。

出会いの場が合コンでも婚活パーティでも、もじもじ君はくるな。

とさえ思ってしまいます。

口には出していなくても、とりあえず美人を狙う男、とりあえず会費の元をとろうとする男、美人が声をかけてくれないかなと夢を見ている男、頭の中でこうした消極的なことを考える人も行動に移さないので相手にされにくいです。

アラサーなら、顔つきを意識しておくべき

アラサーにもなればもう生まれつきの顔で出会いを求めてはダメです。

社会人として作られた顔で出会いを求めなければなりません。

人は安心していたり、人に身を委ねるときにはボーと気が抜けることがありますが、そのままの表情で女性の前に現れてはダメです。

頼りたい方は女性側なので、しっかりと頼りがいのある男らしい表情をする必要があります。

生まれつきの顔が通用するのは、20代半ばまで大学生までです。

なよなよした印象を与えたり、反応が薄い、決断力がない、思いやりがない、意志がない印象を与える言動もしないように気を引き締めましょう。

金銭的負担よりもしっかりしたところをアピール

社会人男性として出会いを求める時に心得ておきたいことは、第一印象を決定つける身だしなみのことを中心にまとめました。

足元の靴は営業マンならばある程度、すり減らしているはず出し、社長でもないのにキメすぎる靴はかえって偽物と思われてしまうのです。

靴よりもワイシャツの出来栄えが印象を左右します。

ワイシャツはアイロンがかけられているのかどうかということ、汗染みがないこと、襟を正してコーディネートしているかという点を見ている女性は多いです。

そして顔の表情も洋服と同じで重要、女性の前で甘えたような顔をしたりしないように、下心が丸出しの男性もまた嫌われてしまいます。

冷たい目をしようということではありませんが、社会人らしく、引き締まった顔を心がけるようにします。