筋トレしてもモテないんだけど!なんで?そんな男の特徴はこれだ!

筋トレしててもモテない男の特徴4選

筋トレしていても、ムキムキになってもなぜか女性にモテないあなた。

体を鍛えてモテたいという意識の高さは認めます。

ですが方向性が間違っていませんか?
自分ではモテたいためにやった筋トレがもしかしたらモテない特徴へと変わっている可能性がありますよ。

女性は一概にマッチョだからと言って好きという発想にはならないからです。

せっかく鍛えているのに、モテ要素を考えずにやっているのはもったいありません。

モテない男にならないためにも、今の自分を見つめなおしましょう。

次にあげる4選に自分が当てはまってないかチェックしてみてください。

食事がストイックすぎる

筋トレに必要なのは、たんぱく質。

そうプロテイン。

筋肉の為にはとても必要な栄養素です。

そこに執着してしまうと、きっと食事がストイックになりすぎている可能性があります。

例えば、毎日ささみや、ゆで卵、ブロッコリーで生活していたり、飲み会などにもあまり参加せずにジム通いをしてしまっている、筋肉が付き合いに勝ってしまっていたりしませんか?
食事の面で付き合いが悪くなる場合には、デートはどうなるんだろう?など女性は考えてしまいます。

デートでもささみしか食べないとかなら本当に嫌がりますからね。

臨機応変に対応して、食事の面やお付き合いを良くするのも大事なことです。

肌が黒くなりすぎている

なぜか、男性がどんどん筋トレにはまってくると、肌が黒くなります。

それは、おそらく筋肉の浮き出方などが黒いほうが分かり易いからですよね。

ただ、冬でも黒い人はあまりモテません。

というか、ギラギラ感が強すぎるからです。

黒くてムキムキでモテている人は、そのほかのことで成功しているか、黒くてムキムキな人が好きな女神が表れたからです。

なかなか同じような人を探すのは難しいものです。

こんがり暗いならいいのですが、だんだん自分を見失うのも、黒くなりすぎているひとの特徴です。

ひとまず、周りの人の肌と比べてみましょう。

一人鏡で、体を自撮りしているだけで判断してはいけませんよ。

筋肉を鍛えすぎてスキがない

肌が黒すぎている、に引き続き、すぎているシリーズになってしまいますが、筋トレしすぎ、血管浮き出るくらいのムキムキな人、なかなかモテません。

というか、スキがないんです。

結局自分を鍛えることのできる人って、自己管理もしっかりできてしまっている人にみられます。

自分に厳しい印象になります。

そうなると、女性からそういう人をみたときには、人に対しても厳しいのでは?と思ってしまうこともあるからです。

近寄りがたいマッチョに仕上がるわけです。

それを補う、やさしいところや思いやりがあればモテ男に大変身できるのですが、自分はできるのになぜ、あなたはできない?的な発言でもしようものなら、きっとモテない男にバッチリになっています。

服が体に似合っていない

今まで着ていた服が、筋肉が大きくなるにつれてだんだん似合わなくなっていきます。

これに気づいていない人も多いのが筋トレしている人です。

スーツが体に合っていないサラリーマンは本当にダサいです。

体を鍛えることと服選びはとても大切になります。

自分の裸、つまり肉体に自信はあっても、毎日裸で歩くわけにはいきませんからね。

体が大きくなってきたら、ちゃんと似合う服も買いそろえてそこにも、モテる要素をプラスしていきましょう。

女性はギャップ萌えが好きなので、そうでもない人が脱いだらすごいというのに惹かれます。

逆にマッチョアピール服もNGです。

自分のサイズに合った普通の服を着こなして実は鍛えているといったほうがモテる男になるでしょう。

モテない筋トレ男子は少しの努力でモテ男子に変われる

筋トレしてもモテてこなかった人には響きましたか?
何事もやりすぎると、女性は引きます。

食事にしても、トレーニングにしても。

筋トレしたらイコールモテるという考えをまず捨てましょう。

確かに、まったく筋肉がないひょろひょろな人よりは守ってくれる筋肉があったほうがいいに決まっています。

何事も、やりすぎなくて、ちょうどいいところを見つけましょう。

筋肉をアピールしたくなるくらいまで鍛えている人は意外とモテない男の特徴に当てはまってしまいます。

ぐっとこらえて、まずはファッション、さりげない筋肉アピールをしていきましょう。