なぜかあの子に褒められる。これって脈ありと思っていい?

褒めてくれるあの子にキュン…脈ありだと信じたい!

気になっていた女性に優しく褒められたり、いつも気にかけて頻繁に褒めてくれる女性がいると男はキュンとしてしまいます。

嫌いな男を褒めるなんて思えませんし、「これって脈ありだよね?」と決め付けたくなるのも当然でしょう。

しかし、脈ありだと信じてしまって本当にいいのでしょうか。

よく考えてみると、好きな相手になら恥ずかしくて褒めたりなんてできないような気もします。

照れくさいからこそ「そうでもないじゃん」とかっこつけたくなったりして…ですから、褒めてくれる女性が必ずしも脈ありかどうかわかりません。

今回は、そんな風に頭を悩ませている男性と一緒に褒める女性について考えていきたいと思います。

女は馬鹿にする時も褒めることがある

実は、女って馬鹿にする時も褒めることがあるんです。

ださいファッションの男性に向かって「その服かっこいいねぇ」なんて褒めて、後から友達とクスクス笑って楽しんだりすることもあるのです。

褒められなれていない男性は、人に褒められるとすぐに好意的に受け止めて喜んでくれます。

相手が女性ならなおさら、「俺のこと好きなのかも!」なんて浮かれてしまうこともあり、意地悪な女性はおもしろくてたまりません。

ですから、女性に褒めてもらっても安易に脈ありとは決め付けないでください。

言う時の相手の表情やその後の行動に注意し、からかいなのか脈ありサインなのか判断しましょう。

弟分って思われていない?言い方次第では全く嬉しくない!

女性は弟みたいなキャラの男性に向かってよく褒めます。

「頑張ったね」「可愛いね」というように、言葉だけ聞けば嬉しい褒め言葉でそこには好意があるようにも感じられるのですが、言っている本人は全くそんな気がありません。

男だって馬鹿ではありませんから、言い方次第ではただ下に見られているだけと気づいて嬉しくはないはずです。

小さい子みたいに頭をなでなでされながら「頑張ったね」と言われたり、髪を切ってキマったと思ったのに「可愛いねぇ」なんてニヤニヤされたりはどうですか?脈ありでもからかうふりをしてごまかしながら褒める女性もいますが、相手が年上だったり上司であればすぐに脈ありと思うのは危険です。

自分のためになることをしてくれたら褒める女

自分が一番大切で、自分のためになることをしてくれたら褒めるというげんきんな女もいます。

仕事を手伝ってくれたら「すごいねぇ」と褒め、男性は浮かれてしまいますが女の心は「よくやった!」と言うだけで終わりです。

また、ほしかったものをプレゼントしてくれた時もそうかもしれません。

「気が効くね」と褒めてはくれますが、心の中では「でかした!」と思っているだけで特別な感情なんてありません。

ただ、それがきっかけで気に入ってもらい、本当に脈ありまで進展していく男女もいるはずです。

ですから、勝手な都合で褒めてくる女に対しても「自分が得したってだけだろ」なんて冷たく言ってはいけません。

もちろん「脈ありだから褒める」も大アリ!

もちろん脈ありだから褒める女性だってたくさんいます!
好きな人には喜んで欲しいですし、いつも見ているということや、頑張りに気づく自分を感じてもらいたいと思っています。

そのため、人が気づかないようなことこそ褒めたり、人よりも丁寧に褒めて自分は特別だと感じてもらおうとしたりもします。

女性が好意を持って褒めてくれている時は、どことなく恥ずかしそうにしているのでピンとくるはずです。

わかりにくい時はこちらが照れたりお礼を言ったりしてみてください。

すると、からかっていただけなら「誤解しないでよ!」と怒ったり、もう褒めてくれなくなったりします。

好意的な女性はモジモジし出すのでキュンキュンです。

褒められたからといって脈ありとは限らない

女性に褒められたからといって脈ありとは限らないとお分かりいただけましたか?
男は女性に褒められるとつい浮かれてしまいがちです。

しかし、そんな男の性格を知って面白がる女もいますし、軽く褒めただけなのに思った以上に喜ばれてげんなりしてしまうこともあります。

男性は、褒められてもすぐに浮かれずにいいリアクションを見せる努力をしてください。

ドヤ顔なんてもってのほかです。

まっすぐ目を見ながらお礼を言うのもさわやかでいいですし、「え?」と照れ笑いを浮かべながら恥ずかしそうにお礼を言ってみても可愛らしさを強調できます。

そして、褒めてくれた女性にも何か嬉しい言葉をかけてあげましょう。

そうやってお互いが気持ちよく一緒にいられる関係を目指してください。