モテない男性がモテるために今すぐやるべきこと。

誰しも恋人を作りたいものですよね。

私は、「どうして彼女ができないのか」「なんとか彼女を作りたい」と、よく相談を受けます。

恋人ができない人はどのような人かというと、本当に優しい、いい方が多かったように思います。いい人なのに彼女ができない。不思議だと思いませんか。

でも、明確な理由があると私は断言します。

恋愛をするうえで最も重要なこと

恋愛をするうえで、最も重要なのは何でしょうか。お金?ルックス?

お金はあるにこしたことはありません。

ルックスがいいかどうか。これもいいにこしたことはありません。

でも、これはすぐに変えられるものではありません。頑張ったからといって年収が倍になるわけではないですよね。

しかし、お金はそれほどない、ルックスもそれほどよくはないのになぜかモテる男性がいます。

その一方、お金があっても、顔が良くても、なぜか彼女ができない、恋愛がうまくいかないという方も多くいらっしゃいます。

これはなぜでしょうか。

これを説明する鍵は、「コミュニケーション力」です。

清潔感があり、コミュニケーション力が長けていれば、彼女を必ず作れると断言できます。

恋愛戦争で勝ち抜くためにも、このコミュニケーション力を強化して頂きたいと思います。

恋愛で役立つ「コミュニケーション力」とは?

仕事の場で使うコミュニケーション力と、男女関係を深めていく上でのコミュニケーション力とでは、性質が大きく異なります。

営業などであれば、「いかに相手に自分自身を売り込むか」「商品の良さを説明するか」が大切ですよね。

しかし、男女関係では、自分を売り込むことだけではいけません。

例え、地位やお金があったとしても、「何この上から目線の男は?」「自分勝手ね!」等と思われることも多々あります。

もちろん、女性には男性に対し、父性を求めますから、ある程度の決断力や引っ張ってくれる男性像というものは演じなけれななりません。

しかし、イソップ寓話で大変有名な「北風と太陽」ではないですが、強引であればいいというものではないのです。

このバランスが大切です。

女性に受けるコミュニケーションのポイントとは?

それでは、女性に受けるコミュニケーションのポイントは何でしょうか。

それは、「傾聴」「受容」「共感」です。

つまり、相手の話を聞き、しっかりと受け入れ、そして共感する。

このプロセスが極めて重要なんですね。

女性が「相談したい」、「話をしたい」と言われたとき、なぜか具体的なアドバイスをしたのにあまり好意的に受け入れられなかったことはありませんか。

不思議ですよね。

それでは、このとき、女性は一体何を求めていたのでしょうか。

それは、単純に「話を聞いてほしい」ということです。

もしかしたら、拍子抜けされた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これを意識することで恋愛の勝率は大幅に上がります。

例えば、女性同士の話は本当に他愛ない話が多いですよね。しかも、中身のないだらだらした話も多いものです。

女性の井戸端会議は、様々な問題点を解決することが目的ではありません。

単に、聞いてほしいだけなのです。話をしっかり聞いてさえいれば、いくらでも相手が話してくれます。

自分が話す量と相手が話す量の比率は、3:7くらいを目標にすればいいと思います。

もし、相手に8を話させることができれば、勝利の確率は極めて高いと思います。

きっと相手は、「自分を受け入れてくれる」と安心し、彼氏候補リストに登録されることとなるはずです。

今から行動に移そう!

恋人を作るために、ただただがむしゃらに努力をすればいいというものではありません。

カリスマ予備校講師である林修さんはこう言っています。

「努力は裏切らないって軽々しくいいますけど、補足してあげる必要があるんです。

正しい場所で、正しい方向で、十分な量をなされた努力は裏切らない」とのこと。

まさに恋愛にも同じことが言えます。

この記事を読んでくださっている読者の方は、きっと彼女ができなくて苦しんでおられるのだと思います。

まずは、自らの弱点はコミュニケーション力にあるのだということをしっかりと自覚してください。

コミュニケーション力なしに、いろいろ外見だけ磨こうとしてもいい結果にはなかなかつながりません。

では、いつからコミュニケーションの方法を変えるか。

それは今です!

これを読んだ今から、まずは職場や学校などで女性とお話する機会に、今回お話した内容を意識してコミュニケーションをとってみて下さい。

すぐに自らを変えることは難しいかもしれませんが、少しずつでも自らが変われば、恋人を獲得する確率は必ず上昇します。

そして、継続していくことができれば、必ず恋人を作れることは間違いないでしょう。

恋愛成就を心から祈念しております。

ABOUTこの記事をかいた人

シリウス

元大手証券会社のトップセールスマン。 中学2年にして合コンに初参加するも、討ち死すること多数。 しかし、アプローチ方法を大幅に変えてからは、怒涛の如くの進撃となりました。これまで経験した女性は、一般のOLや大学生から、医師、アイドル、モデル、外国人その他合計すると150人ほど。自分で言うのもですが、いい女であるほど口説けました。 なぜ、モテたのか。「チャラくないからこそモテる」恋愛の秘訣を伝授いたします。