恋愛におけるLINEの使い方〜好かれる人になるための3つのルール〜

世の中にLINEというものが生まれて、人のコミュニケーションはスピード感を増しました。

一昔前では実家に電話して、親が電話に出る…なんて時代もありましたが、今では基本的にリアルタイムのマンツーマンのコミュニケーションです。

 

さて、LINEを恋愛に使うという人も多いと思います。一緒に居ない時間でも、相手と距離を縮めるツールとして、非常に便利です。

 

しかし、その使い方を間違えるとLINEは相手から嫌われたり、既読スルーされてしまうツールの1つになってしまいます。相手に好かれるためには、きちんとしたルールが必要です。では、そのルールについてみていきましょう。

 

LINEで好かれる人になるためのルールその①:LINEでアプローチしない

いきなりちゃぶ台をひっくり返すようなことをいいますが、これは結構大事なことの1つです。LINEのコミュニケーション術を謳う本はたくさんありますが、LINEで相手にアプローチしないと記述する本はそう多くないと思います。

 

LINEは文章のやりとりであり、基本的に相手の顔を見ません。それゆえ、相手のテンションや感情などを受け取ることができず、微妙な感情の受け取り方に違いを生んでしまうことがあります。これが、お互いの気持ちにズレを生じさせることがあるのです。

 

・異性を落とすテンプレートは存在しない

よく、「◯◯の文章を送ったら✗✗」というフレーズを見かけますが、その全てが相手に伝わるとは限りません。人の数だけ、それぞれの反応があるため、100%届くテンプレート文章というのはないのです。

 

また、テンプレート文章を鵜呑みにして自分で考えないようになってしまうと、恋愛でトラブルが起きたとき、自分で解決できない自分になってしまいます。そうならないためにも、日々自分の頭で考えて行動することが大事です。

 

LINEで好かれる人になるためのルールその②:LINEで告白しない

LINEは便利な文章コミュニケーションツールですが、それを告白に使ってしまうことはとてももったいないことです。告白という大事な瞬間を文章で済ましてしまうのは、相手に気持ちが充分伝わることもないでしょう。

 

また、告白という大事なことを対面で言えなければ、たとえ成功しても今後大事なことを対面で言えなくなってしまうかもしれません。大事なことを言うのには勇気が必要ですが、その勇気をきちんと持つことが今後のお互いの関係性を良好に保つためにも必要なことなのです。

 

LINEで好かれる人になるためのルールその③:一緒に会っている時間を大事にする

基本的にLINEは相手との仲を深めるためのツールではなく、連絡ツールだと私はアドバイスしています。大切なのは相手と一緒にいる時間であり、そこにかけがえのない価値があるからです。

 

相手と一緒にいるときは、相手の声、表情などLINEでは味わえない喜びがあるはずです。自分の発した言葉に相手が反応してくれたり、その逆もあります。それは文章のやりとりだけではできないですよね。

 

2人でいる時間が貴重で大切なこと。このことを知っている人は好かれる人になるはずです。

 

恋愛におけるLINEの使い

改めてLINEの使い方を振り返ると、LINEは「連絡ツール」です。次のデートの日時を確認するというような連絡用であり、お互いの仲を深めるものとあまり考えない方が良いと私は思っています。

 

ただ、恋愛相談やコンサルティングをしていると、(特に男性にですが)LINEの文章術や使い方について聞かれることがとても多いです。なので、男性にはこれまで述べたようなことを言っています。

 

反対に、女性も「LINEで交流を深めることについてどう思いますか?」と聞くと、「文章を考えるのが面倒だし、やっぱり対面で交流を深めたい」という人が多い印象です。男性は文章で、女性は直に交流を求めているのです。

 

しかし、やはり恋愛において大事なのは直のコミュニケーションです。相手の気持ちを想像したり、自分の気持ちを伝えるのは直のコミュニケーションほど確実な方法はありません。LINEでは伝わりにくいのです。

 

もちろん、すべてのLINE交流が伝わらないというつもりはありません。相手を落とす文章術もあるのでしょう。ただ、付き合った後はもっと別のスキルが必要になることを忘れてはいけません。それはLINEでの文章術ではなく、相手と本音を出して話し合うスキルです

 

LINEは良い意味でも悪い意味でも相手に本音を出さなくていいツールです。それが今後の恋愛にどう働くか。結局は使う人の気持ちや行動によって左右されるのです。

 

まとめ

恋愛は本音を出さなければうまく行きません。本音とは愚痴や不満を言うのではなく、素直な気持ちを適切な言葉で伝えることです。これはLINEというような文章では正確に伝えることは難しいかもしれません。

 

もし、気になっている異性の人を落としたいと思っているのであれば、文章ではなく、自分の言葉で直接伝えることをおすすめします。

 

恋愛コンサルタント・鈴森レイ

「自分の人生をデザインできるようになる恋愛コンサルティング」をコンセプトにスキル販売サイト「ココナラ」にて数多くの恋愛相談を実施。評価は5段階評価で4.9をマーク。だれかが決めた価値観で恋愛軸を作るのではなく、自分らしさを軸に恋愛軸を作るコンサルティング手法により、多くの人の恋愛を成功させる。

恋愛コンサルティングはコチラから。

https://coconala.com/services/72511

 

ABOUTこの記事をかいた人

鈴森レイ

「自分の人生をデザインできるようになる恋愛コンサルティング」をコンセプトにスキル販売サイト「ココナラ」にて数多くの恋愛相談を実施。評価は5段階評価で4.9をマーク。だれかが決めた価値観で恋愛軸を作るのではなく、自分らしさを軸に恋愛軸を作るコンサルティング手法により、多くの人の恋愛を成功させる