やりとりでわかる脈あり脈なしサイン

脈ありと脈なしのサインの見極め方。

脈があるかないかを見極めるのは、まさに自分の話を、相手がどのように聴くかによって見極める事が出来ます。

相手が自分の話を真剣に、身を乗り出すように聴いてくれているのであれば、まさに脈ありです。

しかし、何か他の事をしながら聞いていたり、あまり自分の話を真剣に聞いていない場合は、脈がないと思って間違いないと思います。

結構人はバレないようにしていても、知らない間にバレる行動をしているものなので、脈があるかないかは、簡単に見極める事が出来ます。

しかし大切なのは、脈があるかないかよりも、それを分かった時点で自分自身がどのように行動するかが大切になってきます。

相手の行動が脈ありであれば、こう行動しよう。

自分が良いなと思っている相手が脈ありだとしても、そこで手をこまねいて何もしなければそのままです。

たまたまその脈ありの相手が、自分に告白してきてくれれば、それはラッキーですけど、そのように必ずしも告白してきてくれるわけではないですし、ずっと告白を待ち続けるのも大変な事です。

なのでもし脈ありなのであれば、自分も相手の事を良いなと思っている事をアピールする事が大切だと私は思います。

そのアピールの方法としては、相手と同じような行動を取るのも一つだと思います。

例えば、相手が自分にしたように、相手の話を身を乗り出して真剣に聞いたり、事あるごとに相手の事を注目している事をアピールする為に、見つめるのも一つだと思います。

脈がないと分かった時には、自分の心を見つめ直す事が必要。

反対に脈がないと分かった時には、簡単に、そこで相手を諦めてしまうのではなく、自分の心を見つめ直す事が必要です。

本当に簡単に諦められる相手なのか、それとも何とかして自分に振り向いて欲しいのかを、自分自身に問いかける事が大切になってくると思います。

もし、簡単に諦められない相手であると気づいた場合は、直ぐに告白しても振られるのは決まっているので、出来るだけ相手に自分に好意を持ってもらえるように努力する必要があると思います。

相手が見た目を重視するタイプで、自分自身が見た目が悪かったとしても、見た目以外の内面をしっかりとアピールする事で、脈なしの人と付き合った人はいくらでもいるので、まずはその相手がどんな人が好きかを知る事が大切になってきます。

脈ありでもなしでも、結局はあまり関係ないです。

なので、脈があろうがなかろうが、自分自身がやる事は一つです。

いかにして、相手に自分の気持ちを気づいてもらうかが大切になってくるという事です。

確かに脈ありの相手と付き合う事は、脈なしの相手と付き合うよりも簡単です。

しかし、アプローチを間違えてしまうと、脈ありの相手であっても嫌われてしまう可能性はあります。

それこそ思っていた人とは違うかったという事で、お付き合い出来ない可能性も出てきます。

なので大切なのは、脈ありでも、なしでも、相手の事をしっかりと知る事が、まず大切になってくるという事です。

きっとこういう人だろうという、勝手なイメージでなく、しっかりと相手を理解する事が大切という事です。

相手をしっかりと知れたら、後悔もしなくなる。

相手をしっかりと理解する事が出来たら、後悔する事もなくなります。

それは脈ありであろうが、脈がなかろうが同じだと私は考えています。

つまり、脈があるかないかという事は、きっかけにすぎず、そのきっかけから、どのように行動するかが、大切という事です。

脈があるのであれば、どのように相手に告白してもらうか、もしくはどのように自分が相手に告白をして付き合うかを考える必要があります。

要するに相手がどういう人を好きかを知り、その相手が求める人に自分がなりたいかどうかを、自分に問いかける作業が必要になります。

さらに、脈なしの場合は、まず自分に興味を持ってもらう為に、自分をアピールする必要があります。

脈あり脈なしのサインは簡単に分かります。

脈あり脈なしのサインは簡単に分かります。

自分の話を真剣に聞き、やたらと目線が合ったり、やたらと話しかけてきたり、やたらとボディタッチが多かったりしたら、それは脈ありです。

脈なしのサインは、その反対で、自分の話を真剣に聞かず、目線も合わず、ボディタッチもなければ脈なしです。

しかし大切なのは、脈があるかないかは、きっかけにしかすぎないという事です。

そのスタートラインから、自分がどのように行動したいかが、大切になってくるという事です。

相手の気持ちを知った上で、自分が思う行動を後悔がないように、相手に不快な思いを抱かせないようにすれば、それが自分の幸せに繋がると私は考えます。