振られたあの子と目が合うのって脈ありと期待してもいいの?

降られた彼女と目が合う意味、脈ありかどうか考える

未練がましいという言葉がありますが、カップルの中では他人の意見を聞くと絶対にありえない。

ということをしている男女がいるものです。

例えば、自分を振った相手のこと、一般的にはあいつよりもいいやつを見つけて幸せになってやろう。

というように克己心を抱いて見るものですが、なぜか未練がましいカップルとか。

くっついたり離れたりの繰り返しのカップルなどです。

誰もが好きな相手に振られたらしばらくの間は未練が心中に残るものです。

職場や学校で顔を合わせる機会が多ければ目で追いかけたり、目が合う、あるいは目をそらすことも多いでしょう。

視線を感じると目があう

人の視線とは不思議なもので、誰かにどこからか見られているような気がするという感覚を察知することがあります。

動物的勘と言うのでしょうか。

そして、周囲を見渡すと、以前自分振ってしまった相手から視線を注がれているという有様に気が付いて、相手と目が一瞬合うのです。

これは、みつめている方からすればなんとも思わない行動ですが、見られている方からすれば怖いですよね。

まだ未練があるのかな?なんだろう?と恨まれているのかな?と。

振った相手が見つめて、振られた相手が気がつくというパターンでは脈ありかもしれません。

でも降ったのに、やっぱり逃した魚は大きいかななんて、未練がましい脈ありと言えますよね。

恋愛感情はないのに見る人の真意

もちろん振ったんだから恋愛感情はないのに見てくる人というのは、人間的に心配性とか優しいと言えるかもしれませんが、正直ちょっと無神経とも言えます。

普通は、良心が働いて多少の罪悪感を感じてしまうものですし、できれば会いたくないとか思うものです。

振った女性の性格が弱い相手、神経質な相手になると相手が告白なんてしてこなければ自分が苦しまずに済んだのに。

という気持ちにさえなりますので、神経質で弱い人間ならむしろ、優しいというよりも憎しみを隠しているかもしれないのである意味怖い視線とも言えますよね。

振った直後、恋愛感情はないのに、見てくる。

という人はある意味怖いかもしれません。

告られてから意識しだした相手の視線

稀なことですが、今まで異性として意識していないのに告白されて断ってから、彼のことを考え出すようになったという場合もあります。

こうしたケースはかなり奇特ですが、
人は友人の好きな相手をへー、あの人のことがいいんだ。

と見ているうちに自分も同じ人を好きになっていたということがあるものです。

こうした稀なケースでは告白して振ってきた後に見る視線が脈ありということもまた考えられるのです。

本人さえ気が付いていないという場合もありますし、自分の気持ちを隠してしまうこともあるので、振られてもリベンジしてオッケーが出るかどうかは未知数です。

女性特有の性質から見る脈あり派の解釈

男女どちらが降り、振られていても、そこから始まる関係もなくはないですよね。

特に女性は嫌いな相手には視線を送りませんし、視線を送られても嫌な表情を見せるものなのです。

嫌な気分になるからです。

ところが、視線を自ら送るという行為は相手方に気があるという証拠、嫌いではないのです。

内心、心が締め付けられる感情で見ているのかもしれません。

その辺りは彼女も表情や目元をみると、わかりやすいでしょう。

まとめると、女性は嫌いな相手のことは極力見ていない、見ないように目線をそらす人が多いということ、もしも見ているなら脈ありと言えるということです。

嫌いな相手のことは見ない女性

いかがでしたか?降り振られの関係なのに、女性からの視線を感じる、これは女性の特徴からして気になっているのです。

つまり、脈ありです。

もしも脈ありならあなたはどうしますか?どのように行動を起こしますか?脈ありだとしたら困るから気になるのでしょうか?それとも、そこまで未練があるなら向き合うでしょうか。

結局、そこですよね。

未練がありそうな相手ならどうするか?女性は嫌いな相手のことはシルエットでもみようとはしないものなのです。

ましてや目が合うということは、女性はまんざらでもない、いや、好きな歩合が多いのです。