向こうからメールがきても脈ありとは言えない理由とは

女性からのメールですぐに脈ありと舞い上がらないようにするには

女性からメールが届いても脈ありとは決して言い切れない時があります。

例えば、大学生であれば恋愛関係よりも仲間関係を優先させることがあります。

同年代の男性をみれば色恋の対象になるとは限らないのです。

例えばサークル活動で知り合う男女、イベントや事務的な連絡事項で女性からの連絡が入ることなんて頻繁にあります。

誰もが狙う女性でも女性は恋愛感情なんて持っいないし、ステイタスな彼氏がいることも多いです。

また、合コンで出会った異性からメール、電話があってもいたずら。

ということもあります。

女性ばかり集まる機会で酔った勢いに電話しちゃったというのも、からかいです。

悪女、騙し騙されが多いケース

20代前半で恋愛経験が少なく、痛い思いを経験したこともないという男性であれば、いつかは期待を捨てる日が訪れるはずです。

すでに、失望、絶望、挫折経験がある男性ならば少々卑屈になっているかもしれません。

あるいは素直な性格であるなら、反省から幸せを掴む人もいます。

恋愛経験が少ないと、女性から声をかけられても舞い上がってしまうことがあります。

そんなとき冷静になること、悪い女性なら簡単に騙してしまえる男には見せないようにしましょう。

簡単に僕を好きになる女性はいないくらいの意識の方が安全ですし、恋愛かどうかを見極められる直感も養えることでしょう。

恋愛対象外の男性のケース

女性というものの、恋愛対象外の男性には男と認識していないので気軽に連絡できるということがあります。

なんとも思っていないのですから、緊張も何もありません。

悪く言えば、人間としても軽く見られていることも考えられます。

重んじられていないという場合もあります。

こうした女性からは強引に何かを要求されたり、邪険な扱いを受けたりと何かと扱いが酷いなと感じることがあるかもしれません。

こうした相手にも恋愛感情を抱いても不毛な恋に終わり、相手にされない、笑われてしまう。

という傷まで作る最悪なケースになる可能性もありますから注意しましょう。

暇つぶしにメールを送ってくるケース

まるで弟のようにしか思っていないけど、暇なときにメールを送ってくるという女性。

学生が飲み会で酔った勢いでちょっと知り合ったばかりの異性に連絡をするというからかい、いたずらとよく似ています。

ほとんど同じようなものです。

こうした暇つぶし女性に本気になっても、不毛な恋愛で終わる可能性が高いです。

気まぐれに異性として見られても、それはあくまで気まぐれの恋愛もどきなのです。

相手には彼氏がいるけど、とにかく顔がかわいいとか、好みだとかいうことで好きになってしまうとか、メールのやりとりをしてくれたから深みにはまって行ったということのないように。

悲劇をうむ前にやめましょう。

ちょろいことに気がつかない女性のケース

二股どころか三股くらいしている女性もいるそうですが、婚活をしている女性にもこうした人は多いようです。

婚活はあくまでも結婚相手を見つけるための活動なのに、婚活パーティで出会った相手と軽く付き合って体の関係を持ち、そして性格上など相性が悪いとすぐに別れるということを繰り返している女性です。

こうした女性と出会ってしまうと、一見普通に見えますがそうではなく出会い、肉体関係、別れを繰り返していることに気がつきます。

もしも、美味しい思いをしたいならこうした女性に近ずいて出会ってから体の関係をもち、嫌われたらいいのです。

脈ありというよりも、メンヘラなので不毛な恋になります。

メル友から脈あり女性を選ぶためには

いかがでしたか?女性からメールがきても色恋関係なら少し怖いですよというアドバイスです。

女性側に、この男はちょろいな、利用できるなときずかれたら、利用されてしまいます。

堅実なケースでは、事務的な要件で連絡してくるという女性です。

もしも、メールのやり取りをしている女性の中から恋愛相手を探すのならば。

事務的なやり取りをしている相手から探すようにした方が安全だと言えます。

出会い系や合コンで出会う異性からメールが届いたらまず、自分はそんなモテるパフォーマンスをした男か?ということを考えるようにすれば脈なしなのに利用してやろうという悪女から身を守ることができますよ。