返信なしでも希望を捨てるな!脈ありかもしれないのはこんな理由から

脈あり、脈なし判断、メールの返信がない相手に期待できるか?

意中の相手にメールを送ったら返信が届かないということ、良くありますよね。

ここで少し冷静になることが大切です。

意中の相手には特別視してしまうので、ただの友人、あるいは恋愛感情がない相手と比較して、期待してしまうということです。

しかも片思いの場合一方的に期待してしまうので、メールの返信が遅れたとか、相手に悪気がなくても思い悩んでしまうことになります。

ここで将来に向かって恋愛をうまく進めたいのであれば、好きな相手にメールを送って返信が届かなくても気にしないことです。

それは無理だよと言いたくなりますが、よほどの重要な要件であれば電話や書き留めで伝える方がマナーですし、プライベートな案件ならば相手の自由だと求めてあげましょう。

性格、年齢、経験でも異なる返信速度

メールの返信速度について、誰もが同じではありませんよね。

返信できる時間があっても、どういう風に伝えようか?と考える時間が長い人も多いです。

中には同性の友人相手に、男性からこんなメール内容が届いたんだけど、どう返信したらいいかな?とアドバイスを求める女性は大多数存在していますから、返信スピードが遅めだからという理由で一切の望みがないということではないということを考える余裕を持つようにしたいものです。

特に、10代後半から20代前半女性が対象の場合では、誰もが恋愛に慣れているということではないので返信一つにも戸惑うこともあるということなのです。

送り主側のミスが原因の未返信について

女性にメールしたけど届かないという理由には、女性のアドレスになんらかのトラブルでメールが届いていないとか、送り主が彼女が渡した連絡先以外のアドレスにメールしたというアクシデントが原因のこともあります。

時々、こんなことをする男性もいます。

彼女がここに連絡してね。

と伝えたアドレスには連絡せずに、自ら調べた連絡先にメールしてしまう人。

もちろん返信は期待できません。

なぜなら、彼女はまさかこのアドレスに彼からメールがくるとは考えていないからです。

彼が返信をもらいにくくしているというミスは多いです。

送り主を名乗らない、内容のないふざけたメールを送るなどもまた返信は望めないでしょう。

脈あり、なし以前に返信しやすい内容かどうか?をチェックしましょう。

中身のない内容を送っている男たち

本来は男性の方が情報手段は連絡だけに使うという認識である人が多いですが、中にはメールを送られた女性がみると、どう返信を返したらいいの?と困惑する内容を送る人もいますよね。

例えば、よくあるパターンでは甘えたい内容のメール、率先して弱音をはいているなどです。

こうした内容を送られても相手の女性は心理カウンセラーではないのですから、対応できませんよね。

もしも返信をもらおうというのならば、相手方女性が応えやすいような文面と内容にしてあげることが必要になるでしょう。

返信がこないから脈ありと判断せずに、今一度内容は彼女の気を惹きつけるものか?それとも自己中になっていないか?ということをチェックしてみましょう。

多忙で返信できない女性のケース

女性が社会で働くことはあたり前となってきました。

女性も多忙を極めているので忙しい女性相手にくだらないメールを送っても無視されてしまうでしょう。

時間を要しても休日やふとした時間に返信してくれる内容は、同級生や親しい友人からの遊びの誘いであるとか、彼女にとってメリットになる内容ということになります。

具体的に返信の必要性を感じさせないような内容のない文面は読んでも返信しないでしょう。

昔の同級生など多忙だろうなと予測できる相手には、久しぶりに同窓会しようよ?
参加するでしょ?など疑問系、あるいは同窓会の開催が決定されましたというイベントのお知らせという形で送信すれば返信しやすいですよね。

脈なしから脈ありにするメールのルール

いかがでしたか?意中の女性にメールを送るときの内容はもちろんですが、送り先の確認も間違いがないかチェックしましょう。

案外、人に相談してみるとそれは返信してもらえないよとアドバイスを受けるようなミスをしていることもあるものです。

さらに返信しやすい書き方をしておきましょう。

彼女の多忙さや属性も関係してきますから、最初から忙しいとわかっている相手には控えるとか、期待しない、あるいは彼女の大きなメリットになりそうなお誘いを内容に盛り込んで見るようにします。

まとめると、アドレスミスをチェックする、内容、書き方、相手の都合をわきまえる、これで脈あり返信が届く可能性も高まります。