返信が遅いのはやっぱり脈なし?それとも脈あり?

返信が遅い彼女に脈はないのか?あるのか?どう考える?

女の子に目メールを送信してから即返信が来たというケース、返信が早いと気持ちがいいものですよね。

実はこれ返信を送る方も早い対応の方が仕事がかたずいたようで気持ちが良いものなのです。

返信が遅い、ずーと引き伸ばしているともらった方も気持ちが悪いということがあります。

こういう都合上では、返信が早いのは気まぐれで恋愛感情とは全く無関係であると言えますよね。

一方で好きな相手にはいろいろ考えすぎて返事が書けない、あるいは送信ボタンを押すことができないということもあります。

返信が遅い方が実は本気度が高いということもあるのです。

返信が遅いのは脈あり派の意見、事例

こんなことを聞いたことはありませんか?巷の都市伝説のようなものですが、好きな相手ほど告白できないとか、体を求められないということ。

あるいはいい加減な相手にはできることも、本命には手を出せないとか。

多数あります。

つまり、好きなほどなかなか行動できないということです。

本命相手ほど悩んでしまいこの時期になるまで告白はできなかったとか、肝心のデートに誘うことができない。

ということがあるようです。

思いが募れば募るほどに行動や決断には時間を要してしまうということなのでしょう。

そのように考えるとメールの返信が遅くても脈ありのこともあるのです。

返信が遅いのは脈なし派の意見、事例

返信が遅いということはやっぱり脈がないということになるという意見の場合を考えてみましょう。

お弁当を食べるときに好きなおかずを先に食べるという人は、好きなものに真っ先に手を出してしまうという人が多いですよね。

これは健全な判断だと言えますし、好きだから後に残そうなんていう考えを出さずに先に食べる、その時に出会った相手が好きであれば早速行動を開始するという人は普通にいます。

こうした人にとってチャンスのつかみ方は早い方がいいということを知っているし、遅れると遅れるほど残り物しかありつけないということも理解しているのです。

好きな相手に対しても即行動、返信が遅いなら脈はないという判断を下すのです。

よほど返信できない理由がない限り、決して間違いではない正論です。

時間を要するならそれはチャンスを理解していない

恋愛関係、仕事関係何にでも言えることですが、チャンスと見極めるには日頃から飢えていなければなりませんよね。

恋愛関係では彼女が欲しくて欲しくてたまらない時期を過ごしているとか、探して努力をしたけど出会いに恵まれないという飢えを経験しているか、どうかがチャンスをチャンスと見極める方法です。

時間を要するとか、少し考えて見るという人はチャンスをチャンスとは見極めてはいないのでしょう。

メル友女性に対しても本気かどうかに置き換えてみると、時間を要する人はまだ本気になっていないとも言えます。

これは恋愛だけに限らずに人生全般においても言えることなのです。

返信が遅い行動を斬る!返信が遅ければ脈なしと取る根拠

恋愛感情抜きで考えた場合ですが、脈ありかどうか?は早い方が脈ありと判断できますよね。

例えば買い物、早いものがちというのもありますが、本当に欲しい人はすぐに行動を起こして買いに走ります。

何人様限定食という売り出しに対しても同じことが言えます。

本気で欲しいと考えていれば行動も早いものです。

時々存在する少し考えてみます。

と店員さんに伝えるお客様、少し考えて買いにきたという判断をする人は稀ですし、正直な人です。

実際はこのように言いながらもほとんどの人は買いませんし、少し考えると言いながらも考えてはおらず、保留にしているだけにすぎないのです。

返信の早い、遅いは相性もあるのでは

メールの返信が早い人は相手にも早さを求めるでしょうし、のんびりマイペースで返信するという人は相手にもマイペースさを許容することでしょう。

自分はマイペースなのに相手にはスピードを求めるとか、逆にスピーディな人がマイペースさを求めるということは少ないものですよね。

中には数多くの人付き合いをしている人は相手の癖やペースにうまく合わせている人もいますが。

ストレスフリーに考えようとたら返信の速さで相性を求めればいいのです。

大抵何事も素早くこなしたい人や一度塾考したら頭から出している人は返信速度も早いでしょう。

こうした個性の合う同士で男女関係も選ぶようにすれば楽ですよね。