脈ありなあの子の席に近づくための方法

脈ありな意中の女性に近ずくコツは?

不思議なもので、席が近いことがきっかけで、友人や知り合いになりやすい、ということがあります。

きっかけとして話しかけやすいからです。

もしも意中の相手がいれば少しでも近くにいるようにすればいいのです。

例えば、職場や学校での座席が離れていたら、席替えの時間に意中の相手と近くになれるように小細工をしましょう。

誰かに頼んで隣にしてもらうなどです。

職場では席が離れていれば、できるだけ会いにゆく…ということなどを心がけるようにしましょう。

では具体的にはどうすればいいのでしょうか?シチュエーションごとに、意中の相手の近くのいくコツをまとめてみました。

合コンの席に近ずくコツ

合コンで気になる女性が向こうに座っている、というようなケースでは自ら移動して意中の相手の元へとちかずいていきましょう。

ただ近寄るだけでは、相手からしても周囲がみていても不気味なだけに感じてしまいます。

だから、意中の相手に近ずくことができたならば、必ず間髪入れずに話しかけるようにします。

初対面の相手へ口火を切るためには、考えすぎていると行動することができませんよ。

勢いが大切です。

具体例をいうなれば、「ちょっと、〇〇さん、かわいくない?なんでこんなところに来てるの?彼氏いるでしょう?」とでもいえば一石二鳥、彼氏のいる、いないまで尋ねることもできます。

習い事の席を近くにするコツ

お稽古事をしていると、自由席のことも多いですよね。

その都度、自由に座席を選ぶことができるというものです。

こうした環境下ならば、意中の相手の隣の席も確保しやすくなります。

ただし、遠くから眺めている方が気分がいいからというような理由で、後方からストーカーのように見つめていたりしてはいけませんよ。

席を並べていると、見えてくることも多いですよね。

たとえば、行儀、落ち着き、呼吸のペースなども見えてきます。

それに、習い事の場合は、隣の席を利用しても必ず話さなければならないということでもありませんよね。

会話下手さんにはとても都合がいいはずです。

職場でのデスクが離れている場合

職場でのデスクが離れている場合では、無理に移動することも不可能です。

そこで、できるだけ多く好きな相手と顔を合わせるように工夫することが親しくなるためにはポイントです。

例えば、ランチの時間は意中の相手の近くに寄るためには絶好の機会になりますよね。

彼女がよく利用する飲食店を調べておくとか、社内の食堂を利用しているのならば時間帯や座席を把握しておくようにします。

あなたの頭の中を誰かに知られてしまうと、それはストーカーだよと言われてしまう可能性はありますが、こうした計画や計算くらいは誰でもしていることなのです。

席が遠ければエレベーターを利用しよう

エレベーターの中で出会う相手が顔見知りになることはよくあるパターンです。

もしも意中の相手と席をともにする機会がない場合は、エレベーター内で話しかけてみるとか、話しかけないにしても顔見知りくらいの関係になれるように、よく会う人になることがコツです。

エレベーター内ではいきなりプライベートなことを話してはいけません。

まずは、簡単に初対面でも話しやすい世間話からスタートするようにしましょう。

エレベーターの乗り降りの際に、エスコートしてあげると印象が良いですよ。

ただし、エスコートするときは継続的に行うようにします。

気まぐれは信用されませんよ。

意中のあの子に近ずくためのコツ!

これまで食堂、飲食店、教室、合コン、飲み会とシチュエーション別にまとめてきましたが、脈ありな意中の相手の席にちかずきたいなら、シチュエーション別にマナーを守るようにしましょう。

もしも、会社や学校で無理があれば、意中の相手が所属しているサークルや習いごとの場で近ずくチャンスを狙えばいいのです。

席を近くにするということにこだわる必要はありません。

意中の相手の近くに行き、会話をする機会を狙えばいいのです。

合コンや飲み会が最も自然で話しかけやすいでしょう。

〇〇ちゃん、かわいいね、かわいくない?なんで合コンにきてんの?くらいのノリで良いのです。

失礼がないようにノリよく軽くがモットーです。