脈ありな先輩を惚れさせる最終手段

脈ありに見える先輩を夢中にさせるコツ

社会人になると年齢は関係ないなんて言う人も結構いますが、会社の中では後輩でも歳上は歳上、学校でも留年して入学した年上の同級生もいるものです。

体育会系ではなくても、先輩、後輩という間柄であればそれなりの距離感がありますし、年下からすれば先輩に対等に扱われないというデメリットもあります。

恋愛関係なんて対等に扱われるはずがない、それが普通のことです。

でも先輩を好きになる、逆に先輩から好かれてしまうとなれば、二人の間にある障害を乗り越えていくことが求められます。

そこで、年の差恋愛を成就させるテクニックをまとめました。

精神年齢を上げて先輩のニーズを汲み取ろう

先輩に好かれているみたいだけど、先輩、後輩の関係が邪魔をしている。

そのような事情の時には、年齢差を感じさせないくらいに大人っぽく振舞ってみましょう。

とくに、1歳から2歳頃までの年の差なんて関係がないくらいに、相手と同等もしくは相手よりも年上の人間関係を目指しましょう。

精神年齢が高ければ、年齢も学年も関係がなくなります。

よくある年の差カップルになる男女はシスコンとかマザコンなどの要素を持っていたりして、同年代同士のカップルと比較しても、個性的な要素が強い場合があります。

特に甘えん坊な性格とかファザコン育ちという感じでです。

そういう相手のニーズを汲み取るという術もまたおすすめすることができます。

年下を利用して甘えてみせよう

精神的に大人になって、相手方のニーズを汲み取ることで先に満たしてあげましょうというお話を紹介してきました。

これは大人になってみる作戦ですが、年下ならば、あえて甘えて魅せて相手方に甘えてみるという術もおすすめできます。

甘え下手な性格ならば、損をしてしまいますから是非に改善をして欲しいものです。

子供の頃から甘えることを許されずに育ってしまったために、恋人にも甘えられないという人は結構存在しているものなのです。

年下好きな人は、甘えてこられることを待っていることも多いものですから、ぜひ一度は甘えてみせてみましょう。

頼ってみせてみましょう

せっかくの年齢差ですから、先輩に対して頼りにしてみる方法が二人の距離をちじめるための媚薬となることがあります。

例えば、普段は自分でこなせることが、先輩に頼るようにしましょう。

自分で解決できそうな案件でも相談してみるとか、一度は意見を聞いてみるといいでしょう。

人に頼る時もさじ加減が大切です。

あまりにもなんでもかんでも人に頼り切っていたとしたら、相手も対応できなくなってしまいます。

挙句の果てには、自分で考えれば解決できそうなことでも頼ってきて、うざいと思われてしまいます。

そこで、さじ加減が必要となるのです。

家庭的なところを頼りましょう

家庭的なところを求めると言っても、気が利いている、家事能力があるということを含めた女性としての全般的な要素のことになります。

お弁当を手ずくりして渡してほしいと依頼してみたり、お菓子を作ってもらうなどです。

同年代では結構女性的な要素を見せないカップルが多いものです。

同士のような関係性になってしまえば女として世話をする機会が少ないものです。

そこで、年の差を活かして、女性としての可愛さや細かさを求めたり、甘えてみてはいかがでしょうか。

ちょっとは可愛いとこがあるじゃないと思わせたら勝ちです。

ただし、さじ加減は大切です。

可愛さをいかにアピールできるか!

年上の先輩が脈ありだけど、どうしたら本命の選んでもらえますか?ということであれば、もう相手に気に入られるようなことをアピールするしかないでしょう。

例えば、先輩が小汚い感じの人は嫌いなの。

といえば小綺麗にしておくようにしましょう。

遊びにきた時、手土産の一つも持ってこないやつは気が利かないので嫌だといえば、訪問の時には手土産は必ず持参するようにしましょう。

そして何よりも年上先輩相手には、挨拶、礼儀を重んじることが大切なことです。

ご馳走になれば、ごちそうさまでしたと言える人になることですね。

先輩の好みに合うようになれば、意中の相手になることも夢ではないでしょう。