脈ありな女性に男が送るべきはこんなスタンプだ!

意中の相手に送るべきスタンプはどんな感じがいいか?

好きな女性ができたら、アプローチの一環にSNSを使うようになるでしょう。

メール友達にもなれる可能性がありますが、まずは相手の好みを知るようにしましょう。

例えば、好きな女性がスタンプ嫌いのこともあります。

わざわざ入れてこなくてもいいのに。

と言われてしまうこともありますから、相手からのメールの送り方に慣れて、真似をしておくようにしましょう。

意中の相手ができたら、出来るだけメール友達になっておくことがいいですよ。

挨拶から始める人、礼に始まり礼に終わるを実行するタイプか、それとも要件だけわかりやすく入れて欲しいタイプか、ということだけでも違います。

だからこそ、個性を見て相手に合わせたスタンプを選びましょう。

好きな気持ちを伝えるスタンプ

恋愛に使われる絵文字やスタンプといえば、何でしょうか?ハートマークやニコニコマークですよね。

とくにハートマークは女性に喜ばれますが、いつも使う人とたまに使う人では違うので見分がつけられるようになりましょう。

いつも、ハートマークを使うタイプの女性はというと、男性から送られてくると友達としてのスタンプなのか、恋人候補としてのスタンプなのか、区別がつきにくい。

ということがあります。

そこで、いつもスタンプにこだわるような女性相手、できるだけ好きな相手には常にハートマークを入れてあげると、恋心が伝わりやすいですよ。

ただし、スタンプを忘れると、あれ?どうしたんだろう?怒ってる?と思われてしまいますから、いつもを徹底した方がベストです。

ニコニコマークは恋愛の王道

顔文字を入れてこられると正直なところ、うざいなという印象を受けることも多いものです。

例えば、好きな相手なら、喜怒哀楽も知りたいと思うでしょう。

ただし、好きな相手限定です。

友人、同級生、知人、上司、部下、関わり合う全ての相手の感情をいちいち把握していたら、身が持ちませんし、恋人、恋人候補以外の相手の感情の子守などしていられないはずです。

だからこそ、意中の相手には顔文字を受け入れてあげましょう、男性からも感情をアピールするスタンプをどんどん使えばいいのです。

ニコニコマークは特に、恋愛感情のある相手には効果的です。

スタンプを使わない選択肢

男性というもの、スタンプなんてわざわざつかわないよという人も多いです。

なぜなら、面倒だからです。

要件を伝えあうために、わざわざスタンプなんて必要か?という考えです。

こうした男の中の男という考えの男性は、職業柄とも言えますが、女性の中にもこうした男性的、中性的な考え方や好みの女性のいます。

そうしたシンプルでわかりやすい表現を臨んでいる人に対して、いちいちスタンプを利用するということは、無意味で逆効果にもなり得るのです。

スタンプを使わないようにするという選択肢もあります。

文字だけで伝えることの意義は、読み手に洞察力の力を与えることや、その人らしさのニュアンスが伝わることになるのです。

明確なスタンプがおすすめ

スタンプの中には、わかりやすいものもあれば、万人にとってわかりにくいものまで多々あるものです。

そして、スタンプを使う当人にとってはわかりやすいスタンプだったとしても、送られてくる相手にとっては非常に理解に苦しむというスタンプである可能性も高いのです。

これ、なんだろう。

こんなスタンプを使うなんて、変な人だなあという印象を持たれてしまうことにもなります。

助けを求めたい相手にやられるなんて。

そんな事態は避けたいものです。

だからこそ、万人受けがいいと思える、明確なスタンプを選んで使うようにしましょう。

女性が喜ぶスタンプはその人らしさが現れているものを

その人らしさに人は惹きつけられてしまいます。

ハートマークが好きな人もいれば、表情がないとぎこちない人もいるのです。

中にはスタンプは使わない方が伝わりやすいという人もいます。

こうした、好みは個々で違います。

男性は女性に合わせて受け入れることができる適応力がありますが、女性はこの人は嫌だわ。

と認識してしまえばもう、それまでです。

それ以上に、相手方に好意的に感じるということは少ないのです。

意中の相手にスタンプを送る時は、相手方の好みや送り方をよく観察してから考えるようにしておくが成功のポイントになります。