脈ありかなしかわからないなら直接聞いちゃえ!

相手の気分を害さずに、意中の相手の気持ち聞き出すコツは?

気になっている人がいるけど、相手の気持ちがわからない。

僕にどんな感情を抱いているのだろうか?と、悩んでしまうくらいなら、なお一層のこと本人に直接聞いてみましょう。

どうやって聞き出せばいいの?聞き方はいろいろあります。

意中の相手の好きな人を聞き出す方法から、自分への感情を聞き出す方法まで得意なやり方で聞けばいいのです。

好きなんだと告白しても、だから、どうしたいの?と相手に思わせてはいけません。

好きだから、付き合って欲しいんだ。

彼氏がいないなら、付き合おうというように、どうしたいか?というDOも入れておくと良いでしょう。

軽いノリで告白すること

好きだから付き合って欲しいと自分の気持ちをカミングアウトするにしても、他に好きな男性がいるのかどうか聞き出すにも、まずは重たい雰囲気を取り去らなければなりません。

軽いノリで告白できるようにしましょう。

軽いノリとは、楽しいテンションという意味ですよ。

例えていうならば、中学、高校、大学というように学校の卒業時に憧れていた人に告白されて、うまくいったという事例はあまり聞きませんよね。

これは卒業式がお別れの機会だから。

告白しても、じゃあ付き合おうという明るい前向きなノリにはなりにくいのです。

一方で、入学式での出会いは将来があるので明るいノリで告白すること、出会うことができます。

気まずさを解消するために、間接的な告白をしよう

脈ありが確信できない男女関係では、いきなり告白しても玉砕の可能性が高いです。

相手に好きな人がいるから、あなたとのことは考えられないという石頭の女性や、あなたのことを何も知らないから、付き合えないという女性までいろいろでしょう。

いきなり告白しても、あとあと気まずくなるだけです。

そこで、もしも不器用ならば間接的な告白に止まる方が身のためでもありますよね。

冗談で告白するのです。

例えば、不器用な男性がしがちな間接的な告白方法ですが、〇〇ちゃんって、すごくモテるでしょ。

と一言投げてみて、相手の反応を見てみましょう。

えーそんなことないですよ。

と必ず言うことでしょう。

そこで、必ずじゃあ、俺とつきあってといえば、いいのです。

できれば、付き合おうよではなくて、付き合って欲しいという方が女性のハートに届きやすいですね。

しつこく聞かない!あくまで爽やかに

意中の相手に思いを伝えるとき、あるいは相手からの思いを聞き出す時には必ず、爽やかに行うことがキーポイントになります。

重い印象では必ずそれだけで、冗談じゃないわ。

と言われてしまいます。

絶対に避けたい告白は、しつこくすることです。

中には、何年も一人の女性を片思いしつずけている男性もいますが、彼らはあくまでさりげなく意中の相手のそばにいて、つかず離れずの関係性を保つことがうまいのです。

しつこくしないことで印象を破壊させないようにしましょう。

あくまでも爽やかな片思いと告白が女性受けが良いからです。

うまく行かなくても逆上する様子を見せればアウトです。

ノリのいいシチュエーションを利用しよう

クリスマスやハローウインなどのイベントを利用して告白してしまうという方法もあります。

ノリの良いときに、雰囲気を利用して告白してしまえばいいのです。

呼び出されて、重々しい雰囲気で告白されるよりも、楽しい機会で告白された方が印象はよくなります。

でも、ずーと内心想いつずけていただけで、いきなり告白してしまうというのは絶対にダメです。

女性には通用しないので要注意しましょう。

あくまでも友人関係として、コミュニケーションを重ねて信頼関係を築くようにします。

告白はあくまでも、そのあとにしか位置していないのです。

告白するなら抑えたいポイント

あの子は僕のこと、どう思っているのかな?なんて勘ぐっても仕方がないものです。

だって、意中の女性のことが気になったいるのは、あなたなのですから。

そこで、自分から彼女のアプローチをしなければなりませんし、告白も自分からしなければ、彼女の気持ちも無のままでしょう。

自分から働きかければ、嫌われてしまうリスクもありますよね。

でも、好きな相手ならば、そうしたリスクも含めて戦わねばならないのです。

告白するならば、主体性や責任を持って女性の告白することです。

彼女から愛されたい、好かれたい、アプローチされたいと待っていても、無からは何も生まれないのです。

恋に落ちた方が動きましょう。