脈ありだった女性がそっけなくなった時の対処法

印象をオープンハートにすること

残念ながらも、恋愛は始まりが肝心です。

人との出会いにおいて第1印象が大切とよく言われていますが、恋愛においては身だしなみや、ファッション センスよりも親愛の気持ちを表現しているかということが印象の良し悪しを決めます。

例えば最悪なパターンでは、存在を無視する出会いです。

見て見ぬふりをしているという場合です。

第1印象が冷たい、きつい、臭い、感じ悪い様子では脈ありも消え失せまてしまいます。

第一印象は服装や清潔感が全てではなくて、相手への親愛、親しみの気持ちを表現することができるかどうかが重要なのです。

後からでも遅くはないので、オープンハートで接しましょう。

態度に一貫性を持ちましょう

初めての出会いでは、笑顔で清潔感がある紳士に見えたのに、次の出会いではしかめっ面でまるで犯罪者のような表情をして睨んだ、あるいは会うたびに彼のテンションも言動も違う。

まるで一貫性がなく、全ての言動が理解しがたく実際どんな人間かわからない、混乱をまねくというようなことは避けなければなりません。

ここまでひどい人も少ないですが、まだ20代では自分の魅せ方を理解していない人もいます。

一貫性のある態度を示すということが相手に安心感を与えます。

すぐに顔に気持ちが現れてしまうようならポーカーフェイスを身につけた方が良さそうです。

原因を考え、反省しよう

恋愛及び人間関係において親密になるためには、気兼ね、遠慮がタブーです。

しかし、脈ありだった女性が離れていくとき、そこに彼の遠慮や気兼ねを感じたということもあります。

あるいは本気で嫌なんだと感じさせた態度があるのです。

聞きたいことを聞いてこないとう場合、相手の女性は間違った気兼ねや遠慮に気がついています。

そして、ついに男性が周囲の人間に本音を吐いたとき、彼女は確実にあなたから去ります。

こうした遠慮や気兼ねの出し方じは人によって異なるので、どのシチュエーションではこう振舞おうとはアドバイスはできないものです。

不用な甘えは捨てよう

脈ありの女性が急に態度を変えたという時、そこには甘えに対して辟易したという可能性があります。

例えば、聞くべきところで聞かないで、タイミングの悪いところで聞き出す。

自分は甘えてくるのに、女性自身には甘えは許さないという感じです。

こうした自分の要求は通したいけど、人の要求は通したくないという性格の場合、気がついた時点で女性は去ってしまうことでしょう。

友人関係としても関わりをやめてしまうこともありますし、ギブアンドテイクができる人は搾取されたくないので彼の元を猛ダッシュで去って行くことでしょう。

女性と関わる以前の問題です。

自立した男性になろう

いくら年下好きで母性がある女性でも、パートナーに対して母親や子守はしたくありません。

だから、彼に近ずいて母親役や家政婦さんを求めているだけだなと判断したら、彼女は脈ありを取り消して彼の元を去るでしょう。

マザコンが発覚した時、彼女が悟った時も早急に去ります。

なぜならば、自分から手のかかる男性を選ぶ事情もないからです。

心身ともに自立した男性を選びたいからです。

母親からのアドバイスをそのまま真に受けて女性選びの条件にするとか、清潔感があると思えば30歳前になっても母親に洗濯をしてもらっている、家事の経験はないのに女性の衛生観念には厳しいという面を悟られないようにしましょう。

健全な女性の脈を集めるには

いかがでしたか?脈ありだったのに、途中でやっぱりやめたー。

となってしまうタイプの男性のパターンは過去も現在も変わらない理由です。

マザコンならママから自立しよう、実家住まいならばパラサイトはやめて、一一人で住もう、身勝手さを直そうということです。

時々、彼は私が面倒を見てあげないとという女性に好意を寄せられてしまう場合がありますが、同じように自立ができていない女性と引き合っているだけです。

こうした関係に将来はなく、共倒れが予想されるだけです。

健全な女性から脈ありになりたければ、自立をするということですよね。