脈ありかなしかわからない時男はこう考えるべき

異性の脈が判断できないときに取るべきスタンス

好きなあの子のことが気になるけど、脈なしかありか判断しにくい。

何よりも、脈がなくても諦めきれないということがあります。

そんな時、動けなくなってしまうなら自分から玉砕覚悟で当たってみましょう。

女性は嫌いな男性でもない限り、真摯にアプローチされると落ちてしまうこともあります。

女性の気持ちよりも、恋愛成就の可能性の鍵を握るのは男性のパッション(情熱)にあるのです。

脈がわからないときは、諦めるのではなくてアプローチしていきましょう。

ここまで、してくれるなんてと女性の口から出れば、脈なしからの成功と言えます。

意中の女性からのお願いは断らないこと

好きな女性が自分のことを好きかどうかわからないとき、意中の相手からのお願いごとは断らずに聞いてあげましょう。

彼女の都合のいい男になるということです。

メッシーくん、アッシーくん、になるようにします。

そんな、理不尽じゃないか?と思うなら、やめればいいのです。

好きな相手のリクエストならば、喜んで受けますよね?そしてお願いの内容が無謀な内容であるのか、どうかという判断は好きな相手を信頼しているなら、答えは出てきますから、好きならばなんでもお願いを聞いてあげるようにしましょう。

呼び出されたら、家に行く、迎えにゆくのは当たり前です。

できるだけ近くにいるようにする

学校や職場など、きずいたらいつも隣にあなたがいたの。

と言われるくらいに、出来るだけ好きな相手の近くにいるようにしましょう。

そして、近くに存在するだけではいけません。

彼女の身の回りのお世話をしてあげましょう。

重い荷物を持つ、ドアを開けてあげるなどです。

まるで、執事、時々ドアマンの仕事を持っているかのようにつとめます。

根気がいるので、できるだけ若いうちから片思いは示しておいた方がいいですね。

彼女が悩みで相談ごとを持ちかけて来た時には、優しく時間をとってあげて相談事を聞いてあげましょう。

こうした地道な片思い運動がみを結んで、ゆくゆく恋愛成就となることが多いです。

信頼関係を構築すること

そもそも、女性に対して何もしていないのに存在だけで脈ありになるなんてありえません。

女性は男性のように、異性のことを何も知らずに盲目的に好きになることはありませんもしも存在が脈ありになるなら恋愛依存症の女性から好かれているのです。

20代の男性なら、銀行のATM待ちの間でも目に前の相手に話しかけるというような女性たちからです。

女性と脈ありの対象になるには、信頼関係を築いて状態からでないと始まりません。

例えば、同じ職場のもの同士で信頼関係ができているとか、長年の友人としての信頼関係があるというようにです。

脈ありを呼び込む信頼関係とは

まず、異性からの脈ありを求める前に他人との付き合いができるかどうかを自問自答してみましょう。

両親や友人関係をみて、異性との付き合い方を判断してみればいいでしょう。

女性との信頼関係を結ぶ術は、女性の話を聞くことからです。

こうして欲しい、ああして欲しいというリクエストを聞くようにします。

そして応える役割が男性にあります。

男女間の信頼関係はこのようにして結ばれます。

リクエストの内容は関係性によっても違うでしょう。

家を買う、欲しいものを買う、遊びに連れていくなど、女性のリクエストに応えることができる男こそ、脈ありになり得るのです。

女性からの脈ありを得るには

いかがでしたか?女性に何もしていないのに、脈ありを期待しても永久に訪れることはないのです。

なぜならば、男性が女性のビジュアルや属性だけで気にいることができるのに対して、女性は特定の男性と信頼関係を結ばなければ脈は寄せません。

女性の話を聞いて信頼を勝ち取るためには、リクエストに応える努力を行うこと。

女性のニーズに対応してこそ、脈ありを勝ち取ることもできるのです。

女性と信頼関係があるのに脈なしのように思えるというならば、それは残念ながらも一方的な関係だったのです。

女性は責任感のある男性から離れたりはしませんから、あなたに女性との関わりの中で責任感があれば脈ありも遠くはないのです。