脈なしと脈ありとは何が違うの?間違えやすい女性のアプローチ

脈ありの場合の女性の仕草はどんなものなのか?

女性の場合は相手に好意を持っていても積極的に行動するケースは少なく、何となく普段と違う仕草をするという程度が多くなっています。

これは女性が積極的になってきている現代ではストレートに自分の感情を相手に伝える人もいますが、それはやはり一部分の人だけと言っても間違いないでしょう。

脈がある女性というのはあなたを見る時に笑顔が多くなり、肩や腕など差し支えない場所を触れるようになります。

これは本人からすれば無意識に行っているので認識はしていないのですが、相手側からするとそれまでと接し方に変化があるとすぐに分かるので、このような行動をとるようになったら脈ありと考えていいでしょう。

脈ありの女性の言動はどうなっていくのか?

おなたに対して好意を持っていると言動にも変化が生じます。

ただし言葉遣いというのはその人の性格を表現しているため、元からフレンドリーな話し方をしている場合には言動だけで判断するのは難しいと言えるでしょう。

そのため分かりやすいのは普段は最低限の会話しかしなかった相手だったのに、その中で相手からあなたに対して質問をするようになるとあなたという人間を知りたくなっている証拠です。

たわいない質問で構わないので、今までは自分の会話に対する受け答えしかしてこなかった女性が質問や自分の方から話題を振るようになると脈ありの可能性が高くなっています。

なぜか近くに特定の女性の姿を見ることが多くなる

女性が特定の男性に対して特別な感情を持つようになると、なるべく近くにいたいと考えるようになります。

男性であれはそれが目ざといほどに頻繁に現れるので女性側からすると嫌悪感を持たれるケースも出てしまいますが、女性の場合はそこまであからさまには出てこず、視線を周囲に向けるとなぜか近くにいるということが多くなります。

これは女性がさりげなく自分を特定の男性にアプローチしている表現方法であり、この行動には偶然性もあるので誤解を生じるケースも出てきますが、それまではあまり近くにいなかった女性が自分がいるところに頻繁に姿を見せるようになると特別な感情を持っていることもあるでしょう。

プライベートの集まりなどに参加してくることが多くなる

学生でも仕事をしていてもプライベートで集まって複数で行動するということはよくあります。

その場合に異性を含めた集まりの場合には特定の人物以外でも参加を受け入れてくれる場合があり、普段は参加しなかった女性が自分がいる場合には参加するケースが増えてくると脈があるかもしれません。

ただし複数の集まりというのは固定のメンバーに近くなるので、自分ではない別の男性に好意を持っている可能性もあるので注意しなければトラブルに発展してしまいます。

このような集まりでは自然に会話が交わせるので、その会話での態度を見て判断するといいでしょう。

イベントが近くなると女性がわざと自分に近寄らなくなる

女性が男性に好意を持ち、バレンタインデーや誕生日、クリスマスといった男女関係にとっては大切なイベントが近くなると、それまで近くによくいた女性が近寄らなくなったりします。

これは男性に対して何かしてあげたいと考えていて、それを近くにいるとどこかで発覚してしまうのではと考えてしまうからです。

脈が無い女性ほど大きなイベントがあってもそれまでと変わらない行動を取るものであり、逆にバレンタインデーなどで女性側から何か欲しいかと聞かれるようでは脈がないと考えていいでしょう。

本気で男性に対して特別な感情を抱いていると、そのようなイベントでは自分の行動を当人に悟られないようにします。

脈ありと脈なしの行動は紙一重なので早合点しないことが重要!

男性にとって女性から自分が好意を持たれているというのはとても嬉しいものですが、ここで勘違いするのは女性というのは元々が優しくなっているので、その優しさを好意と違えてしまうことです。

これはその女性の性格によって大きな違いがありますが、一般的には多くの女性が持っている母性に由来します。

好意とはあなたを男性として見ているから生じる感情であり、優しさというのは人間としてあなたを見ていることで生まれています。

つまりあなたでなくても行うという意味なので、この違いについてきちんと認識しなければ相手を困らすだけになり、周囲にも悪影響をもたらせてしまうでしょう。