脈ありラインのやりとりとは?返事が遅い理由はなんなのか

脈ありラインとは?脈ありラインに限って返信が遅れる理由とは?

脈ありラインのやり取り、向こうも好意を抱いてくれているということが漠然とでもわかれば、嬉しくて楽しい時間を過ごせます。

ハートマークをつける、これはただの男友達に対しても行う女性が多いのですが、「お疲れ様♡」などと仕事終わりにラインが来るとドキドキしてしまいます。

脈ありラインのやり取りかどうかを判断する材料の一つは、こちら側が好意的で男女関係に踏み込みたいぐらい好きだという内容を伝えても引かれずに必ず返信が来るということです。

もし彼女がただの男友達だと思っているだけなら、うっとおしいと思って未読でも既読でもスルーされてしまうでしょう。

こういうホットな内容のメールに限って彼女の返信が遅くなるのはなぜなのでしょうか?

気持ちが込められているのが脈ありライン

脈ありラインは、「大好き」と直接言葉に表されていなくても、相手をねぎらう気持ち、いつも頑張っているね、大変だねというメッセージがたくさん込められています。

また、お疲れ様メッセージも多く、いつもお互いの心身の状態を心配している様子がわかります。

そして何よりも相手をほめる内容が多いでしょう。

仕事頑張っている姿がいいよ、課長は厳しいけどよく努力してやってるねなど、あなたの性格や行動を評価してくれている彼女からのラインは脈ありです。

そしてあなたが、そんな風に励ましてくれてありがとう、◯◯さんはいつもとっても優しいね、そういうところが◯◯さんのいいところだね、というようなお互いにポジティブなメッセージのやり取りが続いていくのは脈ありの証拠です。

脈ありラインだからこそ返信が遅れてしまう

さて、そんなにお互いにプラスの感情を示しているラインなのに、彼女の返信はいつも遅れがちです。

これをどう解釈すればいいのでしょうか。

一つには、あなたがドキドキしてラインのやり取りをしているように、彼女もときめいていて、「どんな返事をすれば気に入ってもらえるだろう、好きな気持ちを込めたメッセージを伝えられるだろう」とじっくりと時間をかけて返事をしている可能性があります。

あなたも自分の送信したラインの履歴を見てみましょう。

一瞬で返信をしている場合もあるかもしれませんが、よくよく考えて長文の返信をしている時にはタイムラグが生じます。

お互いに気持ちが濃いラインのやり取り

つまり、彼女もあなたからの心のこもった暖かいラインをまだかなあと待っていてお互い様という場合が多いのです。

これが脈なしラインだったら返信は素早いです。

「明日ヒマ?」「うん」「何か予定あるの?」「友達と映画、じゃおやすみ」

メッセージは用件だけで短時間で済みます。

お互いに相手が言ったことに対し、一つ一つの文に込められた意味に真剣に考えてから対応して、できれば話をふくらませて会話が長く続いていくように工夫して返信をするから遅くなるのです。

たくさん話したいという気持ちが込められているのです。

彼女が女友達にいちいち報告していて「きゃーこんなメッセ来ちゃった!どうやって返事したらいいのかな!?」と相談しながらあなたに返信しているかもしれませんね。

どんなに遅くなっても返信が来る脈ありライン

それから、当たり前のことですが、彼女にも普通の生活があります。

食事をしてお風呂に入って、お気に入りのテレビ番組を見たり、家族と会話したり友達と電話もします。

1日1通のラインのやり取りではなく、時間が経ってもきちんとあなたに返信をしてくるということは、忙しい他のスケジュールもこなしながら、あなたにも返信をしたいという気持ちの表れです。

だから脈ありラインは朝から晩まで、返信が遅くなっても一日中続いています。

彼女とあなたとのラインのやり取りの内容、時間、回数を分析してみましょう。

中高生ではないので即返事をしないと仲間はずれにされて嫌われるということもありません。

つまりあなたに対しては少し遅れても大丈夫、好きでいてくれるんじゃないかな?という期待をしている事も十分考えられます。

脈ありラインを恋に育てる

さて、こんな脈ありラインのやり取りをどうやって次のステップに発展させていったらいいのでしょうか?

無理に焦らなくてもいいでしょう。

お互い気持ちが通じ合っていて、好意のあるラインのやり取りを続けていたら、そのうちに「どこかに出かけたいね」「顔を合わせて一緒にたくさん話したいね」と自然な流れでそうなっていきます。

もちろんあなたから彼女を誘うのも彼女にとっては大歓迎、いまどき草食系男子は流行りません。

礼儀正しく、それでいてはっきりとデートの誘いをしてみます。

彼女の心の準備ができていなければ、まだ早いからと言われることもあるかもしれませんが、彼女は戸惑ったりびっくりしたりしていて、誰か友達に相談したがっているのかもしれません。

断られたと思い込まないことです。

せっかく脈ありの彼女とのコミュニケーションが始まったのですから、じっくりと愛情を育てていきましょう。