呼び方が急に呼び捨てに!相手に脈ありを期待してもいい?

呼び方が呼び捨てになるようなケースはどのように考えるべき?

付き合っているわけではないのだが、自分に対する呼び方が急に呼び捨てになるということがあります。

それを異性からやられると、自分のことをどう思っているのか?なぜ急に呼び捨てになったのか?というのが気になるでしょう。

こういったケースというのは多くはないかもしれませんが、現実的にはまあまあありえることです。

呼び捨てにするということは気心が知れる仲になったということであって、距離が縮まったという風に解釈するのが自然な気がするので、そこからどこまで2人の仲が進展するか?は分からないものの、プラスに捉えても良いのではないか?とも思います。

友達同士は呼び捨てが普通である

呼び捨てをし合う仲と言えば、まず思いつくのは友達同士です。

初対面のときには違ったかもしれませんが、仲が良くなって頻繁に話すようになると、基本的にはお互いに呼び捨てでしょう。

したがって、気心が知れるようになることで、呼び方は変わることになり、呼び捨てになるというのは自然なのです。

これが異性であっても同じということは言えるかもしれないのです。

今まではもっと丁寧な呼び方だったかもしれないけど、いきなり呼び捨てになったということは、その異性の自分に対する見方が良い方向に変わったということなので、脈ありの可能性も少しはあると思います。

気心が知れる仲になれないと恋人にはなれない

気心が知れる仲になるというのは、最終的に恋人になるためには必要なプロセスになります。

ここを経ないと恋人には絶対になれないでしょうから、この段階はどうしても必要なのです。

気心が知れる仲になっても、そこ止まりという可能性もあるので、大いに期待が持てるか?というと、別かもしれません。

確かに気心が知れる仲になって友達感覚になれたは良いが、そこから進展しないという可能性もありますから。

しかし、それは最終的な結果なので、この時点ではまだ分からないわけですから、脈ありと言える余地があるという状況は認識して、希望は捨てない方が良いと思います。

呼び捨てにすると相手の印象が悪くなるからしない人も多い

呼び捨てにするというのは、人によっては自分への印象を悪くさせてしまう原因になります。

したがって、好意を持っている相手を呼び捨てにすると、自分への印象が悪くなるかもしれないから、あえてやらないと人もいるのではないでしょうか?
そう考えると、呼び捨てにするという行為は脈ありとは言えない要素も存在することになるのです。

呼び捨てにされることが自然に思えるような場合もあれば、印象がよくないと感じてしまうような場合もあるので、一概に良い状況、悪い状況とも言えないのではないか?と思います。

脈ありとは言えない可能性に関しても考慮しておいてほしいです。

脈ありとも脈なしとも言える可能性があるということ

呼び捨てにされるということは、それだけ自分のことを気心が知れる仲だと認識してくれたという意味で、そこからさらなる発展も期待できるという意味では、脈ありと評価できないことはないでしょう。

しかし、呼び捨てにすると相手の印象が悪くなるかもしれないという予測が働くこともありますし、好意を抱いている相手に自分の印象を下げてもらいたくはないという理由により、好意を持っている相手ならば呼び捨てにはしないという見方もできなくはないですから、この場合には脈なしと言える可能性が浮上します。

つまり、どちらの可能性もあるわけで、脈ありと断言はできないが、その可能性もあるということで知っておきましょう。

脈ありと言えるか?どうかはその異性との間柄が重要である

呼び捨てにされたということをプラスに捉えると、気心が知れる仲になったということが言えますが、実際にそのような仲になっていると自分自身で実感できるか?が重要になります。

気心が知れる仲になったから呼び捨てになったというのは、1つの可能性でしかないので、実際にそうなっているか?自分自身でこれまでのその異性との関係性、間柄を振り返ってみて、確かめてみることが重要です。

そのうえで確かに以前と比べて親しい仲になってきたという実感がある場合には、呼び捨てになったという現象が脈ありと言える可能性を高めることになります。

そういった確認も必要ということは知っておくべきと言えると思います。