連絡頻度で脈ありかどうかわかる?1日にどれくらい連絡をとり合えたら脈ありなのか

連絡の頻度によって脈ありの度合いが変わる

異性と連絡を取り合うような仲になると、それがきっかけで脈ありなんじゃないか?と思う人も出てくると思います。

連絡の内容にもよりますが、1度きりではなく、それがある程度継続的に続くとなれば、確かに脈ありと言える余地はどんどん増してくるでしょう。

実際そういったことが続くと、これは自分に対して気があるから続けているのではないか?と思う人が出てくるはずですが、こういった状況で脈ありと言えるか?どうかを決めるのは1つは連絡の頻度でしょう。

どのくらいの頻度ならば脈ありと言えるのか?その基準について知っておくと良いと思います。

1日に1回以上の連絡があれば脈ありと言えそう

連絡の頻度に関してですが、1日に1回以上あれば、それは割と脈ありと言えるのではないか?と思います。

1日に1回以上というのは、それなりに関心がある相手じゃないと無理だと思うのです。

継続的に1日1回以上の頻度を守って、連絡をし続けるというのは結構大変というか、長く続けば続くほど負担に感じることもあると思うのです。

それをやる以上は、連絡を送る相手に対する好意が存在していないと厳しいと思います。

そういった理由から、1日1回以上の頻度であれば、連絡をしてくる相手に関して脈ありと言える可能性は大だと思うのです。

1日で2、3回以上ならばその可能性はより一層増す

1日に1回でも脈ありと言える可能性は高いのですが、それが2,3回以上になるとその可能性は大分高まります。

1日に複数回の連絡を取り合うような状況というのは、普通の関係じゃなかなかないのではないでしょうか?
仲のいい友達同士ならばあるかもしれませんが、それ以外だとしたらカップルとか、そういうケースになるのです。

したがって、1日で2、3回以上の連絡を取り合うような状況であれば、カップルに近いようなコミュニケーションの取り方になっているわけで、これは期待が大と言える状況ですから、胸を高鳴らせても良いと思うのです。

1日1回を下回ると脈ありの可能性は低い?

1日に1回以上の連絡を取り合うような状況ならば、結構期待は持てるでしょう。

こういう状況は高い頻度と言えると思いますから、これくらいの頻度が維持されていれば脈ありと言えると思います。

しかし、1日1回を下回ると、可能性が0ではないものの、大分下がると思います。

1日1回というのは結構ポイントで、それをクリアしていると相手の方としても1日1回という数字を意識していると思われます。

意識がそういったところに及んでいるとしたら、それは意識をすべき相手だということであり、自分に好意を抱いている可能性になるのです。

でも、1日1回を下回るとそういう意識が自分には向いていないので、そこまで意識すべき相手じゃないという評価になります。

こちらの返信のスピードで頻度も変わる

連絡の頻度というのは、相手の意思もありますけど、こちらの意思も関係してきます。

向こうから連絡がきたときにすぐに返信をする場合と時間を置いてから返信をする場合では、頻度に影響します。

例えば、相手からの連絡にすぐに返信をすると1日3回程度になるのに、時間を置いてから返信をするから、1日1回程度になるみたいなこともあるのです。

こちらが返信をしないと、向こうも次の連絡をしてこないということもよくあると思いますから、連絡の頻度をチェックするときには、そういった部分も考慮しておいてほしいので、頭に入れておきましょう。

連絡の頻度が高ければ脈ありの可能性は増す

基本的に連絡っを取りあう頻度が高いほど、脈ありの可能性も高くなると思っておいて良いでしょう。

それだけ高頻度で連絡をしたいと思う相手ということになるので、相手が自分に気があると言える可能性は高いはずです。

目安としては1日に1回以上の連絡があれば、期待を持って良い状況だと思います。

1日に1回どころではなく、2回、3回とさらに頻度が高ければ、なお可能性は上がると言えます。

ただ、頻度はこちらが返信するスピードにも影響されますから、返信に時間がかかるようなケースはそれを考慮して考えていく必要があるということなのです。