予定を聞いてくるのはデートのお誘いと思っていいのか。脈ありの可能性

予定を聞いてくるのは男性からすれば期待してしまう

異性から自分の予定を聞いてくるようなことがあったら、男性としてはつい期待をしてしまうのではないでしょうか?
やはり自分の予定を聞いてくるということは、この先にデートをしたいと思っているのではないか?と、そういった考えが浮かぶのです。

したがって、異性が自分の予定を聞いてくるようなときにはどういう意図が考えられるのか?という部分について知っておくと、それが脈ありなのか?どうか判断できると思います。

そういったことをする女性の心理はどういったものなのか?という部分をチェックして、自分の期待が本物なのか?を探っていきましょう。

本当に脈ありという可能性は大

自分の予定をあえて聞いてくる理由があるとすれば、それは自分の暇な時間について知りたいと思っているということでしょう。

暇な時間について知りたいということは、その時間を利用して何かをしたいわけです。

それがデートとは限らない可能性はありますが、少なからずデートをしたいと思っている可能性は残るわけです。

他に理由があまり考えられないので、自分と一緒にどこかに出掛けたい、出掛けてほしいと思っている可能性は非常に高く、脈ありと言える余地はかなりあります。

しかし、もちろん絶対に脈ありとは言えない可能性も残るということになりますから注意をしておきましょう。

男性とどこかに行きたいだけの可能性もある

女性にとって、女性1人では行きづらい場所というのがあるはずで、そういったところに行くときには男性を誘うことがあります。

それが自分であるという可能性も考えられるのです。

この場合には、予定を聞いてその男性の都合のいいときに出掛けてみたいということですが、それがデートではないということになります。

女性と一緒にどこかに出掛けることができるチャンスではありますけど、それが必ずしもデートであるとは限りません。

でも、自分に声をかけてくるということは少なからず良い印象を持っているはずで、現時点で向こうに恋愛感情はないとしても、この先芽生えるかもしれないという意味では脈ありとも取れると思いますが。

世間話で聞いている可能性もある

自分の予定を異性から聞かれると、ちょっと期待をしてしまう男性もいますけど、女性からすると何気なく聞いているだけの可能性もあるのです。

例えば、世間話の一環として、たまたまこの先の予定の話題を持ってきただけかもしれないのです。

この場合には、どちらかというと脈ありとは言えない気がします。

しかし、世間話として先の予定を聞く確率はあまり高いとは思えません。

だから、こういう可能性もあるということであって、現実的にはこういった状況はそこまで多いとは思いません。

したがって、脈あり感が0みたいな状況は多くはないと思っていいでしょう。

予定を聞いてくる以上は脈ありなケースが多いはず

予定を聞いてくる理由はいろいろとあるものの、脈なしといえるような状況はかなり少ないと思います。

デートの誘いか?どうかはともかくとして、予定を聞いてくる以上は、2人でどこかに行きたいと思っているわけでしょうから、良い印象を持っている人にしかそういったことはしないので、脈ありの度合いの高低はケースバイケースですが、期待は持てる状況にあると言えます。

だから、基本的には期待を持つことは間違いではないはずです。

ただ、期待を持ちすぎると、思っていたような状況じゃなかったという可能性もありますから、そういったことをも知っておいてほしいです。

チャンスをものにするには男性も積極的にならないと

予定を男性側が女性に聞くということもあるでしょうし、そういったときには恋愛感情を持って、聞くということが多いのではないでしょうか?
ということは、女性が男性に予定を聞く場合であっても、同様のケースがあるということになります。

絶対にそうとは言い切れないものの、女性から男性に予定を聞いて、そこからデートにつながって、恋が生まれるという可能性は否定できません。

だから、こういうチャンスに巡り合ったら、そのチャンスをものにできるように男性側も頑張らないといけないのです。

女性の心理を読みながら、男性も積極的になる必要があると言えます。