社会人が恋愛できる出会いのディープなシチュエーションとは?

恋愛から始まる関係になる出会いのシチュエーション

社会人でも恋愛関係から結婚したい。

そんな希望を密かに抱えるのは乙女だけではありませんよね。

男性もまずは恋愛関係からスタートしたお付き合いを望んでいるのです。

できれば、パッションのある恋愛をしたい、脳内アドレナリンがドバドバ放出されるような恋愛をしたい!と望んでいるならばそれなりの場所に赴く行動力がいります。

例えば、ある占いでは、男女が初めて出会った場所、目的が今後の2人の関係性を示すようになるとも言われているのです。

夜のバーや酒場で出会う男女と、白昼のビジネスにおいての出会いでは大きな差が生まれるということのようです。

恋愛を望むなら夜のバーで出逢おう

アラサー以上の大人の女性がお一人さまでバーを利用することもあります。

女性の場合も特定のバーを決めて贔屓に通っていることも多いのです。

常連客になれば、バーのマスターとも顔なじみになり独身であること、彼氏を募集中であることなど、意味のある個人情報を伝えている女性もいます。

1人飲みしているうちに、マスターとも自然にそういった会話を交わすようになるのでしょう。

そこに同じような事情の男性が常連客でいると、マスターがキューピッド役として進めてくれることもあります。

こうした出会いは、激しい性浴を交えた恋愛関係に発展する可能性が高いのです。

激しい恋愛を望むならば夜の街に出かけよう

いたってキャバクラや夜の飲み屋では色恋のチャンスが訪れる可能性が高いものです。

夜の仕事をこなす女性に近ずくためのポイントはお金と積極性です。

まずは、お金、遊ぶだけのお金が必要になりますよね。

そして、女性と職場であるお店以外で会ってもらおうと思えば、さらに外での食事代も必要です。

積極性がない男性は夜の街で遊んでも相手の女性も楽しくもなにもありませんから、品のいいある程度の積極性が必要です。

激しい恋愛を望むのであれば、自らパッションを女性に向けてお金や関心、興味として女性に与えることから始まります。

清い交際がしたいなら白昼の出会いを求めよう

とある占いを持ち出せば、清い交際を求めているのであれば、そのような場所で出会うべし。

という解釈があります。

白昼のプライベートで出会うことができる場所に行動すればいいのです。

ここであげるとキリがありませんが、相席カフェ、サークル、オフ会、などです。

ただしネット上のコミュニティのオフ会は恋愛相手を探すためのコミュニティではないので、男女ともに燃えるような色恋関係にはなり難いと言えます。

色恋関係があったとしても成立するために時間がかかります。

そこは社会人独特の時間管理で、スピーディに展開していければいのですが、難易度が高いので、できるだけ夕方からの合コン、婚活、結婚パーティでも恋愛関係から始めることは可能です。

ただし、相手の情報を知りすぎると覚めてしまうので、そこそこ一目惚れ程度の相手と恋愛するようにしたいですよね。

謎めいた紳士を見せる場所であう

居住地や学歴職業など、婚活をするときや人となりを知りたい時には必要な情報にもなりえますが、燃え上がるような恋愛において、明確な情報は決して必要ではない時があります。

遊びの恋愛においては特に、情報はいらない謎めいたイメージが功をそうすることもあるのです。

じっくりと育てる本気の恋愛関係ではない、一時の恋愛を求めるのならばある程度ミステリアスな雰囲気を漂わすことができるラウンジ、バー、海外がおすすめです。

その時も男女両方単独行動であることが基本中の基本になりますよね。

日本人はぞろぞろと数人で行動することが得意ですが、恋愛においては単独で行動した方が声はかけやすいです。

ビジュアルに自信が持てる場所で声をかけよう

普段は作業着で仕事をこなしていても、プライベートではカジュアルコーディネートに自信を持って、スマートな印象の男性をイメージしてバーで声をかけると、恋愛に発展しやすいですよ。

人間の価値、そして結婚の条件ではビジュアルというのは決して優先順位の高いものではないのです。

が、恋愛特に性欲においてはビジュアルの見た目、そして何よりも相手方を動物的感覚で好ましいと思えるか?が重要なのです。

女性側も個々で、この男性に抱かれたいという好みを抱えています。

男性側の女性の好みと、女性側の異性の好みがミスマッチであるならば、恋愛は成立しないことになります。