ストレスになってしまう恋についてTIAJU男子に解説!

ストレスになる恋愛ってどんなもの??

普通人間は恋をしている時はとても幸せで、仕事も頑張れるし誰にでも優しくできるものです。

逆に恋愛が上手くいっていない時に限って仕事もミスしたり、他人の幸せを素直に喜べなかったりするから不思議です。

では、恋をしているにも関わらずストレスが溜まる状況って一体どんなものでしょうか?
本来幸せであるべき状況なのにストレスが溜まっては本末転倒ですよね。

ストレスが溜まって仕方がないのに、相手を好きになりすぎて離れられない…なんて事になったらとても不幸です。

今回は、そんな”ストレスになるような恋”についていくつかご紹介したいと思います。

相手と格差がある恋愛

これは外見の格差だったり、性格の格差だったり、家柄の格差だったり…その種類は様々です。

一つ例をあげるならば外見について。

付き合っている彼女がとても美人でスタイルも抜群だったとします。

そして彼氏の外見はお世辞にも良いとは言えず、どうしてこんな彼女にこの彼氏がつくのだろうと道行く人が思う程。

そうなると見た目のコンプレックスでストレスが溜まるはずです。

そして自分も少しでも外見を良くしようとジムに通ったり服装を研究したり、彼女にふさわしい男になろうと頑張ります。

一見微笑ましい努力ですが、あまりにも見た目のレベルが違い過ぎる恋人を持つと不安でストレスになると思います。

相手からの束縛が酷い恋愛

彼女の事が大好きで仕方ないし、彼女も自分をとても好きでいてくれる。

しかしその彼女がとんでもなく自分を束縛するタイプであった場合もストレスになると思います。

まず飲み会はNG、女の子との連絡もNGだし喋ってもダメ!なんて言われても、仕事をしている男性であれば飲み会はあるし、昔からの女友達だっていますよね。

それを守る事で彼女自身は満足できるかもしれませんが、彼氏の方が大切な何かを失う可能性があります。

それでも彼女が好き。

そうなってくると、もうどうすれば良いか分かりませんよね。

なんとか彼女を説得して分かって貰うしかありませんが、これはとてもストレスです。

不倫の恋はストレスでしかない

近年は”ゲス不倫”なんて言葉が流行りましたが、結構身近でも多かったりします。

もし不倫の恋に落ちてしまった場合、最初は背徳感から燃え上がって楽しいかもしれませんが、付き合いが長くなってくるとストレスでしかありません。

それは片方が既婚者でも、ダブル不倫でも同じこと。

どちらかが離婚を迫ったり、どちらかが別れたかったり、相手の家に乗り込んだり…想像すると完全に修羅場ですよね。

そして略奪して結婚したとしても、また同じ事が起きるのではないかと一生苦しむ事になります。

因果応報という言葉があるように、人の幸せを奪って手に入れた幸せは必ずいつか壊れる気がします。

こんなストレスだらけの不倫より、独身同士が健全にお付き合いする方がよっぽど精神的には良いと思います。

好きだけど結婚は出来ない…

これは切ない恋のお話です。

相手の事が大好きで結婚もしたい。

でも何かしら障害があってどうしても結婚が出来ない場合です。

例えば遠距離恋愛をしていてお互いに責任ある仕事をしている。

彼女も絶対にその仕事を手放したくはない。

しかし結婚するには彼女が仕事を辞めてこちらに来てもらうしかない状況だったとします。

早く結婚したいのに毎日時間だけが過ぎて行って、でもどうすれば良いか分からなくなるでしょう。

彼女を説得出来れば良いのですが、断固として仕事を辞めないという事であればもうお別れしか選択肢はありません。

この様に、何かしら結婚に壁があるのに相手が大好きで仕方ない場合もストレスになってしまいます。

適度はストレスも必要かも

いかがでしたか?本来はハッピーであるべき恋も、状況によってはストレスになってしまいます。

しかし”好き”から”結婚”まですんなりいけるような恋愛って案外少ないのかもしれません。

ですので何かしらのストレスを感じる状況であっても、すべてが乗り越えられない事もないと思います。

そのストレスを良い刺激にして何とか突破口を見出して乗り越えた時、本当の幸せが訪れるはずです。

途中で諦めてしまってその努力を止めるようであれば、相手の事はそこまでの気持ちだったという事になります。

今ストレスを抱える恋愛で悩んでいる方、まずは良い方向に行くように何でも良いので努力をしてみて下さい。

もしかしたら何かが変わるかもしれません。