男の恋の病の症状とは!?これは。。って思ったそんな時に!

男性の恋の病とはどういうもの?

男性の恋愛症状を考えた場合、行動で示すと言われています。

男性諸君もその通りだと思うのかもしれません。

どうしても猪突猛進となると、女性側が引いてしまうことがあります。

なぜならば、情動のままに女性のアピールするのではあまりにも原始的、そして短絡的でありインテリジエンスが欠けています。

こうした言動でアピールされても、嬉しいと思う女性はすくないものです。

ただの発情だと思われるということがオチになるのでしょう。

女性側は関係性もないのにどうして?と思うはずです。

まず女性の好みを知ること、女性の好み次第で相手にされるのかどうか、選別されるのです。

具体的に恋の病を列挙しましょう

男性が恋に落ちる時、ほとんどは見た目から入ります。

見た目が欲しい男性はとにかく行動的で衝動的です。

ただし、冷静沈着な男性はただ世界が違う異性に注目することはありません。

高みを望むべく、地位の高い女性を望んだりしますよね。

こういう男性は、女性の容姿よりも社会的地位が目的になるのです。

女性へのアプローチもまた野心的で策略家なのです。

失敗をしてもまた次の相手を探す、自分から高みに登るとすることはなく、誰かの手によって運ばれようとします。

恋の病にはあまり深くはまることがないタイプの男性なのです。

野心家の恋は冷静ということです。

臆病なバンビの恋わずらい

臆病という言葉でかたずけると、綺麗事ですが、いわゆるなにを考えているのかわかりにくい男性のことです。

女性にアプローチしたいのか、それともしたくないのか?自分でも方向性が決められない人のことです。

まず、女性にアプローチするまでもなく、影から見ているだけとか、心の中で思うだけです。

そして、悶々とした気持ちはあるのに行動に移さないのは、自分の中に愛情や様々なものがないからです。

つまり、相手から得ようとする気しかないので、相手が与えてくれるという気がないと知るとすぐさま去るのです。

人間性が育っていないということです。

片思いを何年も継続する人の心理

世の中には片思いを数年らい継続するという人もいます。

そういう人は、異性の内面に希望を見出していることが多く、自分にはない何かに魅力を感じていますよね。

そして、当人の口からは彼女の性格や内面のこういうところがいいと明確に口にすることができるのです。

相手の女性の恋人がいても、好きでいられるということは、それだけ彼女の人間性に惹かれているということになります。

異性の友人に相談したりして公認の片思いであることも多く、片思いを数年継続していても最終的に相手と結婚できるまで片思いをします。

あるいは誰かと結婚しても、追いかけるかもしれません。

好き避けの心理状態を考える

男性の中には本当は好きなのに、好きだけで避けてしまうという人がいます。

幼稚な行動が女性の心を掴むということはありませんが、幼稚な男性は図々しい女性のターゲットにはなり得るでしょう。

上手な女性の狩りの対象にはなるということです。

好き避け、それは女性との関係性をきずくためにはとても必要なものですが、自分の欲望を満たすための道具でしかありませんよね。

このような精神状態が適齢期や成熟期になってから継続すると同年代の女性とうまく関係を構築することができません。

好き避けは快感を伴うことでしょう。

でも、好き避けは決して異性と関係を築くことができるものではないのです。

男性の恋の症状、精神年齢や野望で異なる

男性と一概に言っても、体育会系で考えるよりも行動派もいれば、頭で考えてばかりの人、考えて行動できる人、考えて行動しても足りない人、などいろんなタイプの男性が存在しているのです。

自分のタイプを知ることは賢明なことが、好きになった相手のタイプも考えて行動に移すようにしましょう。

相手の求める男性や人間はどうのような感じであるのか?ということを考えるようにすれば、異性に好かれる可能性が高まります。

偶然相性が良くて、戦略を立てなくても彼女ができたという環境に身を置くのもまた一手段ですよね。

趣味や習い事などもいい例です。