誰もが悩む!恋に肝心な引き際とは?

恋愛関係においての引き際なんてあるの?

恋愛関係において引き際を考えた場合、女性においては結婚ということが一つの目安にもなるでしょう。

お付き合いした状態から結婚に進むのか否かということです。

そして男性にとっては、結婚のタイミングではない場合、相手型女性から結婚の二文字を出された時点で、ジ・エンドだと考えるようになるのではないでしょうか。

男女カップル2人の関係性が同じ足並みで進んでいくと、結婚へとすすむことになります。

別れどきのきっかけが結婚にあることは一つの事実として受け入れておかないといけません。

男女の立場が逆転をするということも最近の社会では多いようです。

体の関係が一つの引き際であること

付き合い初めのカップルが数ヶ月して肉体関係を持つようになると、セックスの相性を見極めるようになります。

セックスの相性と言っても実はこれ、肉体関係よりも相手への思いやりなどを見極めることが多いようです。

当人たちは気が付いているということも大変多いですが、車の運転の仕方やものの扱い方で見極めるという方法もあります。

体の相性の他にも男性の場合では、女性の体つきにおいて理想的ではなかったということもあります。

できれば、相手型女性のために別離してあげた方が良いでしょう。

なぜならば、体の変化は加齢とともに変化して行き、不変のものではないからです。

価値観が違うと判明した時

恋愛関係において価値観の違いが大きく判明したというとき、男女関係において別れの時が訪れます。

価値観があう、合わない、という時点で歩み寄るということもありますが、人生の生き方において大きくずれている時、それはもう最初の出会いにおいて出会うべき相手ではないので、ミスマッチの相手であったということになります。

価値観が異なることがわかる場面は、考え方を伝え合う時もあればリアルなお付き合いの仲で、相手の態度をみて発覚するということもまた多いです。

価値観があう、合わないと気がついた時は潮時になるケースは多いものです。

金線的なことが理由の別れ

お金の貸し借りは人間関係を壊すとよく言われています。

金銭的なことが恋愛関係以外の人間関係においても別離の理由になりえます。

それほど金銭は魔法の杖であり重要なものなのです。

金銭的なかしかりについては、貸したと思うな、あげたと思へとよく言われています。

お金を貸して相手と付き合いのなら、あげたものとして忘れてしまうようにしようということなのです。

その他、お金の使い方が異なるという理由で別れることもあれば、デート代金の支払い方法で揉める。

ということも多いようです。

直接の損益よりも相手の人間性に疑いを抱くという意味です。

長すぎた春は別れか結婚か?

学生時代からのお付き合いで10年も交際を継続させているというカップル、結婚適齢期になったとしても結婚の言葉がでないという人、別れか結婚かの鍵を握るのは誰でしょうか。

もしも家族同然のお付き合いをしていれば、長すぎた春のわかれで女性側の家族からクレームが出るという可能性もありえますよね。

そうしたことを考えると、結婚に進むことが多いようです。

決断させる人物は女性となり、結婚しないならば別れるという決意をしなければなりません。

長すぎた春は別れの季節になる可能性もあれば、人生の節目になる可能性も秘めています。

恋の引き際はあなた次第

いろいろな引き際になるきっかけをご紹介してきましたが、恋の引き際になる時は、やはり、当人次第であると言えるのではないでしょうか。

金銭問題、価値観など、相手の浮気問題、性格上のこと、喧嘩、もう解決方法がないという場合においては本当に別れの理由となることは少ないので、当人が飽きているとか、やる気がないとか、克己心が不足しているなどの理由であることが多いだけです。

恋の引き際はあなた次第というその理由は、進むか分かれるかを決断するのは自分が決めるということなのです。

自分が作り上げた人格で決めるということです。