恋に悩むあなたに!恋をすると吐き気がする理由とは!?

心理的なことが原因?恋をすると吐き気がしてしまう理由とは?

吐き気、それは身体が病気の時にも起こる症状です。

しかしながらも、恋をすれば起こる吐き気があることをご存知でしょうか?体のどこにも異常が見当たらなかった時には、恋愛をした時に吐き気がすることをよく考慮しておきましょう。

そして、吐き気という症状は心の状態にも左右されるということを肝に銘じておきたいところです。

吐き気、それは自分の心のやましさが現れているという証拠でもあります。

嫌だな。

嫌いだな。

嘘だ。

という気持ちを隠して生きていると、吐き気を催してくるというわけです。

そんな時にクリニックに通っても意味がありません。

心療内科でもなく、できればアロマトリートメントの世界にひたるようにしましょう。

好きなのに吐き気?本当の気持ちを知るようにしよう

恋愛関係において、相手のことを好きなのに吐き気がある。

という症状ですが、本当に相手のことを好きなのか?よく考えてみる必要がありそうです。

なぜならば人は嫌いなことやものについて、決して自分を騙すということができないからです。

他人の目を欺いても自分の目を欺くことはできません。

心の奥で嫌だ、、という嫌悪感を抱いている場合、あるいは自分の本当の心の声を無視している場合では、体の症状として表に現れてくるということが多いのです。

好きなのに吐き気がする?という症状は、本当は好きじゃないし相手を愛することができない。

という訴えです。

恋愛においての吐き気の対処療法とは?

ようやく体の吐き気が自分の心の問題であるということを理解できた場合、相手から離れることで完治するのか?どうか?という点が大変気になるところですよね。

もしも心のうちを把握できないときは、専門家の手を借りるという方法もあります。

例えば、以前流行した内観するという行為、瞑想、ヨガもおすすめすることができるのです。

また、自分の本心に気がつけるようにするためにも心の声を聞いてからリラクゼーションを行うようにすると心身の回復が早まります。

できれば、アロマサロンの門を叩いて、リラックスしましょう。

ちなみにエステサロンのボディケアとしてメニューにある、オイルトリートメントとは異なるものです。

もしも自分の気持ちに気がついたら素直になること

相手のことが本当は好きではないのに、好きになろうと思い込むことはいい子に多いですよね。

本当の気持ちに気が付いたら体に症状があらわれるまでに放置せずに、素直な気持ちを受け入れましょう。

嫌いは嫌いでいいのです。

好きにはなれないという気持ちは、正直に表現しても構いません。

あるいは、相手に伝えていない時に吐き気が起こります。

これは恋愛関係以外でも対人関係において相手のことを受け入れたくないとか、言いたいことが多い場合、言いたいことが積み重なった時に起こり得るのです。

本心を伝える言葉はオブラートに包んでもいいので、自分の心から解放させてあげましょう。

大事なのは自分?それとも相手?

異性から告白された場合、好きではないけど付き合うとか、お付き合いの中で言いたいことを言えないという場合大変不幸ですよね。

言いたいことを言えていない、自分の考えや気持ちを押し殺していると体にも症状として変化が現れてきます。

それに、自分の考えや思いを伝えないことは相手にとっても嬉しくはないはずです。

相手の気持ちがわからないということは、信頼関係を正しく構築できないからです。

自分の気持ちも相手の気持ちも尊重したいならば、騙し合いではなく、気持ちを伝え合うことも重要です。

特に男性は相手のことを思いやって黙認するようなことは避けましょう。

恋愛においての吐き気の原因

恋愛関係で吐き気があるというのは相手型のことを受け入れたくないですよ。

と体が拒絶反応を示しているわけなのです。

このような反応がでるまでに自分の本心を隠しているということです。

あるいは自分の心の修行が足りていないという見方をする人がいるのかもしれませんが、自分さえ成長したらとか、我慢したらという現状よりも無理をするパターン、これはもう恋愛においてはしんどいでしょう。

できれば心のそこから楽しめる恋愛をするために、しんどい相手とは別離を選ぶであるとか、新しい出会いを期待できるようにしましょう。

体の症状は心の反応とリンクしているということです。