好きな人ができると聞きたくなる恋の歌ランキング

恋をした時聞きたくなるベストソング!

好きな異性ができると、恋愛ソングを聞きたくなりますよね。

それは自分によっている行為かもしれませんが、片思いの場合では、辛い気持ちを紛らわせるという行為にもなりえます。

そしてカラオケではラブソングを異性に披露したり、恋心に浸ってうっとりしたりといろいろな過ごし方ができます。

音楽は心身や脳をリラックスさせることができるものですので、恋のソングは一種の癒しや活性につながると言えますよね。

そこで、男性にも人気がある恋の歌をまとめましたのでここでご紹介します。

男女ともに人気の曲が多いので、カップルで聞くこともありです。

切ない時に聞きたい恋愛ソングベスト1

松本英子さんのスコール。

この曲は恋愛、片思いの曲としてあまりにも有名なのですが、男性バージョンで福山雅治さんが歌われていたからです。

松本英子さんと福山雅治さんの二者の曲があり、男女の歌声で聞くことができるのです。

曲の特徴はバラードで落ち着いており、カラオケでも人気のようです。

私恋をしている。

苦しいくらい、もう隠せない。

という下がストレートでエッチですがプラトニックラブにも通じるラブソングです。

異性の前で歌を披露するもよし、1人で切なくひたりながら歌うのもよしです。

切ない恋愛心を歌うことができる恋愛ソングになります。

楽しい時の聞きたい恋の始まりのラブソング2

こちらも人気の歌手、ビーズの恋心。

この曲は稲葉浩志さんが数十年前に作曲された曲ですが、今でも人気があります。

そして男女ともに人気が高いということが大きな理由の一つになります。

ライブに行くと恋心の振り付けつきで歌ってもらえるので、盛り上がります。

歌唱力が独特の稲葉さんの曲なので、カラオケでは難易度が高いです。

何と言っても、歌詞の可愛らしさに注目すると、成人男性とは思えないようなキュートな片思いの歌詞が並んでいます。

忘れない、恋心、いつまでも、恋心。

という片思いの失恋ソングでもありますが、片思いの気持ちを大切にした前向きで暖かい歌です。

恋愛中にカラオケで歌いたくなるソング3

ドリカムといえば、女性の恋心を歌わせるとこの人しかいないというくらいの感性の持ち主ですが、恋愛についての曲は名曲ぞろいです。

特に女性に人気が高く、カラオケや結婚式の披露宴会場の余興などでも用いられています。

中でも、愛を歌う、ラブラブラブ。

これはテレビドラマの挿入歌でもありましたが、愛を歌うバラードとして人気です。

ラブラブラブラブさけぼー。

愛を呼ぼうー。

とても単純明快な言葉が印象的で、心を打ちます。

愛は自分次第。

という意図が伝わるとても勇気のあるラブソングです。

カラオケで大人気、ライブでも人気です。

片思いは戦いを歌った名曲、恋愛ソング4

恋愛ソングの王道、ドリカムことドリームズカムトウルー。

片思いの曲では、決戦は金曜日が名曲で知られています。

この曲は、片思いの気持ちを歌う曲としては、癒し系ではなく戦いの曲です。

自ら恋愛に挑む姿勢を歌うたくましい曲ですが、素晴らしい感性を披露した曲でもあります。

カラオケでもライブでも盛り上がりますが、吉田美和さんの歌唱力が聴きどころ。

ドリカムの恋愛の曲はほぼボーカリストの歌唱力で圧倒的な存在感を披露しています。

そのパワフルさは才能であり、感性もまた才能なのです。

恋愛の曲ならドリカムの曲をチョイスする女性はアラフォー世代に多いですが、今でも人気です。

恋愛ソングは時代は関係ない

恋愛ソングの大道といえば、ドリカム。

ドリカムは90年代に絶頂だったグループですが、名曲は現代でもカラオケで歌われることが多いです。

ここに紹介した名曲以外でも、うれしたのし大好き、未来予想図、など恋愛模様を描くものがあります。

どれも恋愛初期の恋心を表現されたり、結婚式に用いられる曲も多いです。

ビーズ、松本英子さんのスコールは男女ともに今でも人気の曲で、長く愛されています。

他にも色恋の名曲は多いですが、流行を示さずに息の長い曲といえば、こうした大物実力派の曲が多く上がります。

ハッピーな曲が好まれますよね。